Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【火22視聴率】幽かな彼女 香取慎吾主演  

幽かな彼女オリジナルサウンドトラック
井筒昭雄
インディーズ・メーカー (2013-06-05)

公式サイト
霊感体質の中学教師が、元熱血教師の女幽霊とともに学校の問題に立ち向かうラブコメディー。
【出演 相関図】
神山暁 香取慎吾 小原南中学校に新しく赴任してきた社会科教師
アカネ 杏 『メゾン羽生』304号室に住む女幽霊(地縛霊)
前田敦子 国語教師/暁が受け持つ3年2組の副担任
林邦彦 北山宏光 英語教師/3年1組副担任/小原南中学の卒業生
真矢みき 副校長
岩名誠司高嶋政宏 体育教師/3年3組担任・学年主任
【スタッフ】
【脚本】古家和尚
【プロデュース】木村淳
【演出】白木啓一郎
【音楽】井筒昭雄
【視聴率】
01話 13/04/09 11.8% 「先生は情熱ナシでも霊感アリ!?」
【脚本】古家和尚 【演出】白木啓一郎
02話 13/04/16 10.2% 「中学生にも経済格差!?」
【脚本】古家和尚 【演出】白木啓一郎
03話 13/04/23 10.7%「芸能界の罠!14歳の覚悟」
【脚本】古家和尚 【演出】白木啓一郎
04話 13/04/30 11.6%「教師は意味ある職業か?」
【脚本】古家和尚 【演出】白木啓一郎
05話 13/05/07「体罰、という言葉の魔力」
【脚本】古家和尚 【演出】星野和成


【第1話】
教育に対する情熱を失いかけた中学教師の神山暁(香取慎吾)は、小原南中学校に赴任。新しい学校でも、相変わらず冷めたスタンスで、生徒、教師、保護者にも「適度な距離」を心がける。そんな暁が引っ越しした新居は、同僚の林邦彦(北山宏光)と同じマンション。そしてそこは幽霊が出るとうわさの部屋だった。引っ越しした夜、暁はさっそくその部屋の地縛霊・アカネ(杏)に襲われる。だがまったく動じることなく、あっけなくアカネを撃退。実は暁は、幽霊が見え、話もできる「霊感体質」。そのせいで幽霊たちにつきまとわれ、うんざりしていたのだった。だが、自分の姿が暁に見えると知ったアカネは大喜び。構ってもらおうと堂々と姿を現すようになる。
一方、小原南中では、新任の副校長・霧澤和泉(真矢みき)に始業式で厳しく注意された生徒の母親が「全校生徒の前で我が子が恥をかかされた」と学校に乗り込む騒ぎが起こる。暁のクラスでも、生徒の相田拓途(神宮寺勇太)の不登校が問題に。暁は副担任の河合千穂(前田敦子)から、拓途が学校を休みがちになった理由を聞かされるが、生徒に深く関わる気はないと、いつもの冷めた態度で対応する。
ある日、暁が帰宅すると、アカネが友だちの浮遊霊・吉岡(佐藤二朗)と、その彼女メグミ(上間美緒)を勝手に連れ込んでいた。3人の話から、生前のアカネが熱血教師だったことを知る暁。そんな中、不登校だった拓途の緊急事態を知らせる電話が入り…。
感想
神山暁の心の中にある小さな炎、消えそうで消えないその暖かさに、地縛霊・アカネの熱が伝わった時、凍っていたからだが、自然と動き出した。彼の心を縛っていたが、あのアカネの熱い心は、相田拓途に思いを向かわせた。
「俺はお前のことを見ているぞ」と言った神山の心に嘘偽りはなく、あの時あの瞬間、彼のこころは気紛れで動いているのでもなかったように思えた。僕の友人にも、教師はいるが彼のうちから出てくるのは、いろんな不満だったりするんだよね。仕事量が多く本当に時間がなかったりするらしい。保護者、職場環境も含め、なんともやりきれない気持ちになりながらも、教師を続けている。何で教師になったんだ?とアカネに聞かれた時、彼の中での過去の事件が蘇りながらも彼は動いた。そしてそこに、もう一人の相棒が現れた。なんともファンタジーな展開だったが、けど、なんとなく心地良かったんだよね。人が変わっていくスタートラインが見えただけでも。彼の熱き心が、周りの教師たちをどう変えていくのか?も注目してみていきたいかな。それに、あの弁護士だった副校長の手腕が重なるとどうなるのか?二人の化学反応も期待したいような気がした。それにしても、今の親って、学校にあそこまで任せっぱなしなことを平気に言うのかな?自分の子供を平気で、あそこまで教師というか他人に委ねようなって、感覚がわからない。けど、拓途も神山がつながっていると訴えかけた。
「お前の顔を見ていれば、わかる」という爺ちゃんの言葉がシンクロした時、大きく変われた。
話は意外とスッキリして見やすいし、人といいつながり方をしたいと思わせるドラマになれるのかも期待!
【第2話】
暁(香取慎吾)のクラスの岡本香奈(未来穂香)と京塚りさ(山本舞香)が、体育教師の岩名清二(高嶋政宏)に呼び出された。香奈がロッカーに隠していた校則違反の私物が岩名に見つかり、そのほとんどがりさから預かったものだとわかったのだ。
りさは岩名に私物を没収されるが、取り返してみせると言い放つ。政治家を父親に、PTA会長を母親に持つりさは、校長の日野衛(春海四方)も逆らえないのをいいことにやりたい放題のトラブルメーカー。そんなりさを怒らせてしまっては、大変なことになるに違いないと千穂(前田敦子)は頭を抱える。
その夜、暁の部屋に数学教師の大原操緒(濱田マリ)が強引に押しかけ、林(北山宏光)や千穂も招いて暁の歓迎会が開かれることに。そんな中、操緒が教師たちの心配の種になっている話を持ち出す。和泉(真矢みき)が突然、小原南中の全校生徒に教師への評価を書かせるアンケートを実施すると言い出したのだ。生徒の評価など気にしないと強がりながらも、教師たちは何を書かれるのかと戦々恐々。そんな一同を、密かにうたげに加わっていたアカネ(杏)はあきれ顔で眺めていた。
翌日、評価を上げようと、あからさまに生徒のご機嫌を取る操緒や林ら教師たち。だが、岩名だけは「教師なんて、嫌われてなんぼ」と厳しい態度を変えようとしない。そんな折、学校にトラブルをもたらす、ある人物が乗り込んできて…。
感想
このドラマの解決法は、思いの外、考えられてるんだな。ショック療法でも、説教解決でもない。第三の道にも見える生徒のことをほんとうに思ったやり方なのかもしれない。直球ぶっこんで、昔みたいに「先生!」って言うことではない。今の学校の状況から、静かに、一滴一滴のしずくのように、大地に潤いを与えるような神山の考えぬいた対応の仕方が興味深いドラマだ。
一度大きく失敗して、生徒を傷つけてしまった彼だが、心の中に残されている彼の本気が、新たなる手法で、生徒を救うことを考えた。あの考えに行き着くって、ホンキで生徒の考えないと思いつかない。先生の評価に対する生徒アンケートを見ながら、笑みを漏らす副校長も、まさかアカネと関係があったとは思いもしなかったが、彼女が副校長にかなりの影響を与えたことも後半の物語につながってくるのかも。それにしても、副校長のりさの母親に対する対処の仕方は、痛快だった。思いの外、あの手法は、考えさせられるところがある。彼女が何故に、副校長という身分で、この学校に入り込んできたのか?知りたくなる。
神山と和泉の両輪が、この学校をどのように変えていくのか?そして、アカネが見えてしまう少女森野、なにか闇を持っていそうな千穂となかなか神山のまわりにいる人々は、興味深く化けてきそうだ。タイトルからあまり期待してなかったドラマだったがが、予想外すぎるおもしろい作品に思えてきた。
次回も大期待!
【第三話】
部屋に押しかけてきた小夜(森迫永依)がアカネ(杏)の存在に気づいていたことを知り、驚く暁(香取慎吾)。小夜も実は暁と同じ“霊感体質”だった。小夜は、アカネが部屋に縛り付けられた“地縛霊”ゆえに一歩も外に出られないと聞いて同情。アカネを自由にするため、力になりたいと申し出る。翌日、学校では、生徒が書いた教師の評価アンケートをもとに、和泉(真矢みき)が教師たちを面談することになり、林(北山宏光)や千穂(前田敦子)らは騒然。一方、暁は抜き打ちの持ち物検査が生徒たちの反感を買い、授業すらまともに聞いてもらえない。そんな中、暁は生徒の柚木明日香(広瀬すず)が落ち込んでいることに気づく。明日香はモデル志望で、これまで何度もオーディションを受けてきたが不合格ばかり。それをクラスの女子生徒たちが「身の程知らず」と笑っていることを知り、傷ついていたのだ。暁は声をかけようとするが、教師の仕事をつまらなそうにこなす普段の態度を非難され、「見ててイライラする」と厳しい言葉をぶつけられてしまう。そんな折、明日香に芸能プロダクションのスカウトマンを名乗る冬木健(渡邉紘平)という男が近づき…。一方、小夜のアドバイスで外に出られるようになったアカネは、さっそく繁華街に出かけ、久しぶりに見る街の景色に大ハシャギ。そんなとき、冬木と並んで歩く明日香を見かけ、冬木の背中にまとわりつく不気味な影に胸騒ぎを覚えるが…。
感想
神山に
「自分に見えていることだけで物事を決めつけちゃうのはつまらない。」
と言われてしまう柚木明日香。中学時代、とか思い出すと今生きてる自分の僅かな部分しか見えてなったのかもしれないなとか思いながら、彼は「まだまだ見えてないことだらけだ」と言い放つ。その言葉は、彼女に言ってる言葉かもしれないが、彼自身にも言ってることで、それを口にした瞬間、彼も少しずつ何かを取り戻しつつあるんじゃないかと思えた。そう言われると、あの時よりも僕も見えることは多くはなったが、まだ見えてないことも多い。それの中を、すこしずつ歩みながら、だれもが生きている。柚木もどこか父親や神山の生き方をバカにしていたように、もう一人、何者でもない教師、河合の正体を見透かしていた生徒たち。担任教師がどういうスタンスかって、生徒たちにとっても、重要な事項なので、真剣に見ているので、ああいう評価になってしまうのは、なるほどと思ってしまう。そんな河合に、一度だけ辞める前に、生徒たちにありがとう先生といってくれることをしろという霧澤副校長の意図は、彼女の中にある何かを自ら感じさせようとしているのかもしれないのか?
人間やり直しは、自分次第で、何度でもできる。けど、彼女の中にある何かに気づかないと、他の道に進んでも、彼女の中の何かは変わらない。こういう言葉も、アカネと副校長の間にあった言葉と関係するのだろうか?
このドラマ、大きく曲がるカーブを投げたり、ストレートを投げたり、スライダーだったりと、話のパターンが少しづつ違ったりしているけど、3話はストレートだったりする。しかし、今回の神山が一番今の等身大の彼なんだろうなという感じはするんだろうな。2話は、多少な難しい変化球を投げていたからこそ、面白い球だと思ったけど、それを毎回投げ続けるのは無理があったりもする。脚本家も肩を壊してしまうから、色々と球を投げている感じか?すこしずつ変わりつつ生徒とともに変わりつつある神山。彼が変えた相田や香奈も人と積極的に関わり、変わっていく。自分が真摯に相手に対して関われば、相手も鋭く反応する。人を変える先生になりつつある神山、そして変わることを求められた河合、その二人に、関わろうとするアカネと霧澤。そして生徒たち、そして学校はどう変わるのか?岩名が生徒たちに認められていたように、彼らはいつも先生たちを真剣に見ている。
【第4話】
生きていた頃の記憶をよみがえらせたいというアカネ(杏)に頼まれ、学校に連れて来た暁(香取慎吾)。だが、アカネは何も思い出せない。そんな中、アカネは偶然すれ違った和泉(真矢みき)に何かを感じる。
同じ頃、林(北山宏光)が顧問を務めるダンス部に問題が持ち上がる。部員たちが、新歓オリエンテーションで披露するダンスのメンバーから、踊りが一向に上達しない藤田ともみ(上白石萌歌)を外すと言い出したのだ。林は反対するが取り合ってもらえず、おとなしいともみも何も言い返すことができない。
そんな折、和泉の提案で、部活の顧問を試験的に民間のコーチに委託することが決まった。顧問の負担を免れ喜ぶ教師たち。だが、部活に熱心に取り組んできた林はショックを受ける。そんな林のもとにともみが現れた。ダンスの自主練習に付き合って欲しいというのだ。
林と毎日特訓に励んだともみのダンスは徐々に上達。だが、まだ自信がないと不安げなともみは、ダンスを始めたきっかけを林に打ち明ける。勉強も運動も苦手で、昔から自分に自信が持てなかったともみは、成績が学年トップの葉山風(柴田杏花)に話しかけられ、自慢できる友だちができたと喜んでいた。ところが、つまらない人間だと風に疎まれ、「自分を変えたい」とダンス部に飛び込んだのだ。
「頑張れば、人は変われる」とともみをやさしく励ます林。その姿を見かけた千穂(前田敦子)は、林に冷ややかな視線を送り…。
感想
林先生の前向きな姿勢好きだな。河合先生から何を言われようが、それでも、前を向いて今できることを出来る力で、一歩一歩やっていこうとする力が好きだ。そんな林先生と接しながら、神山先生も、日々教師をやっていく中から考えていく、意味あることが全てではない。意味が無さそうなことも価値はあるのかもしれない。進路指導をしていく中で、塾という存在があり、そこの教師たちは即断すると聞いた時、彼の中で、ひとつの思いが浮かんだんのかもしれない。進路指導って、進学する高校をアドバイスするだけではないのではないかと!けど、僕も長く生きてると「意味のないことにも価値がある」というのには少し違和感があるんだな。「意味のないことは何もないし、価値あることだらけだ」とか思う。自分が色々やった経験は、自分の生き方につながっていくし、意外な時に力になってくれる事は多々あった。僕ならそう語りかけたいと思いながら見てしまう。あの踊りが一向に上達しない藤田ともみが自分に価値がないと思ってしまうし、そんな自分の変化を周りは邪魔をしてくる。そんな彼女を前回の柚木明日香は、周りを見れる女性になったのか?神山にそっと彼女に関わって欲しいと囁く。自分も神山先生たちの力を借りて、変われたんだから、彼女にも一歩踏み出してほしいと言う思いが、彼女自身は関係はないと言いながら、そう言わせたのかも。まだふわりとした手応えなのかもしれないけど、何かを感じながら、神山は、藤田を見守ると、語りかける感じがこのドラマも真骨頂かも。この感覚が、見たいから、このドラマを見たいんだよね。ひとりでもいいから自分のことを見ていてくれる、感じていてくれるって、前に踏み出す、変わることの大切な力になる。意味が無いと言われた進路指導に、目に見える結果だけじゃない、自己満足といわれるかもしれない価値!それを手探りで探そうとしだした神山。彼だって、生徒たちと関わることで、その宝の山かもしれないものに気づいていく過程もいいな。このドラマは、本当に一滴ずつ、心に訴えかける価値あるドラマだよ。
【第5話】
 体育教師の岩名(高嶋政宏)が、暁(香取慎吾)のクラスの藤江俊介(萩原利久)から体罰を訴えられた。俊介は岩名に殴られたと訴えるが、岩名はこれを否定。だが、事情を聞こうとする和泉(真矢みき)に岩名は何も話そうとしない。学校に現れた俊介の両親に、和泉は俊介から事実を聞き出して欲しいと求めるが、息子を疑うのかと怒らせてしまう。  翌日、体罰のうわさは広まり、相次ぐ抗議の電話の対応に追われる教師たち。教室では、ともみ(上白石萌歌)が俊介を避けるような風(柴田杏花)の態度に気づき…。  そんな折、教育委員会の轟木庸一郎(加藤虎ノ介)が学校に乗り込んできた。轟木は、マスコミが騒ぐ前に事態を沈静化させたいと、岩名に生徒との接触を禁じる。 俊介のケアを命じられた暁と千穂(前田敦子)は面談を行うが、俊介の話は曖昧で要領を得ない。 まもなく行われたPTA説明会の席で、新聞記者でもある俊介の父親は、体罰があったと認めない学校を徹底的に追及すると決意を訴え、保護者たちに協力を求める。暁は岩名に真実を話すべきだと促すが、岩名は口をつぐんだままだ。  一方、腹の刺し傷を小夜(森迫永依)に見せるアカネ(杏)。小夜は暁に相談するよう勧めるが、なぜかアカネはちゅうちょする。そんな中、暁にともみから風のことで相談があると電話が入り…。
関連記事


>
2013/05/01 10:01 :Category:【香取慎吾】 コメント(40)
驚くほど丁寧
これ、オリジナルドラマなんですよね。原作がないのに珍しく面白いです。
視点がすごい。
副校長の的確な言葉が実に爽快。
文句を言いにきた保護者を一刀両断。いや~拍手。気持ちよかったなァ
でも、そんな親をはずかしいと言う生徒に、どんなにみっともなくても子どもを守りたいのが親だと諭す。ハッとしました。
よくありがちな、善と悪に分けない部分がとてもいい。
誰もが悩み、誰もが守りたいものがあり、立場がある。
だから衝突するし、問題は山積みになる。
そこが描かれている点が、他の学園ドラマにはない気がします。

それと、持ち物検査ひとつ急にやれないなど、中学校での問題点を明確に捉えているなァと感心してみています。
部活動に費やされる時間が多く、教師の負担になっている部分を民間の講師を雇うことで改善しようとする点なんて、地味な話しになりそうだけど、現場の職員にとっては、本当に大きな問題で、家庭を持っている者は、平日は遅くまで、土日も取られて家庭崩壊寸前というのも現実多いのです。

先生方のキャラも、実に上手い。
前田さんのような先生、現実にいますよ。若くて綺麗で生徒に人気だけど、実は毒舌。ミニははいてないけど(笑)
香取さんのような、やる気あるんだかないんだかの先生も。
教師に信頼なんかよせていない生徒も。
すごくリアル。
杏さんたち幽霊はキュ-トで和みますね。リアルな中に、笑いをくれます。
過去に何があったんだろう
死んでしまっているのだから、どれだけ願っても後悔しても変えることができない。
過去のトラウマを抱えながらも生きている香取さん演じる神山先生は、小さな変化でも現実に変えようとすれば変わることができる。
ただ、ほんの少し勇希が出ないだけ。
その相対さが少し切ない。

派手さはないけれど、とても好きなドラマです。
投稿者: [ 2013/05/04 09:57 ]
幽かな…の意味
今回で副校長とアカネの関わりが見えてきた感じですね
副校長の戸惑いながらアパート前に佇む様子が明るい関係ではなかったような印象を感じさせます
その辺りこれから楽しみな展開の1つかな
学校ものはやはり
先生vs. 生徒vs. 生徒の構図が集中的に描かれますがそんな子供に育ててしまった家庭や親にももう少し踏み込んで作ってほしい気もする
その点で二話目は管理人さんの感想に共感できます
神山の対極に河合をおいているようだけど実際あんな意識の先生を国家資格で作り出す今の教育現場は子供たちを救いなどしないだろうなと思う

それにしても前田さんのいつも台詞を言うときの伏し目と口が全く動かない表情 演技に自信ありません といってるようなもんですね
周囲が実力者ばっかりだから浮いて見えます
投稿者: [ 2013/05/03 08:28 ]
再度、失礼します。
すみません、もう一つ書き忘れました。

高嶋さん扮する体育教師の岩名先生がダンスの時間に
模範演技をするシーンがあったのですが、そのダサダサぶりが
あんまりにも上手で、感心して、3回も見直してしまいました。

学校のダンスの授業が教育過程に組み込まれたのは
ここ数年なので、本当の体育の先生も現場では
あんな感じなんだろうな~と、演出を考えた方々にも拍手です。

ごくごく個人的には
「あ、センター長が踊ってる!!!」…でした。

来週は岩名先生にスポットのあたる週です。
非常に楽しみにしています。
投稿者: [ 2013/05/02 13:07 ]
2度目の投稿ですが・・・
前田敦子さんは苦手な存在の方で秋元Gはsmapがらみが多いので
今回も余りいい気持ちはしておりませんでした。
が、先出の方も言われていましたが妙にリアリティがあって
この若いやる気のない先生役にピッタリはまっているなと
感心しております。

杏ちゃんもいい感じ。
あの似合わない可愛い洋服がうれしくてしょうがない感じや
香取君とのカラミも自然です。
(体の大きさも数少ないバランスのとれた相手ですね。)

ドラマの内容もちょっぴり笑え、ちょっぴりホロッと、
ちょっぴり考えさせられ、じわじわ感じることの出来るいいドラマだと思います。

『幽かな彼女』という、タイトルがちょっと内容と違う印象を
与えてしまうのかな〜。
始める前はもっと、おちゃらけ度の高いドタバタしたものかと思っていました。




投稿者: [ 2013/05/02 09:58 ]
いい感じです。
ここのところ非常にストレスの多い日々だったので、
しばらくこちらに書き込むのを控えていたんですが、
若干、緩和されたので復活します!!

本当に感動して、笑えて、楽しめるいいドラマだなぁと
思います。

私は、ムダに変な経験を積んでいるせいか
「意味のない(ように見える)ことでも、価値がある。」
のセリフに、う~ん、なるほどなぁ、と唸ってしまいました。

そして、意外や意外!
前田敦子さんの、あの可愛い声でぼそぼそっとしゃべる
無気力な感じが役に非常にピッタリハマっています。
このドラマになくてはならない存在になっていますね。

香取さん、いい味出してます。
投稿者: [ 2013/05/01 21:12 ]
所詮は、金魚鉢の中
2話で副校長が採ったアンケートをもとに、3話では彼女による各教員の尋問(苦笑)が始まる。校長、ドンマイ♪(笑)そんな中、暁は自分なりの方法で、一人ずつクラスの生徒に向き合い、彼らの心を掴んでゆく…ゆったりではありますが、やや母性的な展開がいいですね。ただ、報連相の描写は入れてほしいかな(苦笑)



親も生徒も、副校長含む教師も自分の視点からしか物事を捉えられないもの。初回から頭ごなしに“無能教師の集う学校を自分が改革してやる”という気概が溢れんばかりの彼女にちょっと辟易してましたが、岩名先生や暁を長短両面で捉え、自身の誤りは撤回してくれて良かった。一人の情熱が組織を善導するのかもしれませんが、独りでは何も出来ませんからね。これで最後まで視聴できそう。



そして、実は…常人には見えない世界が見えている暁こそが、いつの時代にも必要で、けれど現代では失われつつある大切なものに最も近い人物なのかも。この先、亡きアカネの理念が、暁と副校長を繋いでいくことになるんだろうけれど…さぁ、どうなるのでしょう。何のために生きるのか。それがわからぬままに仕事をする大人をみていたら、何のために勉強をするんだと子供が思うのは当然で…。その“何のため”を、生きている大人達と不成仏霊のアカネがどんな風に答えてくれるのか、またはお茶を濁して終わるのか…非常に興味があります♪
投稿者: [ 2013/04/26 16:47 ]
確かに二話の様な変化球ばかりを続けるのは難しいですよね。

ただ2話を見てしまうと3話のストレートさが物足りなく感じるのも又事実です。
今回は箸置きということで来週からは又メインディッシュな勝負をして欲しいです。
投稿者: [ 2013/04/25 04:40 ]
親の心情・教師の心情
このドラマには絶対的な悪を倒すのが目的では無いのが良いですね。
怪しい芸能関係者に薄々騙されていると気づいていながらも本人の意志を最終的には尊重する神山や両親。
結局は中学生だろうと自分の意志で決めるしか無いですからね。
何度騙されて恥をかいてもやり直せば良いじゃないか
目に見えてる事だけで判断するな
等々ありきたりですが心に来る言葉でした。
しがないサラリーマンでも詰まらない人生なんかじゃないという父親の言葉も沁みました。
副校長との面談で冷静に大人になれない事をたしなめられた千穂は変われるのか等々も次の話以降に期待です。





投稿者: [ 2013/04/23 23:51 ]
お気楽なラブコメ・・・ではないですね
副校長の真矢さん、本当にいいですね。彼女の言葉が心に響くのは、『学校に来たモンスターを痛快に退治する正義の味方』だからではなく、いきり立って来た親の言葉にきちんと耳を傾け、それに誠実に、毅然と対応している。その凛とした姿が、納得できるからかなあと。子供を挟んで『どちらが悪者か』なんて、問題はそこではないのに。そのことを判っている人なんだと思います。
『没収されたものは卒業式で返す』娘の学校でもありました。先生と生徒の関係がいい学校だったので、笑い話で聞いていました。ドラマで同じ話を聞くとは思ってもみなかったけど、岩名先生は理不尽な怒り方をする先生ではないので、本当は生徒から信頼されているのではないかな。アンケートの結果を見てみたいですね。
親と子供と先生と。お互いに信じて頼りにし合えば、どちらももう少し楽になれるんだろうけど、現実はなかなかその勇気がないかな。神山先生が姿が見えないアカネちゃんに言った言葉、真実だなあと思いました。お気楽に観ようと思っていたのに、今回も色々考えてしまった・・・。
次回はアカネちゃんが街に出てくるようですね。神山先生と幽霊さんたちのほのぼのシーンが増えそうで、ますます楽しみです。
投稿者: [ 2013/04/21 21:01 ]
対比
分かりやすい正義の教師である副校長。
過去に縛られているが胸の何処かには熱いものを持っている神山。
教師としての信念を持たず面倒な事に関わらない事だけを望んでいる千穂。
色々な教師の対比がはっきりしていて良かった。
千穂はこのままブラックなままで終わってしまうのか?
林は何か本筋に絡んでくるのか?
など脇道も非常に楽しみなドラマだ。



投稿者: [ 2013/04/20 13:36 ]
こういうドラマは好き。

いじめや自殺、体罰など先の見えない現実問題…せめてドラマくらい非現実的なくらいに楽しいドラマが見たいものです。

中学生の大人になりきれないデリケートな等身大の悩みに、少しずつ光を当ててあげる切り口は見ていて爽快でした。
ラストの持ち物検査の所は涙出そうだった~

個人的には前田敦子さんにちょっと違和感を感じますが、美味しい役所なんでもうちょい頑張って欲しい。

これからどうなっていくのか、凄く期待のドラマです♪
投稿者: [ 2013/04/18 15:08 ]
教育ドラマ?
最近どの局も同じクールで似たような設定ドラマが複数あるような気がする・・・昔から?
全部は見ませんが今クールは学校・教師・いじめがテーマのドラマが多いですね。

このドラマで一番すっきりするのは、副校長の言葉かも。
茜と副校長繋がりそうですね、楽しみです。
私はあからさまないじめシーンがあると、苦手なんで飛ばすか見ない可能性もありますが、これは・・・だいじょうぶそうかな・・・?^^;
投稿者: [ 2013/04/18 07:32 ]
意外でした
一話よりも二話目の方がダントツ面白く、なんとなく見ていた身としては
いい意味で意外でした

出演者のバランスがとても良いと思いました
真矢さん、高島さんの演じる役柄は、見ている側を安心させスッキリと
させてくれます

こんな解決方法があるんだねと思わず神山先生に語りかける娘
情熱の無い教師役を香取さんが淡々と演じていて上手だなと思いました

来週からはなんと無くではなくしっかりと見ます(^O^)


投稿者: [ 2013/04/18 00:57 ]
いいドラマだ~。
ちょびちょび涙してたら、子どもに「何、泣いてんの?」と
突っ込まれてしまいました。

神山先生のセーターが、鮮やかな緑だったり、オレンジだったり、
紫だったり。

来週、杏ちゃんの幽霊が外に出られるのが楽しみです。

それにしても…、「親子丼」発言。
副校長も言ってましたね。
投稿者: [ 2013/04/17 19:26 ]
今の学校は
自分勝手で我儘な生徒、子供をただ甘やかして学校にクレームをつける非常識な親、自己保身しか考えない教師。どこの学校をモデルにしているのか…本当にこんな学校があるのでしょうか?というのも、
「こんなわけないじゃない。今の学校とか生徒がみんなこんな風だと思われるの嫌だよ。こういうドラマはやめてほしい」とは高校生の娘の言葉。
もし本当にこんな学校が多くなっているのなら、娘の通ってる、通ってきた学校は、教師生徒相思相愛で思いやりとモラルのあるとてもいい学校だったのだ、と思わされました。
大人の私はドラマの世界の事と現実とは分けて観られますが、まっすぐな若い心はそうも出来ないのだなと、みずみずしい感性が羨ましく感じました。

幽霊の杏さん、いい味出てます。来週も杏さんの幽霊を楽しみにしてます!
投稿者: [ 2013/04/17 19:09 ]
今の学校事情
これはドラマなので・・・と、思いつつ現実だったら
イヤだなと思う教育現場ですね。
私の周りにタイムリーな年齢の人がいないので時々、ニュース等で聞く
モンスターペアレンツや子供たちのやる気のなさ、先生方の自信のなさ。
高嶋さん扮する岩名先生は生徒にはうっとうしい存在と思うだろうけれど
1学校に1人はいてほしいキャラクターだし、
若い先生達は実情でも案外こんなもんかなという感じ。
チャラチャラしていて出来ればもてたい。
真矢さんの副校長は正直とてもうらやましい。
言葉の暴力を理路整然と返せる頭の良さと知識。
毅然とした態度で対応すると相手もひるむものです。
嘘くさい青春ドラマのような爽快さはないけれど
時々、ホロッとさせたり考えさせられたりするいいドラマだと思います。
今回の主人公の香奈ちゃん、家賃を盗まなくて本当に良かったと思いました。
そして、少しだけ芽生えた断る勇気。
同世代の子達がこれを見てちょっとでも感じてくれたらいいなぁ。

幽霊と話すことが出来るおかしな設定だけれど
ファンタジーではなく以外と地にしっかり足のついているドラマですね。
投稿者: [ 2013/04/17 10:38 ]
私もこのドラマは「お気楽に見よう」ぐらいの意図を持って見始めたのですがなかなかに面白いです。

それぞれのキャラがしっかりしているのもしかり先週のように幽霊さん頼みだけではなく今回は神山自身が考えた方法で生徒との信頼関係を結ぶ(生徒にも伝わって体育教師にも伝わった)、新しい形の学園ドラマじゃないかと思います。

前田さんも余り期待していなかったのですがこの役どころにはぴったりですし真木さんの副校長役も見ていて清清しいし、まだ教師であるところを辞めようと思っていない高嶋さんも素敵です。個人的には杏さんのお化けさんがもうちょっと活躍してくれるともっと嬉しいかもですがとても面白いドラマです!
投稿者: [ 2013/04/17 08:58 ]
期待以上
Monstersではガッカリしたので、今回も期待せずに観ました。
期待以上でした!

ストーリーはベタと言えばベタなんですが、香取くんの気だるい雰囲気がこのドラマにぴったりだと思います。
杏さんは好きな女優さんですが、コミカルな役をするとどれも同じになっちゃうのかな?(猫弁とか・・)
それを差し引いても、なかなか面白かったと思います。

前田さんと北川くんのお芝居は初めて見たのですが、二人とも動きや表情がわざとらしく、妙に浮いていたように感じました。
逆に妙に迫力がありすぎて浮いてたのが高嶋さん(笑)
他にも、前田さんのミニや真矢さんのバッチリメイクなどツッコミどころもありますが、次週も観てみようと思ってます。
投稿者: [ 2013/04/17 00:25 ]
高嶋さん
前期のラストホープに続き出演とは驚きましたが、やっぱり何か握ってるキーマン的存在でしょうか?(笑)

取りあえず録画してみてみましたが、予想外に面白かったです。

副校長の真矢みきさんも凛とした態度が似合ってました。
某深夜ドラマの仏様役やってた幽霊役の方も面白かった。(キャラが変わらない所が変にツボ)
投稿者: [ 2013/04/12 08:22 ]
ドラマ初回はとりあえず見てみようという人も多いので 視聴率もう少しいくと思ってたのでちょっと残念でした。

内容は面白そうなので、2回以降も2桁キープしてほしいです。
投稿者: [ 2013/04/11 23:04 ]
う~ん
個人的に慎吾ちゃん好きなんですが
まぁ数字は12くらいだろうなと思ってたら案の定の数字でしたね

ただね 数字はともかく、幸せになろうよやMONSTERSはなんか微妙だなと思っていましたがこれはそれなりに面白かった
だから来週以降は粘ってほしいんですよね

今WIKIも拝見してみたら脚本が古家和尚さんなんですね

この方は幸せになろうよや月の恋人みたいな恋愛物はそうでもないんですが任侠やプライスレスみたいなありえねぇだろ そんな設定的な脚本だと良いお仕事をされている方なので今回も例にもれずと言う事でしょう
良い意味でかわいい慎吾ちゃんにも少しずつ年齢相応のおっさん臭さが出てきてて、それが情熱を失ってくたびれた教師として旨く反映されているのが個人的に良かったかなと
杏チャンは言うまでもなくいい仕事してましたね
妖怪人間からおばけまでどんとこいでしょうか

後幽霊役の佐藤二朗さん 本当に最高です
この方がいるだけで面白さがプラス
彼が主演されているメシバナ刑事タチバナやSKEのマジかるラジオも爆笑モノなんですよね 本当にいい役者さんです

ただあっちゃん可愛いんだけどあの服装はちょっと,,,
これはスタッフに問題ありですね 教職者とは思えないですもん

主題歌もSMAPの可愛い感じの曲だったのでSMAPファンにはたまらないでしょう
かくいう私もその一人ですが笑
投稿者: [ 2013/04/11 17:42 ]
愉快な幽霊さんたち
学園物は苦手なのでどうしようかと思っていましたが、結構おもしろかったです。
幽霊のアカネちゃんがとてもキュートでした。「アカネですぅ」って、語尾が上がるのが京言葉っぽかったんだけど、杏ちゃんて関西出身でしたっけ?
神山先生と幽霊さんたち(黒いモヤモヤ幽霊も含む)の絡みがおもしろく、次回も楽しみです。
『モンスターペアレント』耳が痛い言葉です。子供を持つ身としては、先生に何か言う時は、『モンスター』と思われるかも知れないなあと思いながら、話をすることがあります。副校長が謝りに来た生徒に「お母さんは心配しているから」と語った台詞、泣きそうになりました。結局学校のことって、母親一人の肩にかかっているのが現状かと。相田君の父親がまったく出てこないのが、気になりました。
いろいろ考えることもありましたが、重くなりすぎることもなく、ライトに観れそうなドラマです。
投稿者: [ 2013/04/11 16:04 ]
単純に面白かった
慎吾くんにからむ、自縛霊の杏さんが意外にも可愛くお茶目で(杏さん、やっぱりベラのイメージで凛としてる印象だったので)、2人の掛け合いが面白かったです。
で、そこにさらに絡んで浮遊霊の佐藤二郎さんが、とてもいい味出していてナイスキャスティング!

神山先生とチーム・幽霊の活躍で問題解決していくのかな?

あまり色々考えずに気楽に1話を「面白かった」って楽しめるドラマが最近少なくなってきたので、私はとても楽しみにしています。
投稿者: [ 2013/04/11 12:33 ]
スマスマが20%だったのでSMAP効果で高視聴率だと思ってたので残念です。2話からは何とか二桁きらないで欲しいな。
投稿者: [ 2013/04/11 11:52 ]
面白かったです!

漫画好きの私にはとても面白い内容でした。
漫画や小説の世界でいうとこの設定はベタといえばベタなのですが私はベタが大好物なのでこれからも視聴したいと思いますw

欲を言えばもう少し自縛霊さんがスムーズに絡んでくれると嬉しいかも。

香取さんの主演もこの役どころにしては体が大きすぎるかな(こういう話の主人公さんにありがちなのは線の細い優男というイメージが私の中にあるのでww)というのはあったのだけれどこういう一見ナイーブそうに見えない主人公設定も面白いかもと思い直しました。

来週も楽しみです。
投稿者: [ 2013/04/11 07:31 ]
期待してなかったけど
以外とこれが、けっこうちゃんとした脚本で面白く見れちゃいました!

女性副校長先生もなかなか素晴らしい胸のすく対応で、

どたばたしながらもそういった真のところはちゃんとしていて感心しました。

うん。意外と良かった!
投稿者: [ 2013/04/10 23:20 ]
学校の先生のお話なのですね。
浮遊霊の佐藤二朗さん、いい味だしてましたね~。
ちょっと桜金造さん風。

香取さんは、あたふた慌てる役の方があっている
かもしれませんね。

杏さんは、ベラのあの姉さん風の役から一転、
情けない感じの役がとてもお上手です。

話は、怖くなりすぎないようにコミカルで
楽しめます。

前田さんの足の露出は確かに気になります。
年頃のお子さん相手のお仕事なのに、あれは
ないですよ。

管理人さんがおっしゃるように、学校の先生の
事務量やほとんどボランティアのような仕事の
多さは半端ないと思います。
もちろん、モンスターペアレンツと呼ばれる
ような行動の親もいるのですが、ほとんどの
親は、ちょっとした疑問や不満も言えば
自分はモンペかもしれないと不安がっているのが
現状なんじゃないかと私は考えています。

投稿者: [ 2013/04/10 21:19 ]
内容が入ってこない
好き嫌いは別として前田さんの演技ひど過ぎなような。
それにあんな短パンはいてる教師なんているのか?足見せとけば視聴率とれる的な安易な考えがみえみえ。
香取さんや杏さんは何気にはまり役で良いんだけど…
投稿者: [ 2013/04/10 17:18 ]
静かなる情熱
期待通りでした♪まず、ドライな神山がいいよね。12年やってきて、理想と現実の乖離を経験したからこその心の叫び、リアルで共感できました。何事も穏便に済ませたい教師達は、ダメダメなんだけど理解はできるなぁ。何か問題が起きたらすぐ学校に連絡がいくっていうのはよく聞くので、大変だよね。基本は家庭教育じゃないのかなぁ、なんておもうもん。事情はあるとおもうし、管理人さんもおっしゃってましたが、ちょっと学校に委ね過ぎじゃない?とかおもってしまう。そういうのも禁句な昨今の教育事情なのかな・・・(苦笑)


民間副校長のやり方も諸刃の剣ですね。カッコいいし、経営のプロなんだと思うんですが、教育者としては素人だとおもうんですよね。たしかにあの学校には無責任な教師が多そうに見えたけど、あんな感じでやられちゃうとチームとしては機能しないんじゃないかな・・・?独りで仕事しないで、もっと周りを見てもいいんじゃない?とかテレビに話しかけちゃいました(笑)


で、アカネがうざ可愛い(笑)基本的に《熱血先生がどんな事件も即座に解決っ!》みたいなノリって得意じゃないんですが、神山の静かなる教師魂の起爆剤として、いい仕事しますね。素直で温かい彼女の台詞がスッと懐に入ってきて思わず目頭が熱くなりました。二人が、一人の大人として、目の前の子どもとどう向き合っていくのか、という飾らないスタンスがよかったです。あとは・・・幽霊への対処の仕方とか、細かいルールとか、リアルでツボった(笑)ってか、佐藤氏はただの浮遊霊じゃないでしょ!ハイスペック過ぎ(笑)根明なアカネは何故成仏できないのか、神山はトラウマから解放されるのか、今後が楽しみです♪
投稿者: [ 2013/04/10 14:12 ]
高いっちゃ、高いがもう少し欲しいがね。朝からずっと番組に出て、番宣してただけに。
杏とマエアツが逆だったら、下がっていたか?。

まあ、来週はどうなるか。
投稿者: [ 2013/04/10 13:00 ]
視聴率良くて安心!
あっちゃん可愛かったー
投稿者: [ 2013/04/10 12:10 ]
設定がおもしろいですね。
ちょっと先生にしては若すぎるのでは…と思うキャストがいるけれど、杏さんの幽霊だけかと思ったらお友達まで出てきて全く怖がらない神山先生に意外さを感じ次回も楽しみにしたいドラマです。
投稿者: [ 2013/04/10 09:02 ]
楽しみです♪
あっちゃん先生ーーーーーーーーー
可愛い!!!!!
裏表の河合先生がどう成長していくか楽しみです。
来週も楽しみーーーーーーーーーー
投稿者: [ 2013/04/10 06:45 ]
幽霊とのコメディかと思いきや真面目な教育問題も取り扱うということで脚本がしっかりしてる事を祈ります。
GTO的な痛快にスカッと解決みたいな感じだとこの枠にハマると思うのでそこに期待です。
前田さんは予告を見る限り出番が多くは無さそうですが久し振りの連ドラ出演という事でファンとしては楽しみです。



投稿者: [ 2013/04/09 15:40 ]
北山くん~大好き(>_<)
応援してま~す!
早く幽かな彼女始まらないかな~
早く見たい~ 面白そう(*^_^*)

北山 宏光~~
投稿者: [ 2013/03/16 22:09 ]
SMAP☆幽かな彼女 主題歌
SMAPの香取慎吾さんが主演する
4月スタートのフジテレビ系新火10ドラマ「幽(かす)かな彼女」に
ドラマ主題歌するのはなんと・・・,SMAPが歌う事になりました!!!
そのSMAPの新曲は5月初旬リリース予定となります。
これからもどうぞ,よろしくお願いします。
投稿者: [ 2013/03/12 12:37 ]
びっくり
びっくり×2です。
まずはみなさんおっしゃってますが、なんて早い発表。
まだ冬ドラ始またばかりですよ~。
でも月9のガリレオも発表になったし(こちらも楽しみ)、こんなものだったんでしょうか???

もう一つは局は違うと言っても、MONSTERSから1クールしかあいてないというのは、かなり珍しいのでは?
只今売り出し中の女優さんとかは別として。
バラもいろいろ持ってますから、ハードスケジュール、頑張ってほしいです。

そして、慎吾くんのドラマの中で、あらすじ読んだだけで、これは見たい!と思えるドラマは、久しぶりです。
「薔薇のない花屋」以来かな?すみません(笑)。ほんと今回は楽しみです。

ゴーストものは、最近では、「ゴーストママ」やBSでやってた「てふてふ荘へようこそ」など、どちらもほっこりするドラマで、私は大好きでした。
どうかこのドラマも面白い脚本でありますように!
投稿者: [ 2013/01/24 16:30 ]
面白そう
最近のドラマはいい意味でわかりやすいというか王道のストーリーが受けている気がするのでこれもなんかシンプルに面白そうですね
杏さん個人的に好きなんで楽しみだな〜
慎吾くんは最近よくわからない役ばかりやらされてかわいそうだったので久しぶりに普通の慎吾くんが見られそうなのでそちらも期待してます
本当に笑顔が素敵な方なので モンスターはなんか人間役ではありましたけどちょっと変でしたし
フジテレビは月9に福山さん 火10にSMAP
本機出してきましたね
投稿者: [ 2013/01/24 13:43 ]
杏ちゃん楽しみ。
早い発表ありがとうございます。杏ちゃんに期待します。元教師の女地縛霊期待です。確かに、寡黙な教師は草薙君のほうが合ってるかもだけど、香取君の新たな演技にも期待です。
一番気になるのは、どの脚本家が脚本を書くかドラマで大事なのは脚本です。

でも、内容を見る限り普通のラブコメではないような・・・。でも、ラブコメ期待です。中学校の生徒達に起こる事件?、幽かに気になる存在。
投稿者: [ 2013/01/22 21:37 ]
早い発表ですねぇ~!杏さんがパーフェクトにかまってちゃん幽霊になっちゃてるのが想像できますww
欲を言えば香取さんより草ナギさんで見たかったかなぁ(どっちが好きとか演技がどうのとかじゃなく寡黙な先生にはという私の勝手なイメージです!)

ラブコメは好物なので楽しみです。
投稿者: [ 2013/01/22 10:12 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング