Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【4/1視聴率】リッチマン、プアウーマンinニューヨーク SP 小栗旬主演 15%超 

リッチマン,プアウーマン DVD-BOX
ポニーキャニオン (2013-01-09)
売り上げランキング: 915

『リッチマン、プアウーマン』が2013年春にスペシャルで帰ってくる!徹(小栗旬)と真琴(石原さとみ)が徹の部屋で期間限定の共同生活!2人の遠距離恋愛の行方は?
2013/04/01 21:00-23:24
【視聴率】15.3%
レギュラー放送視聴率
【出演】
日向 徹 小栗旬 本作の主人公。29歳。IT企業「NEXT INNOVATION」社長。
澤木千尋 石原さとみ 本作のもう1人の主人公。23歳。東京大学理学部4年生。
朝比奈燿子 相武紗季 朝比奈の妹で、千尋の恋敵。25歳。レストランのチーフ・シェフ。
朝比奈恒介 井浦新 社長。36歳。燿子の兄。
大地真央 佐野史郎 浅利陽介 舞川あいく
【スタッフ】
【脚本】安達奈緒子
【プロデュース】増本淳 関口大輔
【演出】西浦正記
【音楽】林ゆうき



あらすじ
冬のニューヨーク。Next Innovation社長、日向徹(小栗旬)は、パーソナルファイル管理システムに必要なHDDを調達するため、海外にある工場を視察していた。タブレットPCで同時通訳しながら責任者と話す徹。ここにある全てのHDDを買いたい、と話すが、責任者には冗談としか思われない。
一方、エステル製薬で働く夏井真琴(石原さとみ)は、新薬開発プロジェクトの発表会で登壇していた。堂々とプレゼンを終えた真琴は、すぐにタクシーに乗り込み、徹との待ち合わせ場所タイムズスクエアへと向かう。目的地に到着した真琴は、早く逢いたい徹が見当たらずイライラする。そこに背後から声がして…。
ある早朝。オフィス街のコンビニから出てくる男がいた。男のネームカードには朝比奈恒介(井浦新)の名前。出所した朝比奈はサーバー保守点検を請け負う会社で働いていたのだった。帰宅した朝比奈が、自宅アパート前で野良猫をかまっていると、妹・燿子(相武紗季)がやってきた。
ある日、勤務先のブラジルでリオのカーニバルがあり1週間休暇になった真琴が帰国してくる。真琴は久々にNext Innovationを訪れて、安岡倫哉(浅利陽介)、小川智史(中村靖日)、立石リサ(舞川あいく)ら、懐かしい面々に再会。その後、滞在中の宿を探すから、と早々に帰ろうとするが、周囲の人たちからの勧めもあり、徹の家に泊まることになるが…。
感想
6ヶ月ぶりに、スペシャルとして再登場したこのドラマは、男女の距離感をテーマに、流れるような展開で変化するビジネスの世界も多少描きながら、気楽に楽しめる作品になっていたとは思う。
日向徹曰く、面と向かって、会うことが一番理解が進めというビジネス的な感覚とは違い、恋愛上のパートナーとして近づきすぎると、どうしても、反発しあう真琴と日向。そして、日向にとってもう一人大切な仕事上のパートナーであった朝比奈は、出所し、日々見えない未来に、そして自分に希望を失いながら、惰性で生活していたように見えた。真琴は行き場の無さから、日向の家に転がり込んだが、その生活スタイルに真琴流が入り込んだ時、彼の家は、変貌してしまう。確かに極端な描き方だけど、「自分の部屋」が「二人の部屋」に変化するって、こういうことなんだろうな。そんな中で、互いのなかなか踏み込めない領域まで、踏み込んでしまう二人。なんでも言い合っていいと思った二人にも、簡単に超えられないものはあった。けど、そんな中でも違いを想い合う気持ちは、アメリカの地で、二人を結びつける。多くの二人の思いを見守り続ける気持ちが、LINE?やメール、そして、燿子の言葉で、強いパワーになって二人の心を結びつけるところはなかなか、心地いい。
日向のもう一つの側面、ビジネスについても、自分の思いの中にあった「OSHIIRE」という言葉をヒントに、彼の思いつきは彼の中で大きな形をなすけど、人がついてこないことに悩む。彼の中でひとつ芽生えた打開策は、朝比奈だったけど、それも受け入れられない中で、悩み苦しむ日向の大胆な打開策は、提携相手の一つの出来事から、日向が見せた逆転の発想で、「パーソナルファイル」が進みだすことところは痛快だった。明るい未来が見えた時、人の心が再集結して、朝比奈も立ち上がり、再び日向のパートナーになっていくところが心地いい。人は心取り戻すことができるけど、誰かがいたからこそ、それが可能になった!僕も、ついつい伏し目がちになってしまうけど、そんな僕がかいた文章を読んでくれた人が、前向きになってくれたら、僕も救われる思いがしたりする。人は人とつながることで生かし合って、生きたい!そう思わえる内容だった。真琴と日向の生活は、なかなか困難な道程のようにも見えるけど、続編ありるのかな。あるなら東京でしっかり描いてほしい。
関連記事


>
2013/04/02 22:14 :Category:【小栗旬】CRISIS 信長協奏曲 コメント(7)
やっぱり、良かった。2人の掛け合いが絶妙で話の展開も飽きがこないし是非是非続編じっくり練って今年の年末のSPお願いしたい。スタッフのみなさん・キャストのみなさん大変でしょうが作るなら「今でしょう」
投稿者: [ 2013/05/06 08:45 ]
絶対続編熱望
こんな大好きなドラマは久々でした。
あのふたりの間が大好きです。今回のスペシャルはもう8回観ました。まだ、飽きません。
絶対、結婚して欲しいし、あと数回もめて欲しい…

投稿者: [ 2013/04/14 18:03 ]
ビジネスの面でも面白い!!
コメント見てると男の人の書き込みが意外と多くて、とても嬉しいです。どんな方法でビジネスを展開して、人を説得していくのか見応えがあります。ファンの中に経営者もいるのがわかります。NIが世界有数の企業に成長するまでまだまだ掛かりそうなので、シリーズ化を期待してます!!

今回も"帰ってきたくなるような戦い方をしてやるヨ”"お前の為なら変われる”“好きならいいんだ”・・・心に突き刺さる名言が多すぎです。

脚本とは違う11話で完全にやられちゃいました。SPにもやられちゃってます。特に今回は真琴の泣きながらいうシーンに涙が滝です。

投稿者: [ 2013/04/06 22:05 ]
日向徹はハマリ役!
脚本も良く、レギュラー視聴者を裏切らない出来に仕上がってましたね。
とにかく"あの二人"の空気感に「あーコレコレ(笑)」と観ていて笑顔になれました。洗面台のクマちゃん…タオル柄のチョイスももナイスで(笑)寝袋真琴も可愛かった(笑)

数時間のN.Yデートとか…女性が憧れるシーンも盛り込まれてて、何よりやっぱり小栗クンの肉食な日向徹がハマっててイケてたし、石原さんの真琴もスゴク可愛かったです。そしてラブだけでなく、パーソナルファイルの話にもあっと驚く展開があり見応えがあったのも大きいかと…満足です。

少し長いかもと思ってたけど丁寧に描かれてて、気になる登場人物のその後(耀子とシェフのラブ進行!?)も知れて嬉しかったし、朝比奈にはやっぱり日向の隣りで不敵に微笑んでいて欲しかったので、二人が並んでるだけで嬉しくなりました。二人とも格好良い!

冒頭、連ドラのおさらいVを結構長めに流してくれて、スタッフの熱量もちゃんと感じられました。(N.Yロケも素敵でした)

ファッションショーさながら、披露宴の洋服を日向が選ぶ(プリティウーマン的な)場面はベタだし(笑)よくあるシーンですが、敢えて入れてくれた事が女性として嬉しかったです。本当にあのピンクが一番真琴に似合ってたなぁ!
ラスト、最終回の最後のシーンに繋がるトコロも違和感なくスッキリしてて好かったです!

安達さんの脚本、自分はやっぱり好きだ~と確信に変わったので、また彼女の脚本の作品が観たいです。このリチプアチーム、キャストも皆ハマってて好きでした。

続きを描こうと思えばできる題材ですが、このままスッキリ終わった方がいいのかな~とも少し思います。
いい意味で今回ハードルが上がってしまったので、やるなら半年はスパンを空け、じっくり脚本を練って戻って来て欲しいです。

とにかく、恋愛モノが少なくなってドラマの数字も厳しい中、真っ向からチャレンジしてくれたスタッフさん達、キャストの皆さんありがとう!
徹と真琴の王道ラブシーンにキュンキュンしました。切ない感じも好かったです。

また恋愛ドラマが増えたらいいな、と思えた作品でした。日向徹役、小栗クンの新境地を魅せて貰えました。石原さんの真琴も、連ドラ最初の方はちょっとイライラする場面もあったけど、真琴はこんな女の子なんだ…と途中思えたら、何だかスゴク可愛いキャラに見えてきました。恋愛モノの月9…またいつかガッツリ帰って来て欲しいです。

長文失礼しました。
投稿者: [ 2013/04/06 19:16 ]
やっぱりいいですね~!!!
久しぶりの二人でしたが相変わらずで笑
それでも二人がしっかり前を向いて進んでいる成長がみえてとてもよかったです!!やっぱり魅力のある二人です!!
徹の「別れよう」からは真琴の気持ちがわかりすぎて泣きっぱなしでしたが
二人を応援してくれるみんなの後押しもあってハッピーエンドでよかった!!
私も続編希望派です!!
投稿者: [ 2013/04/03 23:21 ]
ハートの鍵
帰宅が遅れて中盤から見ましたが、それでもしっかり楽しめました。
「おお、やってるやってる」最初からいつもの調子だったんだな。そんな感じが十分伝わってきました。まああのふたりなら、世界中どこへ行ってもあのまんまだろうけど。
未来を見据える強力なビジョンがありながら、まるで女心の分からない徹、斬新な発想と人並み外れた記憶力を持ちながら、コンプレックスの消えない真琴。誰よりお互いのことが気になるくせに、顔を合わせれば気持ちの探り合いばかり。
恋愛のいちばんおいしいところ=出逢ったばかりの頃のせつなさを、これほど長い間引きずっている「天然記念物カップル」。以前真琴はあの能力で起業してCEOになるのかなと思いましたが、違いました。彼女の最大の武器は飾り気も背伸びもない「無垢な感情」なんだ。
そして、あの潤んだ大きな瞳でこちらをまっすぐ見つめ、男のハートの鍵をこじ開けてくる。

キャラクターは満点以上。SPなのでお話は合格ラインで十分と思っていた。でも、なんとこっちもやられました。パーソナルファイルをオープンソース化ですか、やるじゃない。
規格を先に公開して、その中で自分たちも切磋琢磨、レールを敷いた方が覇権を握る。リナックスですね。そしてメイドインジャパンにもできなかった「日本発」にこだわってくれた。
ひとつだけ将来に注文、オープンソースということは世界標準です。セキュリティには十〜分気をつけてね。なんたってお国の情報を預かるのですから(ハッ、これでもう一話・・)。

ブルックリンで拳をぶつけ合おうとした朝比奈をかわす徹。もうそんな歳じゃないって事?
残念、これもハズレました。拳は彼の「完全復活の日」にとっておいたのですね。
投稿者: [ 2013/04/03 20:03 ]
日向さん かっこよすぎ
最初 ニューヨークの設定が、花男を思わせたけれど、スペシャルにしては、きちんと内容があったし、まとまっていて良かったです。

日向の他を受け入れられない心を、あの部屋が象徴していて、その中に ガラクタを持ち込む真琴が可愛かった。


別れてしまった時は 泣けて仕方なかったけど、「俺は お前の顔が見たかった」の台詞に また号泣。

息子も「日向 かっこよすぎる」と 尊敬の眼差しを送ってました(笑)


また 続きがあれば 絶対 観たいな~。

投稿者: [ 2013/04/02 18:35 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング