Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【金23新番組】死神くん 大野智【1】好スタート 

死神くん 1 (集英社文庫―コミック版)
えんど コイチ
集英社
売り上げランキング: 1,836

公式サイト
ブラックスーツに蝶ネクタイ謎めいたその男が「こういうものです」と あなたに名刺を差し出したら――
それは“死神くん”です
【登場人物】
死神くん ……大野智 死亡予定者に死の宣告をし、その魂を霊界に運ぶ役割をしている死神。
監死官………桐谷美玲 死神くんの監視役。
悪魔………菅田将暉 死神たちの競合他社のような存在。
主任………松重豊 死神たちを取り仕切る人物。
【スタッフ】
(原作)死神くん コミック 全8巻完結セット (集英社文庫―コミック版)
(脚本)橋本裕志
(ゼネラルプロデューサー)内山聖子
(プロデューサー)飯田爽 西河喜美子 下山潤
(演出)中田秀夫 ほか
(制作協力)ジャンゴフィルム
(制作)テレビ朝日
【視聴率】
01 14/04/18【11.2】
【第1話ゲスト】
大西福子 大原櫻子 小林真実 高田里穂 渡部秀 おかやまはじめ 池谷のぶえ 阿南敦子
【金23新番組】死神くん 大野智【0】


第1話あらすじ
火災事故で顔に大きな火傷を負い、失明してしまった女子高生・小林真実(高田里穂)。自分の将来に絶望した真実は病院の屋上から身を投げる。みずから死を選ぼうとした真実の前に、黒いスーツに黒いネクタイ、黒い帽子をかぶった男が現れ、こう告げる。
「残念ですが、貴方はまだ死ねません」
男の名は死神(大野智)。まもなく死を迎える人々の魂を霊界に送る役割をしている人物だった。突然現れた死神に救われ、真実が死ぬことはなかった。  そんな真実には、彼女を心配してくれる唯一の友人・大西福子(大原櫻子)がいた。その美しい外見から男子から絶大な人気を誇っていた真実。それほどかわいくない福子はいつも真実の引き立て役だった。火傷のせいで男子には見向きもされなくなってしまった真実を福子だけは毎日見舞う。そんな福子の前に死神が現れ、告げた。
「おめでとうございます。お迎えに上がりました」
福子の余命はあと3日。その残り3日間を悔いなく生きるように、と言い死神は消えるのだった。死期が近づくみずからの運命を受け入れられない福子。死神はそんな福子を気にかけつつ、彼なりの助言をしていく。不安と悲しみを抱えながらも、福子は自分がやり残したことについて考え始めるが…?
【感想】
コイツって、死神なのかな?自殺死亡者を助けたりしてるけど、どういうわけなんだろう?
僕がイメージする奴らと少し違うから、”死神くん“なのかも。そんなことを思い見始めたが、話は、死神くんと死亡予定者の福子が3日という時を共有しながら物語は進んでいく。予定された3日という時の中で、やりたいことをやりなさいと優しく諭す死神くんに、最初は反発する福子も、自分しか見えない死神の存在に、それが真実であることを知り、密かに彼女のなかで、自分がやりべきことを考えるけど、混乱するだろうな~。けど福子は死神と接したり、ほのかに思いを寄せる少年と話していく中で、小さな幸せを感じ、3つの思いを心に、密かに実行する。
両親への感謝と伝えること、好きな人へ思いを伝える、そして、友人の自分の嫌らしい思いをぶつけることだった。それは、死神くんの言う通り自分のことを嫌ってほしいという思いがあったりしたのか?そこは分からないが、ある意味自分の思いを、友人である福子も持っていたのは、真の友情が芽生えた瞬間だったのかもしれない。だからこそ、角膜手術で、光が取り戻せそうになった時に、福子の事を一番に口に出した真美がいたのかもしれない。
そんな思いも知らず、一人になった福子が最後に望んだことが、死神くんとのデートというのが、なかなか泣かせる。大切なモノを全て手に入れた時に、ボートに一緒に乗ってる福子は、死神くんと共にいた。
「事故にあったら、顔が傷ついたりするのかな?」と聞く福子に
「気になりますか」と優しく微笑む死神くんは、幸福を運ぶ使者のようにも、見えた。福子の思いは、全て叶えられたのかもしれないと思いながら、眠る彼女は、いい死神に出会ったんだね。
02
大事な仕事道具である死神手帳を紛失してしまった死神(大野智)。手帳の力を悪用されれば、予定外の死を招いてしまう恐れがあり、死神と監死官(桐谷美玲)は慌てて人間界へ手帳を探しに出る! その頃、偶然死神手帳を拾った島孝一(林遣都)は、手帳に名前が書かれた人物が次々に死んでいることを知る。大手生命保険会社の営業部に勤務する島は、この手帳を使って保険の大口契約を取ることを思いつき…? そんな島には、心を通わせている小学生・山本健太(田中奏生)がいた。健太の父は病に伏せており、それが原因で学校でも同級生からいじめを受けていた。友達のいない健太と、営業成績が上がらず会社の上司から罵倒され続けている島。似たような境遇にいるふたりは、いつからか言葉を交わすようになっていたのだった。
 ある日、島は死神手帳に健太の父・大輔の名前が載っていることに気付く。健太の自宅を訪れた島は、そこで大輔を迎えにきた死神と遭遇。一方の死神も、島が手帳を持っていることを知り、返してくれるよう頼み込む。 だが、死神の手元に戻ってきた手帳には思いもよらない記述がされていた…! なんと島は自分を罵倒し続ける上司・黒川弘樹(神保悟志)の名前を勝手に記していたのだ! このままでは予定外の死を招くことになってしまう。しかし記述を消せるのは、書いた本人のみ。死神は、黒川の名前を消してもらうため、島の説得を開始するが…?
 さらに、死神手帳を捜索中、厄介な人物が人間界に侵入したという情報が入り…。
【感想】
関連記事


>
2014/04/21 23:28 :Category:【大野智】魔王  世界一難しい恋 コメント(169)
一話完結
一話完結だし 各回演出家さんがちがうので 新鮮にかんじます。
一話は 重厚感があり 感動的でした。
二話は コメディタッチで 笑えました。
三話は どうなるのかなぁと期待がふくらみます。
 

これから レギュラーの 桐谷美玲ちゃん 菅田将暉くん 松重豊さんとの
絡みも増えそうで とっても楽しみです。

今日は 二宮くんのドラマ。週末は ドラマ三昧でうれしいです。

投稿者: [ 2014/04/26 16:05 ]
毎日観てます
智くんのふとした表情や、佇んでいる姿は、セリフがなくても心に残ります。録画を毎日観てますけど、なぜか飽きません(笑)死亡予定者に話しかけるときと、監視官と話すときのしゃべり方や、声のトーンが違うあたりがさすがだなと思います。今更だけど、智くんの引き出しの多さに驚いてます。話のほうは、泣かせるのでなく、死神くんのさり気ない優しさや、福子の友達を思う気持が伝わるものだったと思います。マミちゃんが、自分に角膜を提供してくれたのが、福子だと気づかずに話を終わらせたのもよかった。いずれは事故死したことも明らかになるだろうし、角膜のことも知る時が来るだろうけど、その時マミちゃんはどう思うのかなって、考えたらかなり切なくなりました。なんていうか、余韻を残すドラマですね。主題歌はドラマにピッタリで歌って踊る嵐さんが超絶カッコよくて倒れそうでした。
今夜は2話目。本当に楽しみです!
投稿者: [ 2014/04/25 21:49 ]
心に沁みました
うまく言葉にできませんが、感じたことを…。

とにかくメッセージ性の強いドラマだなと思いました。
外見にこだわり過ぎる人間の特性を理解できない死神くん。でも人間の本質を見抜く力に長けているんですよね。
福子ちゃんの心の美しさを見抜き、一番美しい人間であると言葉にして伝えたことで、福子ちゃんも本来の優しい心を見失わずに心穏やかに旅立てたのだと思います。
大切なものを守り通すことができた福子ちゃんの笑顔は一番輝いていて、美しい人だなと思いました。

見返すうちに、福子ちゃんの心情を知ってから死神くんの話し方が変わることに気付きました。
新米ならではのマニュアル通りの営業トーク。喜ばしい死を伝えにきたのだと張り切っている感じにイラっときました(笑)でも、福子ちゃんが死を恐れていることに気付いてからは、本来の優しさが顔を覗かせて包み込むような柔らかい声音に変わりました。
その後は福子ちゃんのお願いを聞き届け、最期まで寄り添ってくれていた死神くん。死への恐怖が少しでも和らいでくれたのならよかったです。

それから、事故現場に花を手向けにきていた同級生たちの姿にうるっときました。福子ちゃんは決してひとりではなかったのですよね。
温かい家族にも守られていたのですから…。

ストーリーに大きな盛り上がりはなくても、後からじんわりと心に響きました。
『外見よりも中身が大切』
目に見えるものがすべてと思い込むあまり、普段は忘れがちなこの普遍的なメッセージがまっすぐに心に届きました。

投稿者: [ 2014/04/25 19:01 ]
今後が楽しみ
  「佇まい」と「表情」で演ずる大野さんの「死神くん」、とて も良かったと思います。 
   新米の死神として、一生懸命に任務を果たそうとする姿は、 どこかコミカルで、癒されました。
 

   心に残るシーンはいろいろありますが、原作未読の我が家で は、穏やかなボートでの会話から一転、病院のシーンが衝撃でし た。カーテンの向こうに横たわる福子ちゃん。家族無言ですべて を理解しました。
   ふと、昨年、大野さん演じた青年が、思わぬ死を突きつけら れ、悩みながらもやがて「死ぬことは、終わることではない」の 思いに辿りついたことを思い出しました。

   
   今後、他の3人の霊界の人たちと、どんな関係が繰り広げら れるのか、また、どんな人々の死に寄り添うのか楽しみです。
 当分の間、人間に共感し失敗してしまうそんな死神くんでいてほ しい気もします。
投稿者: [ 2014/04/25 16:39 ]
面白かったです
死神くん、福子ちゃんには優しい丁寧言葉なのに、上司であるカラスの監死官にはめちゃくちゃ言葉遣いが悪くて笑ってしまいました。悲しみを和らげつつ次へ繋げるこの天界のシーンが何気にお気に入りです。
投稿者: [ 2014/04/25 13:51 ]
福子ちゃんが笑顔で天に召された瞬間は良かったと思いました。人が死にゆく話ですが、救われるような心洗われたような清々しい気持ちになりました。
人間と死神。本来ならば決して交わることのないもの同士が現世と死後の世界の狭間で限られた時間を共有する。魂を運ぶ死神が、死を怖れている人間に直面し戸惑う姿に、血の通う人間くささが垣間見えました。死神くんがこれからどのように人間と接し、動くのか興味深いです。
投稿者: [ 2014/04/25 13:47 ]
共有
家族みんなで福子ちゃんを見守りました。
家族でドラマを見て心の動きを共有し合える素敵な時間でした。
旦那くんが「大野くんだから出来た役だね」と言っていました。我の強い役者さんにはムリだと。私もそう思います。主軸になる主役の演技を受け止め、自分を出し過ぎず、でも埋れてしまわない。そんな引き算の演技が素晴らしいと思いました。
今夜は第二話。前回同様に、夫婦でリアタイし、明日録画したものを子どもたちと一緒に見るつもりです。
投稿者: [ 2014/04/25 10:55 ]
福子へのご褒美
漫画原作の中でも、ドラマとして表現することが難しいものをチョイスしましたね。
怖い死神ではなく、人間寄りの優しい死神というコンセプト。今後悪魔くんが出てくるので、死神らしくない人間寄りの死神との対比が面白そう。

角膜移植、福子が死神くんに会わなければドナー登録はなされなかったと考えると、順番は変わっていないとも考えられますね。
真美の順番が早まった分、真美の後に移植が必要になった人も、順序が早まり恩恵にあずかれる、とも考えられます。
最後まで親友のことを考え、自暴自棄にならかなった福子に対するご褒美でもあるのでしょう。
3日間で現世から離れなければならなかった福子。現世に、それも親友に心を託すことができて、無念ながらも救いがあったのではないでしょうか。

心美人は名作ですが、原作が短いものを1時間のドラマにしているので、多少の間延び感はありましたが、この題材をここまでドラマで再現できれば、成功と言えそうですね。

新米死神くんが、今後どんな変化をみせてくれるか、楽しみにしています。そして、悪魔くんとの対立にも期待です。
投稿者: [ 2014/04/24 22:17 ]
コントラスト
死神くんというタイトルからは想像つかない程、深く心を揺さぶられました。
劇的な展開がないので退屈な印象も受けます。おまけになんとなく先が読めてしまいます。
しかし、普段ならチャンネルを変えてしまうのですが、最後まで目が離せませんでした。

光と影。
明と暗。
建前と本音。
心美人と顔美人。
死神と人間。

短いエピソードを膨らめ、尚且つ1時間でしっかり纏めていました。
見応えのある素晴らしいドラマだと思います。
投稿者: [ 2014/04/24 21:37 ]
確かに優しいだけではない
あくまで私見ですので、私はこう感じたと受け止めて
くださると幸いです。

死神413にブレがある。
人間寄りではなく、福子個人に傾いている。
それは仕方がないんじゃないでしょうか?
死神413は後のカラスとの対話から見るにこれがほぼ
初仕事だったのではないだろうか。
だから、彼の対象は今のところ人間全体ではなく初め
て触れる人間(福子)に傾いたと考えられる。
今後、新人死神413が人間に触れることでどうなってい
くのかが注目どころのひとつ。

確かに角膜移植の件は、いささか強引でした。
でも、それはカラスによって違反だと怒られているので
わざとやったことでしょう。
まあ、「優しい」の持って行きどころを人類全体で見る
のか死に逝く者の視点で見るのかで違ってきます。
「優しい」と評価した人はあくまで福子視点。
でも、他に人類全体からすれば、抜け駆けじゃん!って
話ってことです。
そういう意味を含めてカラスが怒ったのかどうかは分か
りませんが、なるほど…確かにそう見れば「身勝手」な
行為です、納得。

さて、真実の角膜移植が成功したからといって、本当に
幸せになるかどうかは分かりません。
なので、「幸せは他人の犠牲の上で成り立つ」という
定義はいささか早合点だと思われます。

死に場所に関しては、原作ベースで言えば場所は特に
関係ないです。
時間になれば、魂を抜き取ってしまう事もあれば、場合
によっては延長してしまう場合も。
「心美人」も原作では事故に遭った場面は描かれず、い
きなり移植シーンになります。
話によっては死ぬシーンがきっちり描かれていたりする
こともあるので、脚本家がここは原作にそった表現で
ドラマ化したとも言えます。
ただ、それを手抜・矛盾と受け取るか、多くを語らず
視聴者に想像させたと取るかは見る側次第なので、どち
らを感じてもいい訳で、何故、死ぬシーンを入れなかった
のか、原作でもドラマでも何か意味があるんでしょうが。
そこを想像してみるのもひとつの楽しみではないでしょうか?

また、死神にとっては、人間はある意味”商品”みたいなもの。
死神にとって、「人間の魂を切り取る」作業は「仕事」
です。
まあ、外科医が手術で執刀するようなものなのかな。
いちいち躊躇っていては仕事になりませんというか、
死神失格です。
特にそれが新人であれば尚更。
マニュアル通り、躊躇なくチョキン。
これから色々な人間に触れることで、ひょっとしたら
死神が切り取るのを躊躇う事も出て来るかもしれません
から、そこも注目どころだと思っています。

死神にとって、天界の魂の数は帳尻が合えばいいものだ
から、ぶっちゃけ、福子が死なず真実が代わりに死んで
も言い訳なんだと思う。
これは原作で悪魔くんが指摘していたし、死神くんもそれ
を推奨する場面がある(「心美人」以外の話なので誤解し
ないように)。
それはあくまで原作ベースなので、ドラマはその点をどう
やっていくのか…(だって、主任も結構いい加減だし)、
非常に楽しみにしている。

子供の頃、原作を読んでいた者としては、なかなかどうし
て、面白い仕上がりの実写化にしてくれたなと嬉しく思って
いる。

明日の「いじめの構図」も楽しみにしている。
投稿者: [ 2014/04/24 17:29 ]
解釈・自由自在!
二度目の投稿、失礼します。また、管理人さん、他の方のコメントに多少言及してしまうのをお許し下さい。掲載はお任せ致しますm(_ _)m


どんな作品にも、大絶賛と辛辣な批判が付き物だと思いますし、独特のファンタジーである本作を、理性で見るか感性で見るか、または此岸と彼岸どちらの観点で見るかで変わってくると思うので、是非ともたくさんの方の感想を読みたいなぁと思ってます!“大野氏主演ドラマあるある”の感想欄の醍醐味、今回も堪能したいですから♪あ…でも、単に作品や出演者を叩きたいだけの感想は哀しいですけどね(^_^;)



初回は、物語の全体像を読み取るのに精一杯でしたが、繰り返し見てみると、死神413号の仕事デキなさっぷりと、それでも奮闘しようとする姿に萌えました(笑)死神学校(そんなんあるんかな?(笑))での教科書や、お役所の新人研修のシミュレーションと違かったのかな、とか(笑)なんとか福子(お客さん)の目線に合わそうとしてたのかな、とか。好物の蟹まで食べて(笑)



サービス精神と越権行為のバランスは、自分も仕事上の悩みの一つなので、思わずやっちゃったルール違反(カー助?カー子かな?)を叱られてた彼に、なんだか親近感を覚えてしまいました(苦笑)でも、ホントに何が正解なんだろな~。素朴な疑問デス。来週も色々楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/24 17:25 ]
心美人
 良かったです。 刺激だったりドラマチックな展開ではないですが、あとからジワッとくるものがありました。

 この世の中、見かけの良い人はもてるし 良い評価ももらえるけども… やはり心のきれいな人にはかなわない。
 
 言葉では簡単に言えますけど、実際福子ちゃんみたいに、コンプレックスを持ち続けて… さらに綺麗な真実ちゃんに最後までやさしい心で接して、心の中では嫉妬やらあったにしても… それは我慢して態度には出さずにい続けた福子ちゃん、健気で立派な生きざまでした。
 
 死神くんやボーイフレンドの子や、きちっと見てくれている人たちがいる。救われた気持ちになりました。
 
 福子ちゃんの角膜を真実ちゃんに提供できたのは、死神くんからのプレゼントであって…
 ボートの場面から角膜移植のためのベッドが並んだ場面に変った時は、ドキッとしましたね。
 最後に真実ちゃんが感謝の言葉を言ってくれたのが、何よりも福子ちゃんは報われて霊界に気持ち良く逝かれたと感じました。
 死ぬ時期は運命なので決められないけども、納得して死んでいけたのは 天使のような死神くんに導かれたからではないでしょうか。
 次回が楽しみです。 
 
投稿者: [ 2014/04/24 15:36 ]
異質
死神くん初回見ました。実は私も死神くんに対して畏怖の念を抱きました。掴み所のない異質な雰囲気が漂い、笑顔さえ怖く感じる瞬間がありました。もちろん、福子ちゃんに寄り添う時には優しくて癒されましたが、ふとした瞬間に見せる横顔や伏し目にぞくりとしました。死神くんが人々に余命を宣告する本当の意味を知りたいです。
投稿者: [ 2014/04/24 15:11 ]
絶賛コメントばかりが続く中、勇気を出して投稿します。

内容は悪くないと思います。奇をてらったものよりもスッと心に入り溶け込んでいくあたたかさみたいなものも感じられたので。

ただ、死神くんの言動にブレを感じました。人間(の感情)に対して偏った認識、知識による矛盾というか、ん?と引っ掛かる部分が多かったです。
人間寄りの判断をしがちとありますが、そうではなくて福子寄りの判断をしています。角膜移植の一件でそう強く感じました。真実が早く手術を受けられたのは、福子サイドから見れば有り難く喜ばしいことですが、一方で長い間移植を待ち望んでいる方々もたくさんいらっしゃいます。その方々を差し置いて順番を操作した死神くんの行動は「優しい」でしょうか?
幸せは犠牲の上に成り立つ・・・そう印象づけられました。

それから福子の最期の瞬間を見届けた死神くん。福子が事故死することは先見の明で分かっていたこと。つまり、死神くんは、「その場所」まで福子を誘導しているのですよね。死は運命なので変えることはできませんが、その場所に導き、その瞬間をしっかりと見届け、福子の魂を連れて天界にやってきた。ためらうことなく命の糸を切った死神くん。やはり彼は優しいのとは少し違うなと感じました。優しげな微笑みを見せていても紛れもない死神なのだと思いました。
投稿者: [ 2014/04/24 14:12 ]
あたたかい余韻
涙の先にあたたかい余韻が残りました。初見では、福子ちゃんのような心の美しい若い女の子が死という残酷な運命を背負っていることに戸惑いがあり、胸が締め付けられる思いでした。

しかし、2回3回と見続けるうちに、涙の先にあたたかい余韻が胸を占めていることに気づきました。
皆さんが仰られているように、死神くんが終始福子ちゃんを見守り、最期の最期の瞬間まで側にいてくれたことが嬉しかったです。優しい死神くんですね。死に向かって一歩一歩進んでいく時間の中で、取り乱すことなく、そして本来の優しい心を失うことなく最期を迎えられたのは、413号さんのような優しい死神くんが恐怖を和らげてくれたからだと思います。

ボートのシーンは心温まるシーンで娘もお気に入りです。私もこんな死神くんなら今すぐ迎えにきてほしいななんて親泣かせなことを平然と言う我が娘たち。そんあ私も同意見です(笑)
投稿者: [ 2014/04/24 13:42 ]
次回が待ちきれません
死神くんをみて、大野さんの表情がとても印象的で、せつなくなったり、ほろっと笑えたり、演技がすごいなと思いました。

内容は「死」がメインになっているため重たそうですが、自分の人生における最終章を見つめなおす良いきっかけになるのではないかと思います。一日一日を悔いなく精一杯生きることの大切さが良くわ伝わりました。勿体ない日々を過ごしていた自分にとって良い刺激になりました。本当にそう思います。

自分の命があと3日と言われたらどうするかなと考えたとき、
悔いだらけです。これからはいつお迎えが来ても良い人生にしておきたいものです。

※かなり重たいことを書いてしましました(笑)。
でも人の人生観を変えるほど良いドラマだと思いますよ。
投稿者: [ 2014/04/24 12:07 ]
明日が待ちきれないです。
死神くんをみて、大野さんの表情がとても印象的で、せつなくなったり、ほろっと笑えたり、演技がすごいなと思いました。

内容は「死」がメインになっているため重たそうですが、自分の人生における最終章を見つめなおす良いきっかけになるのではないかと思います。一日一日を悔いなく精一杯生きることの大切さが良くわ伝わりました。勿体ない日々を過ごしていた自分にとって良い刺激になりました。本当にそう思います。

自分の命があと3日と言われたらどうするかなと考えたとき、
悔いだらけです。これからはいつお迎えが来ても良い人生にしておきたいものです。

※かなり重たいことを書いてしましました(笑)。
でも人の人生観を変えるほど良いドラマだと思いますよ。
投稿者: [ 2014/04/24 12:05 ]
死神くん、みました。
1話 見ました。

“死”について扱っているのに、見終わったあとに嫌な感じの残らない、素直にいい話だな、と思えるドラマでした。

序盤の死神くん、見ていて“こいつ、ほんとウザいなぁー”って思いました。
もうすぐ死ぬって時に、あんな感じで付きまとわれたら、“お願いだから、いいかげんそっとしておいて!”って言ってしまいそう。
序盤の死神くんの話し方、私にはウザさに拍車がかかって、存在自体のウザさがより効果的に伝わる結果となりました。

「お願いがあるの。」「怖いから、今日1日ずっと一緒にいて」
福子のこのセリフが印象的で頭に残っています。

“死”って、正直実感がないですが、漠然と“怖い”って感じがあって。
もし、本当にあんな死神くんのような存在がいて、死の間際にあんな風に寄りそってくれたなら…
もしかして、少しは死に対する恐怖も和らぐのかも?って思ったりしました。

最初あんなにウザいと感じてた死神くんが、終盤では“一緒に居てくれてありがとう”という存在になってて。
これも最近よく耳にするようになった、一種の究極の“緩和ケア”とも言えるのかな?

私、多分リアリティを追求するものよりも、ファンタジー要素のあるものの方がきっと好みなんだろうなって思います。
ファンタジーの世界でも、死神はたいてい“怖いもの”として描かれる事が多いと思います。
このドラマで描かれる死神くんのような存在は、誰もがいつか必ずむかえる“死”に対してのイメージを、もしかしたら変えてくれる存在なのかも??って思いました。
投稿者: [ 2014/04/24 02:42 ]
福子ちゃん真実ちゃん
お二人とも本当に上手かった!真実ちゃんも包帯して片目を瞬きしない演技大変だと思いました、それでも表情ありました。キャスト決まった時には深夜放送だから新人さん?大丈夫かなと感じた私自身恥じらいました。60年近く映画や舞台観てきたのに、、。そして大野くんのウザイセリフ?は私も賛成派です。大好きな魔王や怪物くん歌のお兄さんや榎本さんと全く違う、30代位の新米死神くんですから別にこれでも漫画的で良いかも。二話も予告で観る限り変わってないと思います。本音は次回は重みあり、殺陣ありの時代劇も観てみたい!希望てす。でもこの死神くんも優しくて癒される他にない珍しいドラマです。
投稿者: [ 2014/04/23 23:05 ]
不評が多い死神くんのしゃべり口調、自分はかなり好きだ。こういう言い回しもおもしろいなって思った。
またうざったい口調の時の表情も何とも言えず笑  ついつい見返してしまう。 

福子役の子も良かった。親友に思いをぶつけるシーンは見入ってしまった。その時の親友の子の表情も印象的だった。そしてそのやりとりを見守る死神くん。彼の表情や佇まいは、ホント不思議なんだけど何度も見たくなってしまうんだよね。


二話の予告を見てよけい楽しみになりました。
個人的にはウザイ口調、今後も取り入れて欲しいんだけどな笑

 
投稿者: [ 2014/04/23 21:40 ]
じんわりと…
心に響く「心美人」でした。
ボートのシーンがとても良かった。
「デートみたい」と言う福子ちゃんに「それは光栄です…私には一番綺麗な人間ですから」と優しく微笑む死神くん。
切ないけれど温かな空気に満ちた素敵なワンシーンでした。バックに流れていた音楽も良かった。

『死神くん』のスタートを楽しみにしてました。
正直、始めのほうの大野くんの言い回しは私も気になってしまいました。
新米の死神の雰囲気を出すための演出ならば、もう少し違ったアプローチでも良かったのでは?…とも思いました。
こちらのサイトでも賛否両論あって『ああ、やっぱり』と感じたものです。
大野くんの演技はとても好きだけど、今回の始めのあたりの言い回しはちょっと技巧に走りすぎたのかも?でもシリアスな場面の口調はとても心に響きました。
人生の最後に一緒にいて欲しいと思えるお人好しな死神くん。
2回目からの展開に期待したいと思います。


今回は泣かされちゃうので録画の再生ボタンを押すのに勇気がいりました(笑)
投稿者: [ 2014/04/23 19:45 ]
なかなか面白い
真実の本性に気付いていながらも彼女に恩返しをしようと見舞う福子は本当に心のきれいな子なんだろうね。でも孤独な幼少期を経てきた福子にとって、どんな理由があろうと真実は恩人なんだろうね。孤独は人を殺すと言うしね。命と引き換えに角膜を提供するのはちょっと美談過ぎる気がするけど、福子らしい人生の幕引きだったと思う。
それにしても死神がまったく怖くなくて…いくら「くん」づけでも違和感ありまくりだね。
投稿者: [ 2014/04/23 19:37 ]
二度目の方が泣きました!
ストーリーもわかりやすく淡々としながらも優しく描かれていてとても心温まりました。
リアタイした時も泣いたのですが二度目の方が展開を知っているのでより福子の心情を考えて一度目よりも早い段階で何度か泣いてしまいました。
深夜ドラマは結構好きだし何よりも大野くんのドラマなので楽しみにはしてたのですがゲストが若い方ばかりなので不安にもなっていました。
でも福子ちゃん役の大原櫻子さん、とっても上手で引き込まれてしまいました。福子ちゃんの心情が伝わってくる分死神くんのとぼけた感じが対比で相乗効果で私は好きでした。
皆さんの言っている喋り方、言われてやっと気づいたけれどそれがある時とない時で仕事上の言葉、死神くん本人の言葉とわかりやすくて私は気になりませんでした。
あと最後の病院のシーン唐突感半端ないけどヘタに移植の申し込み?うんぬんや事故のシーンは無くて良かったと思います。ただもう少し間が欲しかったけれと。
間といえば福子ちゃんでボロ泣きなのに監死官と死神くんのやり取りが可愛すぎて涙引っ込んでしまってもっと余韻をくれ!と思いました。
美玲ちゃんは結構辛辣な意見を聞きますがそこまでかな?もっと酷いの想像してたから。でも折角ビジュアルがイイ感じなので頑張って欲しいものです。
次回は菅田くん松重さん更にはゲストに林くん神保さんと大好きな方ばかりなのですごく楽しみです!
ゲストが主役になるだけあって今一押し!てわけではないけれどしっかりとした方が毎回いらっしゃるようなのでゲストの方も楽しみの一つ。
死神くんはぜひウザ可愛さを極めつつ優しく見守って欲しいです。
投稿者: [ 2014/04/23 18:02 ]
死神くんの慈愛
生きていく上でとても大切なことを真っ直ぐに伝えてくれました。
感想を此方に寄せられている感想をほぼ同意見なので割愛しますが、ひとつだけ。
福子ちゃんが死後の自分の顔を気にしていたのは、女の子ゆえの可愛らしい願望にも思えますが、私もやはり唯一の友だちである真実に角膜を提供したいからなのだと思います。そんな福子ちゃんの想いを知ってなのか、事故死だというのに顔がとても綺麗でしたね。もしかしたら死神くんが何かしてくれたのかなと深読みをしてしまい、勝手に胸を熱くしていました。人間寄りの判断をしがちということは、人の気持ちを理解し、寄り添えるからだと思います。福子ちゃんの心理を見抜き、彼女のために一肌脱いだのかなと思いました。
少しずつ死期を迎えた人々との交流を通して、死神くんがどのように成長するのか見守り、応援したいと思います。
投稿者: [ 2014/04/23 14:35 ]
家族で見ました。今回のお話は誰しも抱えているコンプレックスの話だったので、とても共感できるお話ですぐに涙が滲んできました。福子ちゃんの幸せを願っていた娘は不公平だと怒っていました(笑)子どもたちに見せたい良質な作品でした。今後も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/23 12:12 ]
魅力 
第1回目の放送をみて以来、ふとした瞬間に 死神くんがきたりして....と どきどきしてしまいます。
もしかして、死ぬ前は 本当に あんな慈愛に満ちたかんじの死神くんに 見守られながら、怖がらずに 死に向かっていけるのかも などと。
きっと 大野智の役者としての魅力の一つは 架空のものに変なリアリティ感を 与えてしまうことなのだと思う。キャラクターものだけでなく、もちろん 魔王、24時間ドラマでみせてくれた シリアスな役も 歌のおにいさんの等身大の青年役も現実感が胸にせまりました。 
投稿者: [ 2014/04/23 12:09 ]
2話が楽しみ!
期待値が高すぎたのか、なんだかな~、、って正直思ってしまったけど、予告が良かった!
なんだか回を追う毎に良くなるドラマの様な気がします。
”霊界のものたち”が全員揃った画を早く見たい!
金曜日が待ち遠しいです^^

投稿者: [ 2014/04/23 01:21 ]
心美人良かったです。 単調なドラマでしたが、人間界と霊界の設定が背景を含めて真逆だったので楽しめました。

初回は死神くんが初仕事? のためか福子ちゃんにぶっきらぼうであったり… 接していくうちに寄り添うスタンスで話しかけたり、最後まで見守りとげてと新米としては上出来でしたね。
外見ではなく心のきれいな人が真の幸せを味わえる。真実ちゃんのように綺麗な時はもてるし、得する事も多いけど…
綺麗でなくなったら、手のひらを返すようにつめたくされる。
どんな状況でも変わらず接してくれた福子ちゃんをとうして、心美人であることの大事さを思い知らされたのは、真実ちゃんだったのかな。
最後に福子ちゃん笑顔で霊界に逝かれたのは、死神くんのお迎えがあったからですよね。だって神様に導かれたんですもの。
毎回迎えるゲストが主役な感じで、死神くんが引いたレールの上で残された時間を刻んでいく。そんな感じになるんでしょうか? 監督さんによって違うテイストみたいなので、次回も楽しみです。
人間に近い死神くん… 人間の容姿ではあるけども、その回りは透明なベールで囲まれている。明らかに人間ではない所まで表現した大野さんの演技はさすがでした。いつも安定していて、スッ と入っていけます。
ただ今回たまに声が小さくて聞きずらかった時がありました。音声さんで調整できればしていただきたいです。

同じnameの方がいらしたので、名前変更いたします。


投稿者: [ 2014/04/22 22:27 ]
良かったです
原作未読です。
ドラマを見て、最近こうした心あたたまる優しいドラマを見ていなかったなぁと懐かしい気持ちになりました。
福子ちゃんの運命は残酷過ぎましたが、彼女の笑顔が輝いていて素敵でした。
人間は誰しも心に光と影を抱いています。妬みや僻みという負の感情に支配されそうになった福子ちゃんを見守る死神くん。彼女が本来の心の美しさを見失わずに済んだのは、自分の内面を見つめ「美しい」と言い続けてくれた死神くんの存在が有ったからだと思います。

「女の子だもん」とはにかみながら呟く福子ちゃんの女心に切なくなりました。
ベッドに横たわる顔…きれいでしたね。。良かったです。

ちょっぴり切なくて、でも心が洗われる素敵なドラマでした。
投稿者: [ 2014/04/22 22:22 ]
管理人さん、こんばんわ

わたしは個人的ですが、女性の脚本家の方が好きです。大きなスト―リー展開は望めなくても、細やかな部分のこだわりがきっちりしているように感じるからです。

キャスティングだって…新米の死神にしては、やはり年齢を思いますし、大野君を中心におくのであれば、管理官役も悪魔くん役も演技の上手い下手は関係なく若過ぎる気がするのです。

大原櫻子ちゃんはとても演技が上手くて、櫻子ちゃんに何の恨みもありませんが、福子は福子の優しさって苛めにも屈しない強さや明るさを含んでいるんじゃないのかな、と。
櫻子ちゃんの福子はあまりにも華奢で櫻子ちゃんの好演が余計に、理由もなく天に召される不条理さを悲しく思ったのは私だけでしょうか?

待ちに待った大野君のドラマなのに文句ばっかり言っちゃった。

文句ばかり言った割にドラマ観て泣いたけどね。

まだ1回目だから…これから色々なことが分ってくるのかな

投稿者: [ 2014/04/22 22:15 ]
生々しい死の瞬間は私的には見たくないので、福子ちゃんの回は良かったと思ったけど、話にリアルさを求めてる視聴者の方もいらっしゃるんだなと、
やはり色々な見方があって面白いですね。
原作では、結構ヤバイ回もありますから、その話は入るのか気になります。
投稿者: [ 2014/04/22 22:01 ]
時間軸
この手の話はよくありますね。「外見よりも中身が大事」普遍的なテーマを分かりやすくダイレクトに描いたなと思いました。

気になった点を挙げますと…

福子が角膜移植の登録をいつおこなったのかということ。
福子が死の宣告を受けたのが先か登録が先かといった時間軸が気になります。
3つの願いの最後として捉えている方々もいますが、果たしてそうでしょうか?看護士が「先日」と言っていたので、引っかかりました。
こじつけのような感動の後付けみたいな印象を受け腑に落ちませんねー。

死を扱っているのに、肝心なその瞬間がまったく描かれていないのも安っぽさに拍車をかけています。

せっかくの深夜枠なのだからもっと攻めないと。こんなふうに濁らすなら、ゴールデンで家族層が見れる枠で放送するのが最適かと思います。
内容的にも若年層向けなので。
投稿者: [ 2014/04/22 20:13 ]
まるで、絵本!
深夜にありがちな…例えば、“エロ・グロ・ナンセンス”多用で刺激的な作風にするわけでもなく(それも深夜帯ならではの疲れた大人を癒やす機能として有りだと思います)、必要以上に豪華な脇役に頼ることもなく、近年持て囃されてる原作付でもなく、アイドル主演にありがちな“主人公のPV状態”にもなってない。なんだか清々しいくらいな直球勝負ですね。


死神の抑えた演技も良かったです。おかげで、死に直面したゲストの喜怒哀楽が際立って、ストーリー展開に集中できました。あと、死神の微細な演じ分けに感嘆しました。“仕事モード”と“素”の境界線が次第に融解していく感じ。あれは演出による計算なのか、役者の才能なのか。いずれにせよ、凄かったです。


この作品は、絵本みたいだと思う。子供騙しだと敬遠する人は、もったいない!感性を磨くチャンスなのにな。かなり哲学的。大人になったからこそ、もう一度触れたい“寓話”が、そこにあります。来週も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/22 20:03 ]
良いお話でしたね~
11.2%ですか。
信長のシェフには及ばなかったけれど、良い視聴率ですね。
それにしても、この枠はこの時間なのに結構2桁を連発していると知り驚きました。
今時はゴールデンでも一桁も珍しくないのに。
深夜のほうが見やすい時代なのでしょうかね。

死神が題材とはいってもほっこりする話が中心だというのはわかってはいましたが、やはり良いお話でしたね。
大原さんが良い演技をしていたと思います。
ただ、かわいい子ではない役だとはいえ、あのメイクはやりすぎじゃ・・(笑)

それと何気に安っぽいフライングが気になりました。
さすが深夜帯、と変なところで納得してしまった。

中田監督ということでもう少し凝った、暗くて深い画面作りかと思ったのですが、そこは他の監督方とテイストを合わせているんでしょうか。

あと、大野くんは意識して古畑テイストを取り入れているんでしょうかね。
私は好きなドラマだったので歓迎ですが。

放映後に「デスノートの真似」騒動が持ち上がったそうですね。
25年も前の原作ということで事実を知っている漫画ファンの方がたくさんツイートしているのを見ました。
このドラマが、原作の存在がより知られる一助になればいいなぁと思います。

大野くん、1クール頑張ってくださいね。
投稿者: [ 2014/04/22 17:27 ]
大野さんの死神くん
録画もしないで何気に見たのですが、思った以上に
深くて心に染み入る温かい話でした。
重いテーマなのに、願いをかなえてもらい旅立った福子が
羨ましく感じました。
死が来るなら間違いなく413の死神くんに
最後まで寄り添っていてもらいたいですね。

この世に存在しないものに対し、こうあるべきと見るのは
人それぞれで賛否もあって当然ですが、
大野さんに対し感じたのは、「不気味、異質」、それだけで
私には十分死神くんを演じるには合格点だと思いました。
原作を読んだことはありませんが、「人間は死を有難いもの」と思い込み
上から目線で近づいてきたけど、
福子の心情を知ってから喋りかたまで変わりました。

「知ってて知らないふりをする芝居は難しいが、大野は
難なく演じてて凄い」と、ある演出家さんが言ってましたが
死神くんが何なのか理解して見れば、
私は大野さんは上手く演じてると思いました。

次回は録画をしてから楽しみたいと思いました。
投稿者: [ 2014/04/22 16:41 ]
もっと興味が湧きました
深く心に響くお話でした。

いい人生だったと満足して旅立てる人はそう多くないと思います。自分の余命を知ることで、心の準備ができる、現世に思い残すことがないようにきちんと整理ができる、死神くんはどのようなつもりで人間に余命を告げているのか・・・それが一番気になります。
監視官と死神くんのやりとりは、一見子どものケンカのように見えましたが、そこには深い理由が内在している気がして興味深かったです。
『人間は罪深い生きもの』『死を喜んで受け入れる』の新米の死神たちに、こう教示しているの監視官たち。
余命を宣告する本当の意味を知りたいです。

第一話を見終えて、よりこの作品に興味が湧きました。二話以降も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/22 15:42 ]
いまいちかな
個人的には可もなく不可もなくといった印象を受けました。何よりも主役である死神くんのキャラが立っていないのが問題に感じます。役作り云々ではなくて、なんというか中途半端というか浅いです。平たく言うと、安っぽいんですよね。話し方が因していると思いますが・・・演出なら止めて欲しいです。
ストーリーはベタですが、それなりに楽しめました。ただやはり突っ込みどころ満載で一緒に見た旦那も呟くように突っ込んでいました。
まずもって死神くんの吊られてる感が半端なくて・・・。服の皺も気になります。また、ボートのシーンは素敵ですが、傍から見ると制服を着た女の子がひとりで笑みを浮かべてボートに乗っていることになりますよね。それから、蟹を食べるシーンですが、あれはどうなのでしょうか?そもそも壁をすり抜けられる能力があるのに、あんなキツイ態勢で食べなくてもと思うのは私だけでしょうか?シュールな笑いを提供したかったのでしょうが、失笑ものでした。主人も言っていましたが、中田監督はホラーを撮らせれば一級品ですが、コメディはいまいちなのかもしれませんね。要はセンスと言いますか、嗜好の問題ですが、私たち夫婦には合わなかったです。次回は違う監督さんが撮られるようなので、もう少し様子を見てみます。
投稿者: [ 2014/04/22 12:10 ]
死神くん!
さすが大野くん!
深夜枠でも色々なランキングで1位をとり、視聴率も好発進ですね♪
しかし内容は1話を見た限りでは期待外れでした。
歌のおにいさんのような痛快さもないし、怪物くんや榎本くんのようなキャラ立ちもない。成瀬さんのような難しくカリスマ性のある役どころでもない。
正直彼の演技力を持て余しています。
ですがまだ1話ですのでこれからに期待です♪
投稿者: [ 2014/04/22 11:55 ]
胸が熱くなりました
ハッピーエンドではありませんが、見終えた後なんとも清々しい温かな気持ちになれました。
福子ちゃんが自分の運命を呪うことなく、きちんと受け入れたうえで3つのやりたかったことを叶えていく姿はとてもいじらしく健気で涙が零れました。
ご両親への感謝。淡い恋心。友人への本音の吐露。福子ちゃんが心美人であることが強く印象付けられる素敵な場面でした。淡々と描かれていたので、間延び感や単調さを拭えませんでしたが、そのおかげで感動の押しつけではなく、福子ちゃんの想いが心にスッと入り込んできました。
魅力的な死神くんの成長も気になりますし、今後がより楽しみな作品だなと思いました。多くの方々に幅広く受け入れられることも大事でしょうが、《死神くん》だから・・と深く長く愛される作品になってほしいです。
投稿者: [ 2014/04/22 11:31 ]
原作は知りませんが
ドラマの初回放送を見て、原作漫画が名作と言われたといいうのが何となく解りました。死という重いテーマを扱いながら重さや暗さをあまり感じさせない、むしろ亡くなってしまう福子には爽やかさを、死神くんには奥深い暖かさを感じました。
死神くんのあの独特なしゃべりはいい意味で印象的で私は好きです。ふわふわ浮かんで話す様子も自然で、まさに漫画から飛び出してきたキャラクターそのものでした。新米死神くんが、死を宣告する人間を見守り触れ合うなかでどう成長していくのか楽しみです。特に、「人間よりの判断」で毎回どんなことをやらかすのかにも注目です。
そして福子役の大原櫻子さん、特殊メイクだそうで、その熱演に引き込まれました。ご両親に感謝を伝える場面には胸が熱くなりました。好かったです。



投稿者: [ 2014/04/22 08:55 ]
とても楽しかったです。

福子役の女の子がすごくよかったし、脚本も起承転結が上手くて面白かったです。

ただ一度視聴した時点で少しだけ違和感を感じたのが死神くんの話し方でした。これも回数を追うごとに視聴者の私たちが慣れるのかはたまた演出、もしくは役者さんのやりすぎなのかどっちかわからず2度視聴しました。
2度見た感想としては人間の慣れってすごいwなという事で違和感はほとんど感じなくなっていました。ということは演出及び役者さんが正解ってことなんでしょうねw

来週の展開も凄く面白そうなので楽しみです!
投稿者: [ 2014/04/22 07:22 ]
ますます楽しみ
 2話予告で更に楽しみ倍増。
相葉マナブでは音声も流れた部分

「 いたい 」

たった3文字の言葉に惹きつけられる摩訶不思議。
あぁ早く次が見たい
投稿者: [ 2014/04/22 00:18 ]
いいスタートがきれた
管理人さんいつもお世話になります。

幸先の良いスタートがきれましたね。
視聴率速報に「好スタート」の文字あり。

深夜の割におとなしいかなという印象はありましたが、原作の良さもあって評判はまずまずといったところでしょうか。

欲を言えば原作の奥深いところを視聴者が想像できるような演出をしていってほしいです。

大野さん。監視官の美玲ちゃんに罵倒されることに喜んでばかりいないで、悪魔くんと一緒に三人の息が合うようにしっかり頼みますよ(笑)

これから三ヶ月楽しみです。毎週見てコメント書かせて頂きたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/21 20:34 ]
いいね
普遍的で超越的。そんな印象を死神くんにもちました。

非人知的な死神くんが心優しい福子と触れ合うことで、少しずつ“人間”に興味を抱き、“情”を学んでいく。以前大野氏が演じた【怪物くん】の延長線上に位置付けられる作品だなと感じました。
キャラ付けは悪くはないけれどインパクトには欠ける気がします。なのであの台詞回しなのかと思いましたが、あれは好き嫌いが分かれそうですね。
個人的には有りだと思いました。

福子が自棄にならず、最期まで心美人で居られたのは死神くんの存在が大きいと思います。
最期の時間を有意義に使うよう助言する死神くん。命を狩る死神とは真逆ですね。面白かったです。
投稿者: [ 2014/04/21 18:59 ]
良かったです
視聴率にホッと胸を撫で下ろしました。良い作品なので年齢問わずたくさんの方に見てほしいです。
死神くん自身の謎も気になりますね。またひとつ愛しいキャラに会えました。3ヶ月間楽しんで見たいと思います。
投稿者: [ 2014/04/21 15:24 ]
良かった
深夜枠で その視聴率は良かった方ではないですか?とりあえず安心しました♪

リアタイ出来ず(泣)…先ほど録画を観ました。魔王のようなドキドキや感動、鍵部屋のような緊迫感と緊張感など、今回の死神くんには ありませんでしたが(今後少しずつ出てくるでしょう)深く考えさせられ 随所で見られたクスッとするシーンや、女子高生と死神くんとの価値観のズレ具合が微笑ましく…
最後…最期まで寄り添ってくれた死神くんは優しかった。死神手帳、事故現場で落としてしまったんですね…本当に最期まで一緒だったことに少し感動しました。
旅立つ時 彼女が笑顔で…泣けちゃいました。良かった



大野くんのドラマは…つい集中してしまいます(笑)
投稿者: [ 2014/04/21 14:03 ]
これ いいですね!
時々入る効果音、ホラーっぽくて、深夜感ありました。
内容は 心温まりつつ 最後は 来週につなげるあたりはいい流れですね。予告で 次回が今回以上に楽しみになってきました。
金曜日の夜は こういった 分かりやすい内容っていいと思います。ビール片手に くすっと笑える。
昨今 刑事もの推理もので 緊張するドラマが多いので こういったもの 久しぶりです。
大野さん いいですね。大野さんで成り立つ役だと思いました。
来週も 楽しみです。

投稿者: [ 2014/04/21 12:44 ]
あまり過度な期待をしないようにと思いながら視聴しましたがあっという間に引き込まれてしまいました。原作を読んでいなかったのが良かったです。

私も死神くんの台詞回しにはちょっと違和感を感じていました。もっと普通でいいのにと。録画したのを見返す内に色々気づかされることがありました。最初に登場した時は落ち着いた声でしたが、福子ちゃんに無視されて監死官に怒られた?後からあの話方になってきましたね。任務を遂行しようと仕事モードの話し方なのかな?ボートに乗る少し前あたりからまた落ち着いた話し方になってきたのは、今まで「人間は罪を背おった生き物、死は喜ぶべきこと」と教えられてきたのに福子ちゃんと接するうちにそれに疑問が生じてきたのでしょうか。これが本来の死神くんの話し方なのかなと思いました。心情の変化を話し方で狙って変えてきているのでしたら納得です。

ボートのシーンは何度見ても福子ちゃんが可愛くて。その福子ちゃんを見つめる死神くんの優しい眼差しに癒されます。「恐いから最期まで一緒にいて」と言う福子ちゃんに死神くんは約束を守ったんですね。若くして亡くなってしまったのは悲しいけど幸せな最期だったのかなと感じました。

次回は監死官役の桐谷さんにぶっ叩かれてましたね(笑)。お酒飲んでテンション上がった死神くんが楽しみです。視聴率にとらわれずこれからも良い作品になる事を願います。


投稿者: [ 2014/04/21 12:13 ]
深夜枠にも関わらず数字とりましたね。正直ここまで取れるとは予想外でした。
個人的には深夜テイストが薄味で物足りないです。ハートフルコメディなら子どもたちにこそ見せたいと思うのですが。この枠とズレている気がしました。
内容も王道過ぎて・・・もう少し捻りというかパンチが欲しいです。良く言えばほのぼの、悪くいえば単調。
ただ、松重さんの圧倒的な存在感が単調なストーリーに厚みをもたせていてさすがだなと思いました。
投稿者: [ 2014/04/21 11:53 ]
深夜枠では勿体無いという凄く上質な作品でした。子供とかにも見て欲しい内容ですね。
演出が映画監督なので長回しが多くて、大野さんの2分くらい宙に浮いたままセリフをいうシーンは大変だったと思うけどさすがの大野さん。
大原さんは映画1本しか出た事がないとは思えないくらい良い演技だし、あんな可愛い子がブスメイクをして体当たりで演じていたのを見て今後期待したい女優さんです。
桐谷さんのヤンキー言葉が若干気になりましたがこれから馴染むのかなって感じです。
最終回まで良い作品で終わって欲しいです。
投稿者: [ 2014/04/21 11:06 ]
優しさが拡がる
死神くんと福子ちゃんの優しさが心に沁みました。福子ちゃんの決断は勇気のいるものでしたね。
死は怖いものですが、隣で自分の内面まで見つめ、最期まで寄り添ってくれた死神くんの存在に福子ちゃんは救われたと思います。真実さんは直接福子ちゃんに謝れないこと、お礼が言えないことを、ずっと背負い後悔しながら生きていくことになるだろうなと思うと、少しやりきれない気持ちになりました。
投稿者: [ 2014/04/21 08:47 ]
自身の期待と好み?
大野くんの今回の台詞まわしは人によって、好き嫌いは確かにありますよね。でも原作漫画の死神くん、姿は子供で絵表情見て、私は思います、大野くん30才前後の設定役柄であり、でも話し方は絵表情をみて、計算してのセリフ回しているのではと感じます。時と場面によって声も話し方も変えて演じてると。喋らないときの目の動き表情凄い確かに凄いです。大好きですが、漫画故に怪物くんとかぶってもいけないと、喋ったセリフまわしが古畑さんにたまたま近寄ったのかも知れませね。でも大野くんは信念を持って役に挑んでいるので、人の評価に惑わされる事なく、監督さん達を信じてやり抜くと個人的に感じます。原作に忠実に作られた一話で、本当に福子ちゃんはじめ、キャストの皆さん良かったです。いつも思いますが、大野くんと共演する方がいつも以上に演技が上手見える気がするのは、やっぱり大野くんの出すぎず魅力ある演技が引っ張るのでしょうか。評価するのは楽ですが、あれだけ変わった役柄こなす俳優さん、少ないです。大変なご苦労あると察します。次回も楽しみ!
投稿者: [ 2014/04/21 01:55 ]
いい話でした
確かにそうですね。
交通事故現場近くに手帳が落ちていたってことは、
最後の最期まで福子と一緒に居てくれたってことですよね。

いつか真実は、角膜が福子のものであることを知る日がくるのかな。

死んじゃったのに、良かったねって思える不思議な作品でした。

出来たら福子の両親や真実にも、福子が満足して死んでいったことを
教えてあげたいですね。

次回は死神くんのリーマンっぷりが垣間見れそうで来週も楽しみです!
投稿者: [ 2014/04/21 00:19 ]
次回にも期待
一応、演劇方面に関わっているせいか、間とかテンポにこだわってしまう。
私的には役者さん方の台詞回しとか、台詞の間は凄く良かった。
テンポは前半微妙だったけど、後半はいい感じだと思った。
福子役の人は本当に上手かった。死神に怒った時の怒り方のフリや声の出し方とかが特に上手い。
泣くとことかも良かった。
死神くんを演じる大野さん。
私的にはあの喋り方が好きでないかも(汗)
でも、表情の出し方は流石。病院のシーンの目の動きとか、見守る微笑む姿とかは細かい変化で引き寄せられた。喋らない時の演技の方が好きかな。
桐谷さんは、最初に思ったのがキレるならもっと大きな声でキレて欲しかったかな。
キレてる表情は好きだった(笑)
主任さん、一瞬出ただけなのに、かなり自分的にはドキッとさせられた。恐ろしい物がそこにいるという存在感。第一話のスパイスって感じだった。
あのような役があるの、良い。

ドラマをハマったものしか見ない40代の母が面白かったと言ってたから、大人の人も楽しめるストーリーでもあると、私は思う。
自分はこれからもこのドラマ見守りたい。
悪魔役の人を交えての主要キャストとゲストによる"死神くん"を早く見てみたい。

ここの感想欄は高評価もあれば低評価もあって様々な意見が聞けて、自分も参考になってます。
色んな意見が聞ける、良い場所だなと思います!!
投稿者: [ 2014/04/20 23:40 ]
語尾上げすきです。
 ななこさんとほぼ同意見です。
おそらくあの話し方は死神としての営業用ではないかと思われますし。
 だから主任とすれ違った後のえ?とか素では話し方が違う。
若冲の時もあのナレーションの方が引きこまれましたけど・・人それぞれですからね。
 1話も繰り返して観るほど良かったけれど、予告がまた楽しみを倍増させてくれました。
 間違いなく6月まではこのドラマを観る楽しみ・喜びがあるので仕事も頑張れそうです。
 
 
投稿者: [ 2014/04/20 23:20 ]
それは残念!
死神くんのイントネーション、いずれ無くなってしまいますか?
それは残念。
実は、私はあの少し語尾を上げた時の響きが好きです。伊藤若冲の一番初めのガイド番組の時は、なんだか目の前で本を読んでもらっているような気持ちになって(…あの語尾あげの所で、視線が合う…みたいな!!)幸せでした。今のうちに楽しんでおかなくちゃ。

「怖いから」と言う福子ちゃんがかわいそうで…。その瞬間まで
死神くんがそばに寄り添ってくれていたって信じたいです。何か、死神くんのトボけたお話に笑っているうちに、その時が来たらいいのにな。
あの落としてしまった手帳。単なるうっかりなのか、それとも死神くんの、何がしかの心の現れなのかと思ったりしました。

ひとつだけ演出で残念と思ったのは、初めて福子ちゃんの前でふわりと浮いて見せるシーン。ズボンが攣れてしまって、ワイヤーの引く力がかかっている感じがわかってしまいますね。
細かな事ですけど、より自然な感じで見せてほしいと思いました。


投稿者: [ 2014/04/20 21:47 ]
いいお話ですね。
管理人さん いつもご苦労さまです。
楽しみにしていた大野さんのドラマが始まりました。
心になにかが残るとてもいいドラマになっていると思います。

原作はもっと深い部分があるようですが、このドラマは演者ではなくお話に焦点を当てているのがよくわかります。
原作の良さを生かした脚本であればファン以外の方も見続けてくれるのではないでしょうか。

今回のお話も良かったし次回も楽しみです。
若い女の子が不細工な女を演じるのは勇気がいるだろうに櫻子さんよく頑張りましたね。

大野さんの演技は今までとは違ったアプローチで少々戸惑いましたが、大野さんが持つ優しい心や純粋さを死神くんをとおして見せてほしいというのが演出側の意見なのかな。
人間じゃない役をすんなり受け入れられる大野さん。とてもまれな存在ですね。

次のデスノートの原案になった死神手帳のお話とても楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/20 20:39 ]
大切なこと
死をテーマとして据えているにも関わらず、終始穏やかな空気が流れているように感じました。
死神くんの醸し出す雰囲気が、重い空気を緩和しているのだと思います。
確かに展開は読めてしまいます。それだけベタな内容ではありますが、大切なことは昔も今も変わらないものです。

福子ちゃんの決意と覚悟は、ドラマチックに描き過ぎな気もしなくはないですが、だからこそ“心美人”と謳われているのですよね。
実際に余命を宣告されてあそこまで自分を保てる人なんていないと思います。18歳の女の子ならなおのこと。
それでも胸に迫るものがあり、心に響いてきたものがあります。私はそんな気持ちになれて幸せだなと嬉しく思いました。
これからも死神くんから発せられる大切なことを見逃さないように、心をまっさらにして見届けたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/20 19:34 ]
二回観た感想
一回目、間延びしたというか、つまらない瞬間もあって、
これは無名の女優さん故の引きの無さもあるのかと思いました。

二回目、家族で観賞。
福子が死んでからの展開に涙が出ました。
二回目で泣く?と自分でも不思議になりましたが、内容を
やっと噛み砕いてそこで沁みてきたのかなとも思います。

家族の感想(30代男)
・福子全然ブスじゃない。上村愛子に似てる(多少の上村愛子ファン)
・面白かった。展開がみえているのに泣ける
・演出、編集が良い

死神くんの語尾を上げるイントネーションは気になりますね。
でもこれは大野くんの癖で、NHKの若冲のナレーションの時は
かなりこの癖が強く出ており、とても苦手でした。
でも視聴者の声が届いたのか?次のナレーションからはその癖もなくなったで、
死神くんもよくなっていくかもしれません。
しかし今までのどの役とも似ていない役作りに感心しきりです。
次回はまた違ったテイストで楽しめそうですね。


管理人様、以前ご指摘があったこともあり、HNを改めます。
よろしくお願い致します。
投稿者: [ 2014/04/20 17:12 ]
メッチャ楽しみ!
 序盤から涙がとまりませんでした。大野君の自然な演技で本当に死神くんが存在してるように思えました。私が1番好きなシーンは死神くんが空を飛ぶところです。人間味あふれる死神くんのキャラクターが大好きです。
 桐谷美鈴ちゃんと死神くんとの言い合いのシーンも大好きです。美鈴ちゃんには、もっともっと罵倒してほしいです。<笑>
 演出もサイコーでした。私は今季のドラマの中で、1番面白いドラマだと思います。次回がメッチャ楽しみです。死神くんのために1週間学校頑張れます。
投稿者: [ 2014/04/20 16:50 ]
大野さんの死神くん、とてもステキでした。
管理人さま、いつもお世話になります。
久しぶりに投稿させて下さい。
最近、心境の変化があったので、以前の名前を変えさせて下さい。

死神くんと福子ちゃんの優しさを見て、私もとても幸せな気持ちになりました。
最初は営業マンみたいにマニアル通り話す死神くんが、福子ちゃんの悲しみを理解するにつれ変わっていくさまを、大野さんがとても上手に、自然に表現されていました。
この方のお人柄あっての表現力でしょう。
静かに寄り添ってあげるその言葉も、眼差しも優しく、死さえも恐れなくなるぐらい暖かい気持ちにさせられました。

恥ずかしいですが、自分も死神くんから一番美しいと言われるよう、綺麗な心でいたいなと思いました。
投稿者: [ 2014/04/20 16:41 ]
気になる
死神くんの話し方が気になってストーリーに集中出来ませんでした。古畑っぽい喋りは演出でしょうか?胡散臭くて合わないと思います。監視官との掛け合いもチープ感が強まり興醒めでした。来週もう一度見て視聴し続けるか決めます。
投稿者: [ 2014/04/20 15:46 ]
原作が、元々短編読み切りなので間延び感は確かに仕方ないかなと思うけど、淡々とした中にも温かさがじわりくるのは原作通り。

好きな男の子が出てきたり、死神くんとの交流が描かれてるのも福子のいじらしいとこ、嫉妬心もみえてチラリとスパイス効いてました。

福子の回は心温まる話だから、ハードさは必要ないですし。くすっと笑えてハートフルなドラマと聞いた時からほのぼの系なんだなと凄まじいハードルあげはしてませんでしたし。
ただ、監督が交替制らしいし、死神くんもその回の主人公に合わせて違うテイストでくるんじゃないかと変化も色々期待。

キャラがぶれるというより、死神くんも成長していく過程が見れるんじゃないかなと。
悪魔くんや、カラス、上司とのやり取りも増えるだろうし、先は楽しみ。
投稿者: [ 2014/04/20 14:44 ]
皆さんの高評価にちょっとびっくりですが、私は1時間が長かったです。そもそも死神くんのキャラが魅力的に思えなくて。
お子様向けな感じでこの時間帯。もう少し大人向けにアレンジしても良かったのに。いろいろ挑戦も出来る時間帯だと思うけれど。
ストーリーも原作が昔のものなので先が読めてしまう。説教くさいというか。1話完結ものみたいなので面白い回もこの先あるのかな?あまり期待せずに楽しみたいです。
投稿者: [ 2014/04/20 13:43 ]
原作への愛が見えたのでひと安心
原作ファンでした。
カラスがやたら喋ったり、死神くんが浮いて移動するシーンはどうするのかな、と思っていましたが、上手いことやりましたね。

大野君は体幹が鍛えられてるのかな?あまり吊られてる感じがしませんね。手の動きで フワリ と自分で飛んでるようにさえ見えました。しかし、カラスは随分かわいくなったなー。

原作では悲しい結末ながらも、死神くんの純粋さや頑張りで最後にちょっと希望のようなものが見える、そんなところが好きでした。そのせいでご都合主義的に見える部分もあるでしょうが、死神くんはそれでいいんです。ドラマもそこが根底にあるようなので、今後が楽しみです。人間の嫌なところもちゃんと出していって欲しいな。

次回は死神手帳のお話ですね。デスノートを読んだときに「あれ、この話どこかで…」と思ったのですが、死神くんで読んでたのか。今更ながらスッキリ。
投稿者: [ 2014/04/20 13:05 ]
やっぱりこの話は最高だなと、分かっていながらも同じところで泣かされました。心美人はこの作品が生み出した造語ですが、まさに福子はそれに値するね。想像以上に可愛かったのが残念かな。原作ではもっとブスでチビでデブなのでね。大野の死神も良かった。男なので顔に見惚れることはないから微細な表現には気づかないけれどあの身のこなしは本当に素晴らしいよね。重力を感じさせない、むしろ空間を操れるかのような動きには、
ハッとさせられた。
投稿者: [ 2014/04/20 11:51 ]
想像以上によかったです。不覚にも泣かされました。来週のほうが自分と重ね合わせられそうな気がするから、しばらくは見ていこうと思います。
投稿者: [ 2014/04/20 11:40 ]
余韻
死という重い題材ですが、見終えた後はあたたかな余韻に満たされました。死神くんの醸し出す雰囲気と福子の優しい心がそうさせたのだと思います。期待はしていましたが、またしてもいい意味で裏切られました。本当に引き出しの多い方ですね。主題歌もステキでした。嵐さんの楽曲が作品を彩ってくれていましたね。嬉しかったです。
投稿者: [ 2014/04/20 11:33 ]
引き込まれました
死神くんの世界にあっという間に引き込まれました。同じ女性として福子ちゃんにすごく同調しました。見のコンプレックスは誰しも抱いているものです。
死神くんと福子ちゃんのやり取りは、ほっこりとさせられました。
最初こそチグハグで無神経過ぎる死神くんにイライラもしましたが、福子ちゃんに寄り添ううちに徐々に気持ちが変化していく死神くんが印象的でした。
福子ちゃんを失い、すべてを悟った真実の心情を思うとやりきれませんが、彼女には前を向いてしっかり生きていってほしいなと思います。
次回は悪魔登場ですね。楽しみにしています。
投稿者: [ 2014/04/20 11:26 ]
原作ファンとしては内容を脚色せずにまっすぐに届けてくれたことに、胸を撫で下ろしました。30年近く経っても色褪せない秀逸な作品に込み上げてくるものがありました。死神くんの決め台詞には違和感が残りますがね…。監視官を女性キャストに擬人化したのは面白い設定ですが、もっと凄みのある方にお願いしたほうが良い気がしました。
投稿者: [ 2014/04/20 11:15 ]
泣けました
やっぱり大号泣でした。福子ちゃんの運命に納得できずモヤモヤしてしまいましたが、すべてを受け入れ歩き出した福子ちゃんは輝いて見えました。私もボートのシーン大好きです。福子ちゃんの嬉しそうな笑顔とそれを優しく見つめる死神くんが素敵でとても癒されました。願わくばそんな穏やかな時間が長く続けばいいのになと本気で祈る自分がいました。
素敵なドラマをありがとうございます。
投稿者: [ 2014/04/20 11:04 ]
ファンタジー
色々と突っ込みどころは多々ありますが、あくまでもファンタジーなので、目を瞑ります。
総括して良いストーリーだなとは思いましたが、やはり美談になってしまいますね。在り来たりなストーリー展開に若干退屈さを覚えましたが、死神の微細な心情の変化が面白かったので最後まで視聴しました。と言うか死神にも心はあるんだね。男の存在や監視官との丁々発止な掛け合いは蛇足だと思います。
投稿者: [ 2014/04/20 10:55 ]
カラー
死、闇、罪、暗黒の世界に身を置く死神くんなのに、私にはドラマ全体が暖色系の温かみに包まれているような感じに見えました。死神くんの瞳に守られて、死神くんの声音に包まれて。死の恐怖から自暴自棄になってしまってもムリはないでしょうに、福子ちゃんからはそうした投げやりな絶望感は感じられませんでした。安心感でしょうか。
生まれ変わったら心がキレイな人になりたいと言い切った福子ちゃんの満足気な微笑みに心打たれました。
投稿者: [ 2014/04/20 10:47 ]
瞳から目が離せません
大野さんのドラマではいつもそうです。リアタイで観た時は画面全体を見ていたので、正直言えばドラマ全体が少し薄い印象を受けました。死神君の特に前半の語り口調にもどこか違和感…
しかし、観返してみたとき気づきました。言葉以上に雄弁に語っているその瞳。気付いたあとはそこから目が離せなくなります。そしてその視線の先にいる福子ちゃんが不思議と魅力を増していくように感じました。後半は自然と涙が溢れ、私自身が福子ちゃんに寄り添っているような感覚に。
大野さんは今回の役柄について、「あくまでも死神君は主人公を見守る役」と言っていましたが納得しました。"存在感がない"と言われるリスクは多分にありますが、死神君が傍らにいることで主人公が輝くのだと。これからが楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/20 10:16 ]
引き込まれました。
気が付けば、1時間真剣に見ていました。
自分は悔いのないように生きているんだろうか、と
考えてしまいました。
福子さんにはもっと生きてほしかったけれど、
お友達が改心してくれたのが救いです。

死神くんの、一生懸命説明する話し方や様子、
福子さんを見守る優しさが感じられて
とてもよかったです。

次回はデスノートの元となった話ですね。
公式HPを見るまでは知りませんでしたが、
死神くんの連載期間(1983-1990年)を考えると
デスノートネタってそんな以前からあったんだなあと
驚きました。
投稿者: [ 2014/04/20 09:55 ]
変化する演技
死の宣告をするのはいいことと教えられていた新米死神くん。最初の登場ではうれしそうに話し正直ちょっとうざい。(笑)
福子に寄り添う事で感情が芽生え声のトーンもゆっくりと落ちついて表情の演技に変わっていきます。そして霊界のカラスに詰め寄るとこでは、素の死神くんになります。大野さんの演技は話や人、感情、時間によって変わっていきます。録画して演技が変わっていくのを見つけていくのが楽しいんです。次はどんな死神くんになるのかワクワクしています。
投稿者: [ 2014/04/20 09:50 ]
美しい心の持ち主
今回が初仕事だったのかな~。霊界で人間は死を喜んで受け入れると教わってきた死神くん。死亡予定者の福子ちゃんが嬉々として自分の話を聞き入れないことに戸惑う姿がおかしかったです。
明るい未来を夢見ていた福子ちゃんには受け入れ難い真実に、私も「福子ちゃんみたいないい子がなんで…」と納得できませんでした。
自分なりに現世にケジメをつけた福子ちゃんの優しさ溢れる生き様に涙が止まりませんでした。
マニュアル通りに仕事をこなす死神くんが、優しい福子ちゃんと接するうちに、情が湧いてあれこれ動く姿がよかったです。
慈愛に満ちた大野くんならではの死神くん。
3ヶ月間毎週会える幸せに浸っています。
投稿者: [ 2014/04/20 09:09 ]
やっぱりすごいな大野君♪
「おめでとうございます」と最初に福子と対面した際、福子に無視された直後の大野君の目線の動きや表情に感嘆です。上手いですね。流石ですよ。
ふわりと宙に浮かぶシーンも中田監督に絶賛されていましたね。
大野君は簡単そうにやってのけていたけど、あれは体にかなり負荷がかかるシーンらしく、彼の身体能力の高さをべた褒めされてました。
もちろん演技力についても安心して任せられる旨語っておられたようです。
実際、納得の演技でしたよね。視線を伏せたり、顎をちょっと上げただけなのに微妙な感情の変化を上手く表してて、すごいなあと鳥肌ものでした。
福子ちゃんとのボートシーンはほっこり。切ないけれど、優しい気持ちになれました。
死が迫っていても、あんな素敵な死神くんがずっと傍にいて見守っていてくれるなら不安なんて吹き飛んでしまいそう。きっと彼女は暖かい気持ちのまま昇天できたんじゃないかな。そう思いたいです。
一緒に見ていた高校生と中学生の息子も新鮮で面白いと絶賛でした。
来週は監視官にビンタされちゃうという貴重なシーンがあるようなので是非とも見逃せないですね(笑)。(大野君ごめんね)
投稿者: [ 2014/04/19 22:30 ]
大野さんの演技が、計算しているのにそう見せない所まで来てるんだと感動しました。しゃべり方含めて、本当に芸が細かい。語尾が上がるのが若干不満という意見もあるようですが、1話全体を見てれば、特にそう気にならないはずです。回を追えばそれも全く気にならなくなるのではないでしょうか。実に新米らしい死神くんでした。しかも本当に原作に沿った役作りをしている。あっぱれです。
投稿者: [ 2014/04/19 22:28 ]
優しさで溢れていました
福子ちゃんと死神くんのふたりのシーンは優しさに溢れていて見ていて癒されました♪
私が抱いていた死神のイメージはまったくなく、本当に優しくて温かくて…まるで天使のようでした(ファンフィルターですw)

福子ちゃんが現世に悔いを残すことなく、満たされた想いで天界に旅立てて良かったです(それでも生きていて欲しかったですが…)
死神くんの後押しもあるでしょうが、やはり福子ちゃんの持ち前の優しさが大きいのだろうなぁ~と。

これからの死神くんの仕事ぶりも気になります。
監視官に罵倒されてやさぐれる死神くんも可愛くて♪

あっ、ひとつ気になったのが、死神くんは主任の存在を知らないのでしょうか?
対面した時の不思議そうな顔を見て「あれ?主任であることに気づいてない?」と感じたので。

まだまだ謎がいっぱいなので、二話以降がますます楽しみになりました。
投稿者: [ 2014/04/19 21:12 ]
優しい 死神くん
大変面白かったですね

大野さんが死神くんをどう演じるか楽しみにしていました
最初はどういう設定なのか パーソナリティとか いろいろ
見どころ満載で緊張感がたかまりますが・・・
大野さんは いつもむづかしい役をすごい早い段階で 自分の物 にしてしまう。
今回も 見ているうちに え?とい感じもありましたが ストーリーが入ってきると それも気にしなくなっていくんですよね
第1回で 私の中ではハイクオリティになってきています
きっと回数を重ねるごとにそしてキャストが出そろった時には
どこまでハイクオリティになっていることか・・・

それに 大野さんは 身体能力がハンパじゃない!!
一つ一つの動作が 美しいから ドラマではありえない
スローなんてしてしまいます(笑)  

以前はアイドルは外見や努力なしで自分を大きく見せようと必死な人が多いと思っていましたが  
大野さんは いつも寡黙で きっちり想像以上のものを作り上げて自分の中の目標のために自分を追い込んでいく 物事に真摯な姿にいつも感動さえ覚えます
そしてけっして自慢することもない。

死神くんは規則まで破って 余命わずかな人に寄り添う優しい
姿に いろいろ勉強させてもらいます(笑)

俳優大野智さん次回も楽しみにしています。


投稿者: [ 2014/04/19 20:26 ]
これから
1話を観ました。これからが期待できるなぁっと思いました。

死神くんは、まだ手探りだったなと思います。語尾を上げたのは、死神感を出したかったのかと考えています。ちょっと浮世離れな感じを受けました。でも原作を知っているので、演出ならば不必要かなっと思います。原作の死神くんはそんな感じがしなかったので。
死神くんのキャラはだんだん固まってくるだろうと思っているのですが、大ちゃんは監督の演出に合わせていくタイプなので、4人4用の演出だとキャラがブレないか少々心配はあります。しかし怪物君も結局杞憂に終わったので、楽観はしています。

お話はよかったです。1回観た時は福子ちゃんの1番の望みが真美ちゃんのドナーになることに涙しました。今日、改めて観たら、真美ちゃんがどんなに謝りたくてももう福子ちゃんに謝ることができないことの切なさを感じました(亡くなった福子ちゃんが霊となって聞いていることは本人には分からないので)

知らず知らずのうちに互いに言えずにいたこと、気付かずにいたことが積っていたんだな。相手が目の前にいるうちに気付かないと、伝えないといけないんだなと思いました。

来週の予告を見た限りでは、違うテイストのように感じましたが、面白そうです。
これからに期待が持てます。
投稿者: [ 2014/04/19 20:03 ]
良かったです。
原作既読なのでストーリーの結末もわかっていたはずなのに
自然に涙がこぼれてしまいました。
福子ちゃんに感情移入しちゃったんですね。

ボートのシーンが好きです。
本当は好きな男の子と乗りたかったでしょうに・・
吹っ切れたように笑顔で死神くんと乗る福子ちゃん。
それを見守る優しい表情の死神くん。
優しい時間が流れてました。

きっと、一話ずつ心に残る好きなシーンが出てくるんだろうな・・
楽しみです!


投稿者: [ 2014/04/19 18:34 ]
さすがに
福子(の魂)と並んで宙に浮いているところでは、大野さんの浮きっぷりが自然で、これが監督の言っていた身体能力の高さか、と感心しました。

セリフ回しは、どなたかも指摘されていた通り、語尾が上がる部分が若干気になりました。そのせいもあってか、ちょっと古畑っぽくなってしまった箇所もありましたね。

しかしその言い方も、逆に、いかにもお仕事に不慣れな新米ならではの空回りしている部分を感じさせます。
「あ、コイツ新人だな」って感じる店員さんとかいるじゃないですか。ちょうどそんな若干イラッとする感じ、とでも言いましょうか。

死神くんの成長とともに、そういったトーンが薄れていくのであれば、自分の中では完璧です。

しかし大野さん、「ちょっとズレた死神くん」モードの時と、「寄り添う死神くん」モードの時とでは、声も佇まいも目の表情も動きも全く異なり、その辺はさすがですね。

大原さんもすごく良くて、思わず感情移入してしまいました。

カラスは、第1話の印象ではちょっとパンチが足りないかな。
もっともっと、死神くんに「けっ」という感じで接してほしいです。

最後に・・・関西の放送時間帯はキツイです。もはや金ナイじゃないですもん・・・。
投稿者: [ 2014/04/19 17:01 ]
心美人
死神くん期待以上でした。悲しみだけが残るドラマでは無く、心暖まるお話でした。

福子ちゃんが顔を気にする場面がありましたが、女の子っていう部分もあるし、角膜の移植をしたかったからというのもあるのかな?
だとしたら最後の最後まで友達を思える福子ちゃんはすごいな。
私だったら自分の為に3日使いきってしまうと思う。

死神くんは命の大切さはもちろん生き方も考えさせられるドラマだなと思った。この作品に出会えてよかった。

一話完結だけど今後の死神くんの成長も見守っていきたい。2話は美玲ちゃんの罵倒がたくさん見れそうで期待。悪魔との絡みも楽しみです。

投稿者: [ 2014/04/19 16:42 ]
面白かったです。
1話はダーク…ではない印象でしたし内容的にもよかったので深夜では少しもったいないなと思いました。

心が美しいってどんなことなのかはとっても難しいと思いました。

死神くんはだんだん人間に侵されてもっと面白くなりそうです。古畑さんみたいになっちゃうのもふわふわ浮いてるのも可愛いです。予告によると死神手帳は記述を消せば死を招かないみたいなのでデスノートより良心的だと思いました。
投稿者: [ 2014/04/19 16:24 ]
余韻
福子ちゃんの優しさに胸打たれ涙が溢れました。そんな福子ちゃんの幸せを願っていましたが、福子ちゃんが願ったのは友人の明るい未来。涙が止まらなかったです。でも清々しい笑顔を見れたおかげで、悲観的にならずに温かい余韻に浸ることができました。死神くんのおかげで、福子ちゃんも前向きになれたのだと思います。
投稿者: [ 2014/04/19 16:11 ]
待ちに待った第1話、良かったです。
まだ少々役作りに若干の手探り感が見受けられなくもないですが。あれが演出家の意向で、良しなのかな。
ただ各話で演出家が変わり、キャラもちょっと変わったりするみたいなことをご本人も言ってたので心配もしています。
あまりブレずに、できれば早く大野版死神くんを確立してほしいかな。

あと、ちょっと反応したのが、語尾上げ。私も常々気になってます。あれは直してほしいなぁ。ゲームのコールのくせですかね?(このドラマではないですが)ナレーションとかでもやられると、声やその他の語りが素晴らしいだけに、ちょっとがっかりします。(あの言い方がハマる場合もあるとは思いますが)
どうか演出の方が良しとせず、スル―せず、チェックしてほしいです。あくまで個人的希望ですけど。

一方、表情はこまやかで、さすが!胸に迫るものがありました。ホントにこの人は上手いですね!

福子ちゃん、メイクが珍獣ハンター入ってたけど、お芝居は想像以上に上手で感動しました。
来週のゲストさんも期待大!(どっきりで大野くんにホモホモした神保さんも出ますね)

心温まる、新たな代表作の一つに育ってくれることを願っています。
投稿者: [ 2014/04/19 15:51 ]
死を扱ったドラマなのに全く怖くなくて見終わった後も穏やかな気分でした。
大野くん演じる死神くんが優しい空気をまとっているからですね。
顔は綺麗だけど心は…の女性はまだ死ぬ時ではない。
顔は…だけど心が綺麗な女性は天からお迎えがくる。
死というのはこの世で十分に使命を全うしつくした人が天国という穏やかなところへ戻って行くのかななんて思ってしまいました。
そうは言ってもまだまだ死にたくはありませんが、このドラマを観て少し死に対するイメージが怖くなくなったかな…
1話完結なので第2話からはまたガラッとドラマの雰囲気が変わるのでしょうか?
投稿者: [ 2014/04/19 15:44 ]
期待通り
家族に原作ファンがいます。漫画の時代背景が古いしどこまで表現できるか不安でしたが、視聴後は満足だったようです。大野さんの演技自体は元々不安はありませんけどね。福子と死神くんがボートに乗ってる場面はほんと良かった。女の子だから顔に傷はつけないでと願う福子の言葉は死神くんに届いたのかな?病院で横たわる福子は綺麗な顔でしたね。見守り役の新米死神くん。嵐のリーダーとしていつもメンバーを優しく見ている大野さんに、この役はぴったりはまるなあと思いました。大野さんみたいな優しい微笑みの人が側で見守っていてくれたら安心しますね。このドラマは深夜枠もったいないです。子供にも見て欲しいなあ。次回も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/19 15:36 ]
新境地
死神くんの役に大野さん、すっかりはまっていました。
最初の少々とんちんかんな表情から、福子と接するうちにだんだん人間らしい感情を会得していく表情の変化が素晴らしく、やはり彼は天才じゃないかと思ってしまいました。
今回は無理せず楽しく演じられているとの情報がありましたが、大野さんの性格の多くを占める深い愛情、包容力がいかせる役であるからなのでしょうね。本当にいい表情があちこちで見られて、それがまたこのドラマの背景になっていて、かわいそうで悲しいストーリーであるのに、見終えて優しい気持ちになれるのだと思いました。
始まったばかり。。。しばらく死神くんに癒してもらえること、とてもしあわせに感じています。
投稿者: [ 2014/04/19 15:13 ]
第一話
死という難しいテーマを扱っていますが、原作が少年マンガのためか、重過ぎず分かりやすい脚本で良かったと思います。ストレートで響きやすいからこそ、多くの人に伝えられるんだと思います。

『人間は罪深い』と吐き捨てておきながら、死亡予定者に余命を宣告する意味。最終回までに明らかになるんでしょうか。

今後は悪魔も絡んできますし、楽しみです♪
投稿者: [ 2014/04/19 15:00 ]
ちょっと期待しすぎたかな…
来週に期待してます!
投稿者: [ 2014/04/19 14:40 ]
楽しみなドラマ
奥深くになんともいえないやさしさを感じる、魅力的なキャラですね。空中に浮かんでる佇まいが綺麗!来週も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/19 14:34 ]
役つくり
大野さんの役つくりはいつも本当に素晴らしいと思ってるので、今回の役つくりもどんな感じになるのかな~と、とても楽しみにしていました。
死神というと暗く怖いイメージですが、それをみごとに緩和し、敢えて少し軽めなしゃべり方で(古畑さん風?)親近感をがでて、でもシルクハットに黒スーツに合ったとても紳士的な上品さもあり、素敵な死神くんができあがってました。
ちょっと気になったことを言えば、死神くんのしゃべり方の語尾が上がってること(笑) 本来ちゃんとした話し手の話し方は語尾を上げるのはNGですが、大野さんは日頃からそういう話し方を時々してるので、役つくりに少し取り入れたのかな?(笑)
もう一つはBGMが大きすぎる部分と話声が小さすぎる部分があったことかな。
1話の話はよくある話でしたが、脚本もそつなく上手くまとまっていて、とても良かったと思います。1話ずつ独立した話で、次話への繋がりはないと思ってたので、、死神くんが手帳を落として次の話へ繋げる部分は上手くつくってるなと思いました。女子高生役の女優さんも上手でしたね。
投稿者: [ 2014/04/19 13:45 ]
辛口で失礼します
原作が短いお話なので、それを無理やり1時間ドラマに伸ばしましたという間延び感が否めませんでした。福子の人生にスポットを当ててストーリーを膨らめていましたが、余計な描写だったように思います。視聴者に、福子が【可哀そう、不憫、不幸】というイメージを植え付けたことで、福子の決断がより美談として強調されます。俗に言うお涙頂戴演出ですよね。原作は、シンプルながらにダイレクトに大切な部分を伝えています。余計な味付けは不要だと思いました。
投稿者: [ 2014/04/19 13:32 ]
1話感想
原作を読んでいないので1話に関してだけいうと、どうしてこの枠なのかな、と思いました。
内容的には直球のベタなストーリー。でも子供には見て欲しい内容です。
ただこの時間帯は大人が見る時間帯。そこでこの内容をやる意味は?と。
でも、このドラマは大人ははただストーリーに感情をゆだねるのではなく、自分を鑑みるドラマなのかな、と思いました。そう考えると色々思うところはあります。
余命3日と宣告されたら、自分はどう生きるか。
年齢が若い方がシンプルな3日を過ごせそうな気がします。
私など色々と業が深くてとても3日では綺麗にこの世を去れそうにありません。だからいつ寿命が来てもいいようになるべく良い生き方をしよう、なんて思ってしまいました。

そんな風に結構真面目に考えてしまったのは大野君の死神くんがなんだか妙なリアリティを持っていたからかもしれない。
あの佇まいが、表情が、元来の死神像とは全然違うけれど、ファンタジーとしてきちんと成立していた。なんでしょうか、あの不思議な空気感は。

それから福子役の大原桜子さん。ブス役でブスメイクでも可愛かったです。福子の心の美しさがもう表に出てしまっていました。でも元が可愛いからあれが限界だったんでしょう。演技がすごく上手いと思いましたが確か歌もすごくお上手なんですよね。これからが楽しみな女優さんです。
投稿者: [ 2014/04/19 13:19 ]
心美人
原作では対照的なふたりの友情が主軸となっていましたが、ドラマではそこに仄かな恋心も加わり、福子の心情描写が丁寧に描かれていて良かったです。
死神くんもだいぶデフォルメされていますね。もっと突き抜けた明るさがある印象なので、訥々と語る言葉が耳に残りました。
第一話から一番人気の高いエピソードを取り上げていたので、これから先は盛り下がるのでは・・・と危惧していましたが、次週の予告を見てその思いは払拭されました。
死神くんのパーソナリティな部分を描くようで楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/19 13:13 ]
期待しすぎたかな?
福子ちゃんの迫真の演技が凄い良かったです!

しかしながら死神くんのしゃべり方にチョイと違和感を感じます。
表情は深くて、いろんな事を物語ってる感じが本当に素敵!なのにセリフの言い回しが軽くて…
顔と声が合ってない気がするけど、慣れて来たらいい感じになるのかな?


とは言え、また来週が楽しみです!
投稿者: [ 2014/04/19 11:23 ]
ほっこり
死を扱っているのに悲劇的ではない、そんな温かみのあるストーリーにぐんぐん引き込まれてました。
死神くんが非情になりきれないのは新米故に?元来の優しさがあってこその行動、眼差しに見えました。誰もが死を恐れるものですが、あんなふうに本当の自分を分かってくれる人(死神ですけど)が最期まで寄り添ってくれたら安心感に包まれるだろいなと思いました。
次回も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/19 11:04 ]
生きるということ
死神くん見ました。
家族が原作の大ファンなので、少し心配していたのですが。
「マンガのドラマ化は本当に難しいけれど、うまくいった方なんじゃない」と、いつも辛口コメントばかりの人から言われたのでホッとしました。
リーダーは、これまではいつも見守られる役だったと言っていたそうですね。
でも、いつでも嵐のメンバーを見守っていましたから。
涙も知らなかった新米の死神くん。
色々ズレているのに、時に冷静で厳しくて、バカにされているような気持ちにさせられるのに、心に響く言葉をくれる。
こんなステキな死神なら最期の時まで一緒にいてほしいって思ってしまいます。

次回は某有名マンガのマンガ家さんに啓示を与えたとまで言われた作品らしいので楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/19 10:57 ]
原作が昭和テイストなので内容もベタですね。展開が読むてしまうので刺激がありませんが、最後まで引き込まれました。
実は、疲れ切った週末にはスカッとする痛快なドラマを望んでいましたが、こうした直球勝負のドラマもいいね。
肩の力を抜いてゆったり見ていこうと決めました。
桐谷ちゃんの怒声が可愛いよね。ハマりきっていない感じに、逆にそそられます(男性目線です)
投稿者: [ 2014/04/19 10:50 ]
死神くんの世界観にどっぷり浸りました。次回への伏線も張られ早くも楽しみで仕方ありません。
特殊メイクで体当たりの演技をした大原櫻子ちゃんの瑞々しい笑顔が輝いていましたね。彼女を気にかけ任務を遂行する死神くんもいい味を出していたと思います。
投稿者: [ 2014/04/19 10:42 ]
泣けました
私も容姿には自信がないので、福子ちゃんに同調しながら見ていました。卑屈になる気持ち、よくわかります。友だちを思い遣る優しい福子ちゃん。本当に優しい人は強い人だと祖母に教わりました。福子ちゃんは強いなと思いました。最後は悲しくて涙が溢れました。最初で最後の恋が実って幸せになって欲しかったです。
投稿者: [ 2014/04/19 10:32 ]
天使の微笑み
死神くん、想像以上に面白かったです。人間寄りな判断をしがちな死神くんが愛しくて愛しくて。また忘れられないキャラクターを生み出してくれたなぁと思いました。
ストーリーに意外性はなかったのですが、奇を衒う話よりも私にはスッと頭に入ってきて、愉しめました。
原作未読ですが、このエピソードは原作ファンの方々からの熱い支持を得ている人気エピソードのようですね。
福子の三つのやりたかったことの内容に、彼女の魂の美しさや心の綺麗さが表れていましたね。
やり終えた彼女の笑みはまさに天使の微笑みでした。
投稿者: [ 2014/04/19 10:24 ]
じんわり
派手さや華やかさこそありませんが、心がじんわり温まる優しい時間が心地良かったです。福子ちゃんの心の美しさを真っ直ぐ褒めた死神くんが素敵でした。真の友情を知った真実には福子ちゃんの分まで今度こそ他人に優しい人になってほしいなと思いました。
投稿者: [ 2014/04/19 10:16 ]
原作もちょっと読みました
金曜ナイトドラマ枠は時間も遅いことがあり色々遊び心のある枠なのでいつもチェックしています。

当たり外れの大きい枠ですが、1話を見た感じだとあまりブラックだったりひねくれた感じのない、どちらかというとほっこりするタイプに感じました。
原作が暗かったり救いのない展開はないのでこれ位がちょうどいいのかな。

原作が時代がかなり古く大丈夫かな、とも思ったけれどそこは上手にストーリーの軸は変わらず修正してくれていて安心しました。

まだ1話目でキャラクターなど固まりきっていないのもあるのかと思いますが、カラスの桐谷さんは可愛すぎてまだちょっと違和感です。
(原作を読んだ時に勝手にオスだと思っていたせいですけど)
でもあの可愛さであの罵倒はちょっと素敵なので回を追うごとにはまってくれればいいかなと思っています。
悪魔くんも原作とは大分趣が違うのでどうなるのか楽しみにしています。

この先大きく軸を変えず、優しい雰囲気のままのドラマとして死神くんが成熟していくのを楽しみに来週も見てみます。
投稿者: [ 2014/04/19 09:40 ]
悔いなく生きる
福子ちゃんは、凄いかわいい子ですね。
綺麗な友人の真実ちゃんと比較されてるにしても、いじめられたりする要素ないよなぁとか、ガチに思ってしまった。

しかし、心配なのは真実ちゃんだ。本当に大切な友人と気付いたのに失って激しく悔いてるのではとはと思うと…。

死神くんの台詞の言い回しは何だかミョーだけど、抑えた感じがいい。
原作のオイラ系の死神くんも可愛いけど、これだと怪物くんとかぶってしまいかねない部分もあるし、良かった。

カラスの怒鳴り方が、ちょっとだけ軽く感じたけど、コミカルな掛け合いならあれでもいいか。

あんな死神くんなら最期にいて欲しいかもですね。確かに。

一話完結だけど、ラスト次の話を見たくなる展開に持っていってて巧いなぁと思う。

手帳落としたり、カラスに殴られたり新米死神ドンマイ(笑)

一緒に視聴した家族も深夜帯勿体ないねと言ってた。やはりタイトル的にダメなのかな。

ゴールデンは、ミステリーや医療もの等が多い中、家族みんなでほっこり見たくなる系だと思うので。

でも、録画して土日に家族でゆっくり見るのもいいのかな。
投稿者: [ 2014/04/19 08:58 ]
面白かった🎶
とにかくボートのシーンが良かった。
優しさがあふれていて、子供たちにも見てもらいたいドラマでした。来週も見たくなるような終わり方で、上手いなと。
これからも金曜日を楽しみに仕事頑張ります!
投稿者: [ 2014/04/19 08:49 ]
いい意味で子ども向け
そう思いました。なぜ深夜帯なのだろうと不思議でした。
ストーリーもベタながら分かりやすくも大事な部分を描いていますし、死神くんのコミカルな動きや台詞回しも子ども受けがいいだろうし。
ナイトドラマだからターゲット層は大人だろうと思い、内容ももっとエッジを効かせたものを想像していたので、少し物足りないものを感じました。
ただ子どもたちというか、若い人たちに見てほしい安心できるドラマであることは間違いありません。
投稿者: [ 2014/04/19 08:25 ]
良かったです。非常に。
子供の頃、友人に勧められて、死神くんを読みました。でも、当時本当に小さかったので、何で死んじゃうのは福子ちゃんなの?死=罰・・みたいな考えだったので納得できず、辛くて全部は読めませんでした。長い年月を経て、今回ドラマになると聞いた時、『死神くん』は忘れていたけど、『心美人 』は覚えていて、是非見たいと思っていました。
良かったです。非常に。福子ちゃんが可愛くて、ホントに心美人でした。大野さんの死神くんは原作と形は違うけど、根っこはおんなじですね。死亡予定者に、死神として寄り添う姿がとても良かったです。細かい表情、空中を舞う姿勢・・・キャラクターを作る、生み出す事に長けてらっしゃる。本当に死神くんが存在する気持ちになりました。
来週もたのしみです。
投稿者: [ 2014/04/19 01:59 ]
待ち遠しかったぁ
良かった、最後は泣いちゃった
投稿者: [ 2014/04/19 01:42 ]
来週も楽しみ~
楽しみに待っていた甲斐がありました、またひとつ違う大野智さんに会えました、毎週金曜日が待ち遠しいです
投稿者: [ 2014/04/19 00:46 ]
ず~っとテレ朝
今日は朝からずっとチャンネルをテレ朝に合わせ大野くんの死神くんを見守っていました。
5歳の息子は死神くんがお気に入り(あの風貌が面白いのかなw)
テレビに映る度に画面に近づいていきます(*^^*)
死神くんはもちろん、脇を固める豪華な俳優さんたちがどのようにストーリーを盛り立てていくのか、本当に楽しみです。
各回の主役となるゲストの方々にも期待が高まります。

さぁ、いよいよ始まりますね!!
息子はすでに夢の中。旦那くんも先ほど帰宅し、間に合ったと嬉しそうにしながら身体を清めにいきました(旦那くんは役者としての大野くんが大好きですw)

私も今から晩酌用のつまみをつくり、万全を期してドラマを見届けたいと思います。

管理人さんのフラットでいて鋭い視点の感想も楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/18 21:56 ]
はしゃぐ娘
「今日はおーちゃんがお迎えに来てくれるんだよね」
朝から満面の笑みでそう言い家を出た小1の娘。今日という日を楽しみにしてたので、何回も確認するように聞いてきました。もちろん時間帯を考えてリアタイは不可能なので私たちのところには明日死神くんに迎えに来てもらいます。
投稿者: [ 2014/04/18 14:24 ]
ドキドキ
朝からドキドキして落ち着きません。関西在住なので、死神くんが我が家に迎えに来てくれるのは12時過ぎですが、明日も仕事がありますが、リアタイするつもりでいます。予告を見た主人が古畑っぽい喋りやったで〜と話していました。早く会いたいです。
投稿者: [ 2014/04/18 14:02 ]
今日は朝から たくさん番宣ありますね。
なかでも もうオンエア中ですが5年振りの「徹子の部屋」と、主題歌 初披露のMステが楽しみです。
Mステでは死神界の庭のセットの中で歌うそうで、ドラマの前に少しだけ雰囲気が楽しめそうですね。
死神くんも来てくれる?ようですが、いつ登場なのかな。
ドラマまで まだ半日もあるけど、楽しみな1日になっています。
投稿者: [ 2014/04/18 12:19 ]
いよいよ明日
秘すれば花・・・・大野君の生き方というか信念というか本質というか・・・そんな根っこの部分がこのドラマに奥深さをプラスしてくれると思います。
明日からの3ヶ月間、大野君の演技が楽しみだなと嬉しそうにしている主人とふたりで見守ります。
投稿者: [ 2014/04/17 08:35 ]
期待できそう
この枠の作品は良いものが多いイメージ。本作品は深夜枠にも関わらず豪華な制作陣で気合いが入っていますね。中田監督が生み出す恐怖感と主演大野さんが放つ異質感がうまくマッチすれば面白くなりそう。
投稿者: [ 2014/04/16 21:47 ]
複雑
初回放送まであと少し。楽しみな反面不安もあります。
実は死というデリケートな題材をコメディタッチに描くことに抵抗を感じています。
でもリアリティさを追求し過ぎて重い内容になってしまうと、見る人が絞られてきてしまうと思います。
ファンタジーとして気軽に楽しめればいいのですが…。
期待と不安が入り混じってしまい、怖いくらいです。
このマイナスな気持ちが杞憂であったと胸をなで下ろしたいです。

18日は背筋を伸ばしてしっかり見届けたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/15 18:32 ]
ちょっぴり不安
4人の監督さんが各話それぞれを担当されるそうですね。毎回新鮮な気持ちでドラマが楽しめそうです。ただ、監督さんの方針や好みなどがあるでしょうから、役者さんたちは毎回照準を合わせるのが大変だろうなと思います。また、死神くん自身のキャラのブレが生じそうで少々不安です。キャスト陣にはまったく不安はないので、純粋に楽しめたらいいなと思います。
応援しています。
投稿者: [ 2014/04/15 13:58 ]
テイスト
ドラマは4人の監督さんが交替で撮影するとのこと。回ごとにテイストがガラリと変わるのかなと興味が湧きました。この時間帯のドラマは比較的によく視聴するのでこのドラマも見るつもりでいます。
投稿者: [ 2014/04/14 15:22 ]
待ち遠しい
早く見たくてウズウズしています。大野くんの演技が大好きです。このドラマを通して、命の大切さや生きることのすばらしさをしっかり心に刻みたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/13 16:26 ]
4月13日情報解禁
あくまでも413という数字に拘りましたね。そんなところにも高い意識を感じて期待値が上がってしまいます。いよいよ今週末、楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/13 11:15 ]
興味深い
ニコさん、興味深い話をありがとうございます。
ラブストーリーも候補のひとつとしてあったのですか。見てみたい気持ちもありますが、大野さんのファンの方は免疫がない分、拒否反応を示す方が大勢いそうですね(笑)

死神くんをやりたいという前向きな気持ちを知った以上は、迷わず全力で応援するのみです。
金曜日が待ち遠しいですね。本当に楽しみにしています。
投稿者: [ 2014/04/13 09:36 ]
ちょっとネタばれ
テレビ朝日さんでは、死神くん以外の内容の候補があがってたそうです。
ラブストーリーとかも…!
だけど、大野さん側から死神くんをやってみたいとの事で決まったのだとか。
大野さん一人で決めたのかはわかりませんが、選択肢がなかった訳でもないんだなと。
事務所が、あれこれ選択したりはあるかもですが、仕事は本人のやる気に任せてると思いました。

コミックスも読んで見ました。第一話の心美人。主人公に感情移入しました。死を扱うけど、温かい気持ちになる話が多かったです。
大野さんのやりたかった死神くん、楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/12 15:47 ]
悲しくも温かい作品です。キレイなだけじゃない良質なドラマになりますように。大野は恰好つけじゃない、泥くさい演技も上品に魅せる役者だと思うから期待したい。
投稿者: [ 2014/04/12 11:28 ]
カウントダウン
管理人さん、お邪魔します。
心地好いサイト運営に感謝の気持ちでいっぱいです。

主題歌も発表され、ようやく予告スポットも見掛けるようになりましたね。初回放送日まで後一週間。早く見たいような見たくないような…ドキドキが収まらない状態です。
本日開催されたドラマ試写会に幸運にも友人が参加してきました。
内容には触れませんでしたが、ドラマも主題歌も期待して大丈夫だと言われ安心しました。…実はちょっぴり不安だったのです。
死とコミカルが結びつかなくて…私が堅苦しく考え過ぎなのでしょうが、命を扱うドラマにあまりギャグ要素を盛り込んで欲しくないなと思ってしまうもので。
普段は辛口な友人なので、その彼女の評価を信じて楽しみに待ちたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/11 22:14 ]
予告動画
ホームページで予告動画を見ました。
もうすっかり大野智は消えてますね。大原櫻子さんのメイクにもびっくりしました。あんなに変わるのか!と。スタッフだけでなく出演される役者さんたちの本気度も伺えます。放送がますます楽しみになりました。
が、悲しいかな、こちら関西。夜中の0時半スタートはいくらなんでも辛い。多分翌朝子供を学校へ送り出してからの試聴になると思います。
投稿者: [ 2014/04/11 08:50 ]
たのしみ
大野君は 小さな子供にも絶大な人気があるのに 深夜枠なんて ?です。
視聴率ではなく 録画率が高くなりそうですね。

グラビアでかっこいい死神をたくさん見て とても楽しみです。
心に残る作品になることを祈っています。
投稿者: [ 2014/04/09 16:30 ]
私も関西在住です
時間ズレると終了が、1時半近くに!遅いです。原作八巻購読しましたが、本当に本当にお子さま達にもリヤタイしてもらいたいお話ばかりです。確かに落ち着いて観れるし、ライバル?ない時間帯ですが、視聴率は業界は深夜放送であっても必ず対比して来るでしょうね、歌のお兄さんも良かったし私自身も気になるのが本音です。今の所、番宣もまだ少なく賑々しくなくても、もし、低視聴率になっても何れにしても大野くん、永久に応援します!
投稿者: [ 2014/04/08 21:59 ]
関西在住なので
通常放送よりも夜が深まる時間帯にズレ込みますが、必ずリアタイしたいと思っています。子どもたちにこそ見てほしい作品と表されているだけに、この時間帯での放送が不思議で仕方ありません。しかし、数字という不明瞭な評価に惑わされることがないと思うと肩の荷がおります。
この時間帯だからこそエッジの効いた濃い作品に仕上がっているのではと想像だけでわくわくしてきます。
投稿者: [ 2014/04/08 18:15 ]
注目しています
ドラマが本当に楽しみで仕方ありません。大野君のドラマは旦那くんも欠かさず見ています。ストーリーにも期待できるようなので、楽しみと期待とで胸が高鳴っています。大野君本人はあまり僕に注目しないでねと言っていたので、主軸である内容に着目して見たいと思います。
投稿者: [ 2014/04/07 11:31 ]
共通の話題
ドラマの予告スポットが流れているようですね。残念ながらまだ遭遇できていませんが、都内在住の娘が見れたようで、テンションあがっていました。テレビ誌で拝見した台本のシーンだったようで、娘の想像とは少し違った雰囲気だったとのこと。でも俄然ドラマが楽しみになったと嬉しそうに報告してくれたので、私も期待値がますます上がってしまいました。
北の大地に進学した息子もドラマが何よりも楽しみだと言っています。こんなふうに我が家は住まいがバラバラですが、こうして大好きな大野くんのドラマを通じて深く繋がっています。4月からの3ヶ月間が本当に楽しみです。大野くん、ありがとう。心から応援しています。
投稿者: [ 2014/04/06 15:02 ]
試写会
ドラマにも試写会ってあるんですね。私は情報に疎いので、此方に寄せられる皆さんのコメントや管理人さんの見解などを頼りにしております。
大野さんの繊細な表現に惹かれています。
見守る死神くんに早く会いたいですね。
投稿者: [ 2014/04/05 21:32 ]
死神くん完成披露試写会
 4月11日の金曜日に試写会ありますね。ナイト枠のドラマなのに、映画のようにテレ朝さん頑張ってくれてますね。
 原作がかなり評判がいいようで、話数もあるみたいなので…
ロングランで放映していただいて、本当に映画に突入出来るように願っています。
 大野さんはじめ、キャストのかたスタッフのかた応援しています。
 天使のような死神くん楽しみです。
投稿者: [ 2014/04/05 15:38 ]
番宣が少なくて淋しいです。ドラマも夜遅いから見ちゃダメだと言われています。やっぱり深夜ではなくてゴールデンで見たかったな。。。大野くんの演技がたくさん見たいです。
投稿者: [ 2014/04/05 13:23 ]
完走するために
秀逸なドラマは4つの柱があります。
第1に脚本。ドラマは約8割が脚本に懸かっているといっても過言ではありません。
第2は演出です。監督の手腕はドラマの出来不出来を左右します。
第3は音楽です。演出で視覚を、音楽で聴覚を刺激して、ドラマの世界観を拡げさせます。
第4に配役です。演技力なんて好みの問題です。個人的には大野智の演技は好きなので、見るつもりでいますが、要となる脚本演出が合わなければ視聴はやめるつもりでいます。
春クールは何作品完走できるかな。
投稿者: [ 2014/04/04 14:19 ]
ドラマは脚本次第ですが、キャストが魅力的だと作品がさらに輝きますね。死神くん、期待できそうです。
投稿者: [ 2014/04/04 11:43 ]
期待できそう
この時間帯のドラマは比較的によく見てます。緩く見れる割に内容がしっかりしてて良作ばかりでお気に入りです。大野さん主演は驚きましたが、愉しめる予感しかありません。
投稿者: [ 2014/04/03 14:03 ]
わくわく増幅中
ドラマ開始まであと2週間弱。楽しみで仕方ありません。ネタバレはイヤなので、原作未読のまま大野くんが作り出す死神くんワールドにどっぷり浸かりたいと思います。可愛い死神くんもかっこいい死神くんもたくさん観れたら嬉しいです。
投稿者: [ 2014/04/03 10:34 ]
射るような鋭い眼差しや、包み込むようなあたたかい微笑み。
狂気を秘めた心の脆さや慈愛に満ちた心の強さ。
大野さんってこの世のものではない、そういう世界を演じることが多いですね。
キャストの演技、脚本、演出すべてに期待しています。
投稿者: [ 2014/04/02 19:03 ]
あらすじ
第二話のあらすじも公式サイトにアップされ、早くも見たい気持ちが膨れ上がっています。社会問題にも切り込んだ深いテーマが各話内在されています。時代背景が変われど、人の本質は変わらないので、今でも心に響くストーリーだと思っています。第何話まで用意されているのかは分かりませんが、毎週しっかり受け止めたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/02 14:13 ]
Mr.BAKE≠死神くん?(^^)
森永BAKE新CMの大ちゃんの衣装が、死神くんとリンクし、またその声は麗しい超低音ボイスで。カッコいいんだけど、やっぱりちょっとクスッとさせられる。(森永さん、狙ってますかw)
死神くんの声は、どんなだろう?立居振舞は?表情は?
動いて話す死神くんを、早く観たいな。
投稿者: [ 2014/04/02 11:17 ]
413号
先ほどのコメントにタイトル入れ忘れてしまいました。。。申し訳ありません。
投稿者: [ 2014/04/02 10:53 ]
大野くんファンなら「惜しい」と思ったのではないでしょうか。我が家は大野くんファンの息子と一緒にドラマに向けて盛り上がっています。息子のクラスでもこのドラマに期待を寄せている友だちが多いようで、改めて嵐人気に驚くばかりです。
怪物くんのような痛快さはないでしょうか、心に沁みる上質なドラマに仕上がっていると信じています。
投稿者: [ 2014/04/02 10:51 ]
死神くん…父が中学生の時に夢中になって読んでいたそうです。
数十年経って実写化されることにとても驚いていましたが、いい話だからお前たちにこそ見てほしいと言われました。
大ちゃんファンなので必ず見ますが、内容的に素晴らしいとのことなので、たくさんの人たちが見てくれたら嬉しいです。
嵐さんに興味がなくても、見る人の心に残るドラマになると確信しています。
投稿者: [ 2014/04/01 21:37 ]
深み
公式HPの麗しい死神くんに娘以上に浮かれています(笑)
大野君のすべてを包み込む懐の広さが笑みに深みを与えていますね。この笑顔だけで救われる気がします。大野君のシリアスな演技も大好きですが、コミカルな演技も大好きです。死期を迎えた人たちとの交流をあたたかく見守りたいと思います。
投稿者: [ 2014/04/01 14:11 ]
大野さんのドラマは妻に付き合わされて見てきたけと、脚本がいいよね。丁寧に練られているなと思います。そこに大野さんの魅力が合わさってスパイスの効いた佳作になっているように感じています。このドラマも妻と見るつもりでいますよ。
投稿者: [ 2014/03/31 12:50 ]
おっと
主題歌:嵐 だね。
大野さんの歌声に注目してたので、ソロでないのが少々残念。
主要キャストのメンツは良さそうだから、ドラマ楽しみにしてるよ。
投稿者: [ 2014/03/29 23:50 ]
期待と不安
管理人さん、お邪魔します。
いつも有り難うございます。
キャストも発表され、ドラマの輪郭がぐっと鮮明になりましたね。
公式HPもオープンし、いよいよはじまるという感じがして、胸がドキドキしています。

主人が取り寄せた原作も先に読破し、ドラマに対する期待度もアップしました。
どのエピソードが扱われるのかも興味がわきます。

命がテーマなので、原作に織り交ぜられているギャグがどこまでドラマに盛り込むのかも気掛かりです。コメディ要素とシリアス面の匙加減が難しいですね。

ドラマが本当に楽しみで仕方がありません。主人とふたり、金曜日の夜はしっとり過ごしたいと思います。
投稿者: [ 2014/03/29 20:51 ]
待ち遠しいです
大野智の死神くん、どんな感じになるのかな?命がテーマのようなので、演技も演出もコミカル過ぎなきゃいいけど…などと、既に上がりきった期待値のハードルを下げるのに必死です(^^;)

私が大野くんの連ドラを初めてちゃんと見たのは「怪物くん」。原作を知っており、子供向け番組だからと家族の目を避けて録画で見ていました。特に印象深かったのはお年寄りの回でしょうか…。彼の演技を見て涙が止まりませんでした。その時、(失礼ながら)「マンガの登場人物そのままのヘンな格好なのになぜこんなに泣けるんだろう」と苦笑いしたのを覚えています。嵐を知って間もない頃でしたが、この人の他の出演作も見てみたいと思った出来事でした。

大野くんは普段バラエティーを見ててもマイペースでおよそ芸能人らしくないというか…一般人に近い印象を受けます。それが、ドラマを演じると雰囲気がガラっと変わるのでそんなギャップに惹きつけられてつい、見てしまいます。今作もまた違った顔を見せてくれるのかな?期待は膨らむばかりです。

こちらのサイトに絶え間なく投稿されるコメントを読み、待ち遠しさを皆さんと共有しているおかげでストレスは半減です。管理人様、いつもありがとうございます(*^^)
投稿者: [ 2014/03/29 15:26 ]
駆け抜けてね!
怪物くんと似通ってるなぁと思っていたら、本人もそう感じていたとは(笑)でもきっとまた唯一無二の素敵なキャラが誕生することでしょう。大野さんの演技に惹かれて間もないので、リアルタイムにドラマを見れるのは初めての経験になります。なんだかそわそわと落ち着かない日々ですが、皆さん同様に楽しみが膨れ上がって今にも破裂しそうです(笑)旦那くんにはまだ始まっていないよと窘められる始末w
力ある素晴らしいスタッフさんと共演者さんといいチームワークで3ヶ月間駆け抜けて欲しいです。
投稿者: [ 2014/03/28 14:34 ]
愛くるしい
どんな役でも大野智が透けて見えないのはとても凄いことだと思っています。でもどのキャラクターも愛くるしく思えるのは、大野くんがもつ人としての可愛らしい部分が滲み出るからだと思います。この死神くんも大野くんの可愛らしい部分が自然と出ることで、よりキュートな死神くんになることでしょう。そうした無自覚の天然の可愛らしさは大野くんの強みだと思います。ドラマ期待しています。
投稿者: [ 2014/03/28 13:59 ]
雑誌で見かける死神くんがどれも可愛くて仕方ありません。大人な大野くんに淡い期待を寄せていた娘はいささか不満気な表情を浮かべていますが、可愛いい死神くんに心揺れている模様。
泣ける話ばかりなようなので、次の日は親子揃ってヒドい顔をしていそうです。楽しみが待っている、それだけで生活が彩られますね。大野くん、ありがとう。応援しています。
投稿者: [ 2014/03/28 12:51 ]
天然系死神(笑)
管理人さん
いつも拝見させていただいてます
多大なご苦労をお察しします

テレビ誌に掲載された死神くんの第一話のシナリオ

とっても天然系で
思わず笑ってしまいました
だって部屋の隅っこで
(本棚の上)カニを殻ごとバリバリ食べる死神((゚Д゚ll))

でもなんでもやりきってしまう智くんだから
QUTEな死神ビジュアルでカニをバリバリが
とってもシュ-ルで

写真観て、実際に動いてる姿を想像して、思わず笑ってしまいました(笑)

撮影は極寒のボートの上や、逆にスモークのため密閉された蒸し暑いスタジオだったり

前回の鍵部屋の長~い早口セリフを考えると

本人は楽んでやれてるみたいですが

ドラマが始まると一切外食しないので

死神くんがどんどん痩せていかないように

ちゃんと栄養摂って
頑張ってほしいです
投稿者: [ 2014/03/28 09:22 ]
すっごくワクワクしています
おーちゃんのドラマが楽しみです。歌おに堕ちなので、続編を熱望していましたが、新しいドラマで新しいおーちゃんが見れるのはやっぱり嬉しいことです。おーちゃんには余計なことにとらわれずに楽しくお芝居してほしいので、ナイトドラマで思いっきり弾けてほしいな。
監督さんのこれまでの作品をみるとニガテ分野ですが、おーちゃんの癒やしオーラで中和してほっこりした後味に浸れたら最高です♪
投稿者: [ 2014/03/27 21:03 ]
台本ネタばれ
テレビ雑誌でちょっと台本ネタばれがあって興味深かったです。
人間の死に関わる死神くん。見守る役ですが、新米です。
多分色々失態したり、その度上司や監査役カラスにガミガミ言われたりして成長していくんでしょう。

死神くんなのに、雑誌で何故か天使グラビアとかうたってて、どういう事(笑)?と思ってたけど。

台本ネタばれのセリフで少し分かったような気がします。
何だか何も知らない無垢な雰囲気って感じ。任務は与えられてるけど、自分が実際やる事の本質はわかってないような。

不器用な人間達と関わる事で死神くんも熱を持ってくるのかな。

死を扱うドラマだけど、コメディ要素が入ってくるとわかってたので、温かい気持ちで視聴出来ればいいな。
投稿者: [ 2014/03/27 18:38 ]
とても楽しみにしています。智くんが死神なら迎えに来てほしいなんて思ってしまう程、大好きです。死期の世界をあまり信じていないのでファンタジーとしてドラマを楽しもうと思っています。美玲ちゃんとの丁々発止な掛け合いも楽しみです♪
投稿者: [ 2014/03/27 11:18 ]
テレ朝のドラマで大野くんが見られるのが凄く楽しみです。
原作は見たことないけどテレ朝のドラマはその役にきちんと合った人を使うイメージなので期待大です。
投稿者: [ 2014/03/26 16:56 ]
本当に楽しみです
管理人さん、新記事ありがとうございます。

実は私も衣装の改変を強く望んでいました(笑)死神にそんな要素が必要ないことは百も承知なのですが、スタイリッシュな大野くんを画面で拝みたかったのです。でも今となってはこのままのスタイルで良かったなと思うようになりました。大野くんの演技が堪能できる3ヶ月間が訪れることに感謝しなくては!と思っています。


死というダークな世界観にどこまでコミカル色を織り込んでくるのか、演出にも期待しています。桐谷さんのような目鼻立ちのはっきりした美人さんに叱咤される死神くんが楽しみです。そして死神くんがどのように死期を迎える人々と交流を図り、最期を見届けるのか、一話一話大切に噛みしめるように見守りたいと思います。
投稿者: [ 2014/03/26 13:01 ]
改変
大きめの蝶ネクタイに黒いハット。女性Pのクールで色気ある〜の言葉に期待が膨らんでいたのですが、衣装の改変はなかったようですね。少し残念です。兄には色気ある死神ってあり得んとバッサリ切り捨てられ、ますます凹みました(。-_-。)やっぱり素敵なおーちゃんが見たい‼︎それでもドラマは楽しみです(*^^*)
投稿者: [ 2014/03/25 10:39 ]
映画化
原作は小学生の時に夢中で読んだものです。ドラマ化と聞いて
今更何故?
随分古い作品を映像化するんだな。
と不思議でした。
一度アニメ化されてた記憶があります。自他共に認める画力の乏しさにアニメ化は浸透せず…。
だったらドラマ化だ!ってとこかな。安直だなと思いましたが、スタッフ陣を見て
成る程、映画化が視野に入ってるのか
と妙に納得です。

死神くんはほぼ宙に浮いた状態だけど、CGかな。アニメチックなCGで学芸会みたいに安っぽい作りにならなければいいけど。
大野ならまた実力で当たり役にするかもね。
投稿者: [ 2014/03/23 21:21 ]
大野くんなら素敵な作品にしてくれると信じています。可愛い死神くんに会える4月が待ちきれません。
投稿者: [ 2014/03/23 12:51 ]
ざわつく心
1分弱のメイキング映像をひたすらリピートしています。
今まで聞いたことのない声音に心揺さぶられ、鷲掴みにされました。
かと思えばポテポテという効果音がつきそうな可愛い歩き方に癒やされたり…達観しきった穏やかな笑みに切なくなったり…感情を掻き乱されています。
本編に備えて心を鍛えます(笑)
投稿者: [ 2014/03/21 08:41 ]
ひたすら楽しみ!
大野くんの連ドラ、すっごく嬉しいです。毎週大野くんの演技が見られるなんて、感謝しなきゃと思います。
テレビで少し流れたドラマの映像の中で、「理解に苦しみます」っていう台詞が今までにない感じだなと思いました。
異色キャラものが多いイメージが付いてるけど、個性的なキャラの方が大野くんの演技で新しい発見があるのが楽しいです。こんな声!こんな表情!この抑揚!みたいな。とにかく楽しみ!
投稿者: [ 2014/03/20 18:48 ]
期待
管理人さん、スレ立てありがとうございます。

ドラマが始まるまでは静観していようと思っていましたが、皆さんの熱く深い想いに触発され私も仲間に入れてほしくなりました。


念願だった大野くんの連ドラに浮き足立っています。テレ朝さんは丁寧にドラマを作られるイメージなので安心しています。原作もとても評判が良いですね。期待値が上がるばかりです。
一番嬉しかったのは、それを大野くんが演じることに好意を示してくださっている原作ファンの方々の声です。大野くんは芸歴に比べてドラマの主演本数は多くはありません。
けれども多くの方が大野くんの実力を評価してくださっています。嬉しいですよね。
決して近道をしてこなかった大野くん。どちらかといえば感覚派だとは思いますが、その実力の裏には血の滲む努力があってこそです。


この時間帯ならアイドルには無縁の大人な男性の方々も見れますよね。
俳優大野智を知ってもらえるいい機会になると思います。
兎に角ドラマが楽しみで仕方ありません。
投稿者: [ 2014/03/20 18:09 ]
あらすじを読んで
管理人さん いつもご苦労さまです
このサイトは安心してお邪魔できます ありがとうございます

さて 管理人さんのあらすじを読んで 原作未読の私として
   なぜ、福子が死ななければならないのか、
   死神くんはどんな役割を残りの3日で福子になすのか、
大変興味が沸きました
 
毎回のゲスト演者は一体どなたが訪れていただけるのかも楽しみですし
何より実は 松重さんと大野さんの絡みに
今までの大野さんの出演ドラマにない
新しい化学反応が生じるのではないか、と期待しています
投稿者: [ 2014/03/20 14:41 ]
新記事アップ有難うございます。死神くんに会える4月が待ち遠しいです。ブラックファンタジーということなので、ホラーが大のニガテな私も安心して見れそうです。
投稿者: [ 2014/03/20 13:27 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング