Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【月21視聴率感想】信長協奏曲 小栗旬【最終章】 

信長協奏曲 DVD-BOX
信長協奏曲 DVD-BOX
posted with amazlet at 14.12.24
ポニーキャニオン (2015-03-18)
売り上げランキング: 378


『信長協奏曲』
高校生がタイムスリップして戦国時代へ!そしてまさかの織田信長に…!?スニーカーで生き延びろ!!命の危機と隣り合わせの戦国の世で見つける青春、友情、ときどき、恋。
【キャスト】
小栗旬 織田信長 サブロー
柴咲コウ 帰蝶 織田信長の正室
山田孝之 豊臣秀吉、伝次郎 今川義元の間者
向井理 池田恒興 織田信長の筆頭家老
藤木直人竹中半兵衛 軍師
高嶋政宏 柴田勝家
西田敏行 斎藤道三
柳楽優弥 織田信行
藤ヶ谷太輔 前田犬千代
【スタッフ】
【脚本】西田征史 岡田道尚
シリーズ構成 西田征史
プロデュース 村瀬健 羽鳥健一
演出 松山博昭  金井紘  林徹
制作フジテレビ ドラマ制作センター
【視聴率】
01 10/13【15.8】高校生が戦国へ!? スニーカーで生き延びろ!!戦国で見つける青春、友情、どきどき、恋
【脚本】西田征史【演出】松山博昭
02 10/20【13.5】学生服vs警官制服!!奇跡の出会いが、運命を変える!!
【脚本】西田征史【演出】松山博昭
03 10/27【12.5】桶狭間の奇跡!!
【脚本】岡田道尚 【演出】 金井紘 
04 11/03【14.6】「塵も積もれば道になる!サルの一夜城大作戦」
【脚本】宇山佳佑 【演出】林徹 
05 11/10【11.6】「指輪に託す想い・・・戦国の定めと叶わぬ愛」
【脚本】 宇山佳佑 【脚本協力】 岡田道尚【演出】 金井紘 
06 11/17【11.9】「オニが城にやって来た!全国指名手配の書状」
【脚本】 宇山佳佑 【演出】松山博昭
07 11/24【10.5】裏切りの銃弾!!撃たれた痛みは、心の痛み…戦国で生きるということ
【脚本】 宇山佳佑 徳永友一 【演出】林徹 
08 12/01【11.8】命に代えても守るもの…信長様と見た夢
【脚本】宇山佳佑  岡田道尚  【演出】 品田俊介 
09 12/08【11.1】二人の信長…!!戦国のメリークリスマス
【演出】松山博昭【脚本】西田征史
10 12/15【11.4】「ニセモノは追放せよ!殿のために死んでいった者たちへ…」
【脚本】宇山佳佑 岡田道尚【演出】林徹
11 12/22【10.7】「最終回15分拡大SP 友との約束!500年後の未来のために…。夢幻の如く…織田信長として生きた時間」
【脚本】宇山佳佑 岡田道尚【演出】松山博昭


10【ニセモノの信長vsホンモノの信長!衝撃のクライマックス!】
 延暦寺の一件で、サブロー(小栗旬)はもう信長を続けられないと明智光秀(小栗旬・二役)に話す。家臣たちにどう説明すればよいのかと訴えるサブローに、光秀は代わりに自分が申し開きをすると言う。しかし、サブローは光秀にこれ以上余計なマネはしないで欲しいと遮り、説明は自分が行うと決意した。  家臣たちを前にしたサブローは、延暦寺攻めが間違っていたと頭を下げる。だが家臣たちは織田家を守るためには仕方なかったという見解で一致していた。それでもサブローは、二度と同じ行為はしないと誓い、家臣たちにも念を押す。サブローが大広間を後にすると、光秀も出て行った。その時、池田恒興(向井理)は光秀が忘れた扇子に気づく。拾い上げて開いた扇子の柄は、恒興を驚かせた。  羽柴秀吉(山田孝之)に疑いを抱く竹中半兵衛(藤木直人)は、重矩(上山竜治)に木下藤吉郎の素性を調べるよう命令する。藤吉郎は秀吉が改名する前に名乗っていた名前。一方、秀吉は蜂須賀小六(勝矢)に、面白いものを見せてやると不気味な予告をしていた。  帰蝶(柴咲コウ)は、ゆき(夏帆)の将来を憂い、サブローに相談。サブローは前田利家(藤ヶ谷太輔)に、ゆきとデートするよう薦める。だが、サブローは他人の心配をしている場合ではなかった。信頼していた恒興が、光秀が本当の信長ではないかと気づいたのだ。恒興は、光秀、沢彦(でんでん)と密談。ついに恒興は真実を知る。
【感想】
今回の話は、もうなんだか、戦国の世にいないような話にも思えて、どうもしっくり来ない。
戦国時代と言う時代の流れの中に、そこの世界に巻き込まれている話のように思えない細々としたサブローと明智光秀の入れ替わりの話と前田利家の恋の話なんて、どうでもいいんだよね。延暦寺焼き討ちから天正の時代の激変期の中で、利家はゆきと恋愛してる場合かよ!まつと何人目の子を授かってるかわからない時に、いくらなんでもというのもあるけど、こんな色恋沙汰の話はいらないんだよ。サブローも、焼き討ちの件で、この時代に生きる人間としては、どうにもならないことで、ごねてるし、違和感ありまくりだ。池田恒興も、サブローが偽物と知って、追いだそうと言うのも細かいし、なんか物語が破綻しかけて楽しくない。本当に何をやりたいのかよくわからない展開の連続で、ゆきが死んだことにより、恒興が、さらにサブローに決断を迫るというのは分からないでもないが、描かれてる背景としっくり来ないので、何かドラマが軽くしか感じれない。裏で、秀吉がいろんなことを画策するのも、もういいヨ!ここまで来たら信長に信義を尽くしてもいいだろうとか思うし、もっと大きなこと描こうよ。ホントに、戦国の世という舞台としっくりこないドラマだ。
11
 サブロー(小栗旬)は本物の信長でないことを池田恒興(向井理)に知られ、織田家から出て行けと突きつけられる。そんな時、浅井、朝倉軍が合流し、攻めてくるとの報がもたらされた。いざ開戦とはやる家臣たちだが、サブローは両家との和睦を主張。憎しみの連鎖を断ち切りたいと告げるサブローに、家臣たちも納得した。サブローは、竹中半兵衛(藤木直人)を和睦の使者に任命し、浅井と会見の約束を取り付けるよう頼む。だが、羽柴秀吉(山田孝之)が危険だと遮ったため、書状を送ることに。  軍議後、サブローはこの件が終わったら城を去ると恒興と約束。恒興は、サブローの決意を明智光秀(小栗旬・二役)に報告する。今や家臣たちの信頼はサブローが一身に集めていると語る光秀。すると沢彦(でんでん)は、サブローが去った時こそ実権を取り戻さなくてはならないと諭す。  半兵衛は秀吉に疑念を抱いていた。秀吉は、浅井に通じていることを伏せたかったのはもちろん、すでに一計を案じている様子。一方、織田の書状が届いた浅井家は揺れる。やはり身内を亡くした家臣たちの恨みは根深かった。それでも会見に応じようとする長政(高橋一生)だが、思いがけない事件が起きてしまう。  サブローは帰蝶(柴咲コウ)に全てを打ち明けようとするが、上手く話すことが出来なかった。そんな中、サブローは同じ思いを持つ友と信じる長政との会見に臨むが…。
【感想】
全開色々としっくりこないと書いたが、もうこのドラマはそういうものを飛び越えて、完全に独自の路線を歩んでいるらしいと、竹中半兵衛の死によって思い知らされた。今回もう僕の中で、一応最終回も見ておこうかレベルのドラマなので、正直真剣に見てないが、流れは浅井との会見から、合戦勝負に流れ、浅井は負けた。そして、池田との約束通りに、サブローは、ノブナガであることをやめようとするのだが、最終的には、引き戻されるという流れで、ある意味予定調和な流れかなと思ってみていたら、最後に、半兵衛が斬られて死を迎えるとは、完全に史実は関係なく、もうひとつの世界が展開されることとなった。半兵衛の死には驚かされるが、何故に、秀吉と光秀は結びついたのか?己の野心のために、サブローは利用する価値があるから光秀である信長が呼び戻したのもわかる。けど、これからは、信長の協奏曲でなく、信長と秀吉の協奏曲となっていくのか?けど、この続きが見たいかと言われると、中途半端な終わり方が、どうでもいいかな。もう、痛快さのない黒い世界の物語には興味が無いという感じかも。
関連記事


>
2014/12/24 09:55 :Category:【小栗旬】CRISIS 信長協奏曲 コメント(3)
もったいないな!
1話を見た時面白いと思いましたが、回が進むにつれう~ん…と思うようになりました。
月9で時代物。それも有名な信長。
それが現代の高校生がタイムスリップして入れ替わる!
ワクワクしたのだけど…
腑に落ちない所が多すぎたのかな~?
投稿者: [ 2014/12/27 07:57 ]
面白さが減ってきた
なんでだろう、あんなに楽しめていると思っていたのですが、ここ2週くらいからどんどん見ているそばから飽きて1時間が長い。


最初は好きなキャラクターだったもりりんがいなくなったからかと思っていたのですが、そんな問題じゃない。

恒興の幼稚なごちゃごちゃもイライラするし、勢いもないし、私は史実自体は割とどうでもいいとは思っているのですが、それでもこの作品内のキャラクターも物語もなんだかちぐはぐになってきて、うまく飲み込めず気持ち悪い感じがぬぐえません。
(ドラマとして)魅力的なキャラクターを出すだけ出して散らかしっぱなしな気がしてなりません。

このドラマも次回でラストですが、全く着地点が見えてこない。
映画はあるらしいけど、ドラマとして納得できる最後が来るのでしょうか?
投稿者: [ 2014/12/18 12:28 ]
そうなんです
管理人さまのおっしゃる通り楽しくないんです!
どうせ漫画なら、徹底的に楽しませて欲しかった・・
時代背景が多少頂けなくても、時代劇のワクワク感があればいいものを、それがものすごく足りない・・
こんな小さい人間たちの小さい話なんか、
わざわざ時代劇で見せるのか、と残念感ハンパないです(泣
でも悔しくて、すっきりしたくて最終回まで見るんでしょうけどね。俳優さん達もストレスじゃないかしら。
投稿者: [ 2014/12/16 16:54 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング