Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【水22視聴率】東京全力少女 武井咲主演 

恩知らず
恩知らず
posted with amazlet at 12.10.09
中島みゆき
ヤマハミュージックコミュニケーションズ (2012-10-10)
売り上げランキング: 199


東京全力少女公式サイト

武井咲演じる19歳の少女・麗が幸せを求めて、物凄く空回りしながらも、「全力」で東京での新生活に立ち向かう。彼女は様々な痛い目に遭いながら、成長していく。
【キャスト】
佐伯麗:武井咲 上京したての東京一年生。香川県出身。
玉川大輔:三浦翔平 東京に住むフリーター。東京出身。
芹沢華子:比嘉愛未 売れないモデル。青森県出身。
市川由衣 森カンナ
青木隆治 渋谷飛鳥
渡辺邦斗 内藤理沙
ローランス由美 志村玲那
ジョン・ムウェルテ・ムルアカ 酒井彩音
堀内敬子 温水洋一
桜井弘一:塚本高史 司法浪人中。4歳の娘を育てるシングルファーザー。
鈴木卓也:渡部篤郎 弁護士。麗の実父。
【スタッフ】
【演出】久保田充
【脚本】伴一彦
【主題歌】中島みゆき「恩知らず」
【音楽】小西康陽
【視聴率】
第一話 12/10/10 *9.0% 全身全霊で人生を空回る迷惑女のハートフルコメディ
【演出】久保田充【脚本】伴一彦
第二話 12/10/17 *8.2% 突進娘のダメおやじ改造計画第一弾!
【演出】久保田充【脚本】伴一彦
第三話 12/10/24 *7.9% 父の愛情を奪う最強のライバル出現!
【演出】長沼 誠【脚本】伴一彦
第四話 12/10/31 *9.7%家政婦の三田さんはクビにしました!
【演出】久保田充【脚本】伴一彦
第五話 12/11/07 *7.8%
【演出】柿沼竹生【脚本】伴一彦


第一話
香川県の琴平から父親を探して単身、上京してきたポジティブ&KY娘の佐伯麗(うらら)(武井咲)。だが、上京して早々、バッグに入れていた全財産の62万1000円を盗まれてしまう。上京する深夜バスで出会った玉川大輔(三浦翔平)を疑うも、 彼の目的は単なるナンパのようで疑いの余地はなかった。 途方に暮れる麗は下北沢のフリーマーケットで出会った親切な女性、芹沢華子(比嘉愛未)からあやしい男を紹介される。
その男は麗に2万円を差し出すと「買うよ、パンツ。」と言い放つ。驚くばかりの麗だったが、あろうことかこの男こそが、15年振りに再会した麗の父親であったのだ。
感想
今までの流れとは違い武井咲が、元気で楽しそうに跳ねてるところが、心地いいドラマかな。全財産を盗まれた女の子がそれでも果敢に東京都井内で行きていこうとするパワーが」見えるところは楽しい。彼女が再会して感じた父の姿、愛情をどうにか見極めようとするところが、ドラマの柱かな。その父親に微妙に絡んでくる女たちと麗がどうぶつかっていくのかも楽しみだ。けど、その女の子たちがみんな、異様に若すぎるのは、どうなんだろうとは思う。卓也の行きつけのクラブ“シャコンヌ”のママくらい、トッカンでの、クラブママだった若村さんくらいの女優も必要だとは思うのだが...。けど、ドタバタしながらも、ノンストップで突っ走る麗の東京での物語は、興味があるし、出来ればパパをあのパワーで、翻弄して欲しい。多少、全財産が入っているのに、バックを人に預けるところなんかドラマのためとは言えども、変な流れではあったが、まあいいかなとか思った。こういう子は近くにいると大変だが、遠くから眺めていると楽しいので、見ていきたい。
第二話
四国から上京してきたポジティブ&KY娘の麗(うらら、武井咲)だが、15年振りに再会した父・卓也(渡部篤郎)には複数の女の影があった。それにどの女もまともな交際相手とは思えない間柄。苛立つばかりの麗。 世間的には社会派弁護士のくせに、女を見る目なさすぎ!と諌めるも、 卓也は「とにかく田舎に帰れ!」の一点張りだ。
そんな折、卓也のマンションに気安く出入りするファッションモデルの華子(比嘉愛未)が、 仕事で箱根一泊旅行をすることを聞きつける。 麗はなんとしても華子の素性と本性を暴いてやろうと尾行を始めるのだが――。
感想
サブタイトルは、「突進娘のダメおやじ改造計画第一弾!」とあるが、内容は「空回り突進娘のおやじの私生活探訪記」かな。実はなんでもない平凡な事しか起こってないのだが、自分では大事件ってことは多々ある。見えているものは、経験でかなり違うように同じ人でも見えるし、僕も10台の頃、何でこんなことに大事に考えてたのかなとか思ってしまうことが跡を振り返るとあるけど、麗は何しろ初めて経験する事だらけ、父のことも全く慣れてないので、首を突っ込みたくなるところが可愛い。個人的には、いきなり出現した娘に戸惑いながらも、ペースに巻き込まれるTAKUYA的な感覚で見てるけど、所詮他人ごとだから、気楽に楽しめるかな。無いものねだりで、夜中に自分のために、うどんを打ってくれる娘がいたら、涙が出ちゃいそうだ!彼女の行動を許せちゃう気分で見ると、楽しめるけど、僕が全く違う気分で、大学生男子だったら、うざい女子だなとかでしかないかな。けど、全力な女子なんか希少動物かも知れないし、もっと、彼女を観察したい気がしてきた。この目を輝かせ、飛び跳ねる少女が、どう成長していくのか?周りに迷惑をかけていいのは、若さの特権だし、どんどん引っ掻き回して、空回りして欲しい。

第三話
華子(比嘉愛未)の一件で、全力で空回りをした麗(うらら、武井咲)。しかし華子にお詫びの留守電を1本入れると、あとはサクッと切り替えて「よし!」と次の行動に出る。
父・卓也(渡部篤郎)との生活のために、 炊飯器にフードプロセッサ-、鍋など生活小物などを大量に購入したのだ。とたんに生活臭くなった部屋に卓也はうんざり。だが麗は「親子水入らずに暮らして、お父さんを幸せにしたいの」と懲りずに暴走を続ける。「私の私生活に干渉するな!」とキレた卓也は「お前には付き合ってる男はいるのか?今までどんな男と付き合ってきたんだ?」と麗を逆質問攻めにする。ところが麗はうんざりするどころか「ワクワクした、もっとお父さんらしいこと言って!」と目を輝かせるのだった。麗は父の第二の恋人・冬(市川由衣)の真実を暴こうと、スポーツクラブに潜入を試みるが失敗。
感想
あいも変わらずおバカな展開の連続だが、父親が麗に心を許してきて、心配しているように、彼女の全力ぶりがお父さん気分でいると楽しい。いままで、父親がいなかったから、父親が娘に言って、嫌われるワードをどんどん言ってくれとかあの眼差しで言われると、どうしようにもなくなるというのは気分が分かるような~。うどん作ってくれたり、自分のために必死で自炊しようと家電を揃えたりされると今までと変わった生活もアリかなとか考えちゃうんだろうな。もう麗は卓也の中では、必要不可欠な存在感を示しだした。そんな中、巻き起こる冬の内偵調査。玉川大輔も麗に振り回されながらも、今度は冬が好きになったりする気持ちは、あの年齢の男ならいくつも愛を持っていて当然かな。最終的には、今回は冬に麗の素性はバレてしまったが、こういう決着のつけ方のほうがすっきりはする。けど、「寝物語」というワードは26歳の女性が相手の娘である18歳の女の子に使うのかな?とかは思うが、気楽にニコニコと飛び跳ねる麗を見るのは楽しい。

第四話
父・卓也(渡部篤郎)の女性関係を整理しようと企む麗(うらら、武井咲)。 次なるターゲットはクラブ「シャコンヌ」のママ・はるか(森カンナ)だ。卓也はシャコンヌに行くのは接待であり、仕事であり、ときに疲れた心と体をリセットするための クールダウンだと説明するが、麗は「はるかママに貢がされている」と譲らない。先日、客に失言をしてシャコンヌを辞めた麗だが、はるかを調査するためにもう一度シャコンヌでバイトしようと考える。そして店の下山(青木隆治)からはるかの通っているスポーツクラブを教えてもらい、 早速追跡を開始する。偶然にもそこは冬(市川由衣)の所属するクラブで、 麗はすぐに冬に見つかってしまう。 先に涼太を卓也の子だと勘違いし大空回りをした麗だが、 冬は麗に自然に接し「お父さんを時々お借りするけどよろしくね」と微笑んで立ち去る。そんな大人の余裕に、ややたじろぐ麗。
そこにはるかがやってくる。はるかと冬は互いに面識がないらしい。 麗ははるかに先日の出来事を謝り、再びシャコンヌで働かせて欲しいと頼む。はるかは「仕事は遊びじゃないのよ」と厳しく言いながらも、それを了解する。
感想
いくら何でも、同じような麗のひとり空回り展開で、今回ばかりは厳しい。オチも、最終的には父親は世のため人のために働いてましたというだけで、麗が空回ったあとには、玉川大輔の高額な領収書しか残らなかったというのは、今ひとつ楽しさがない。麗が父親を振り回すにしても、その加減が男である僕から見ると、さすがにいい加減にしたらとしか言えなくなってきているほど、やりすぎだ。親としてほっといたというのは引け目があるが、卓也も大激怒してもいいレベルに達しているのに、しっかり叱らないで、困りながらもヘラヘラと受け入れているのは、なんだか残念。ママ・はるかも、40代くらいの色気がある女優にしないと、どう見ても小娘にしか見えない女優では、苦節~年という感じはしないんだよね。この役は、二役でもいいので堀内敬子さんでよかったとは思った。次は新展開に入るみたいだけど、次回で勝負かけないと、さすがに見続けるのは苦しい。

第五話
麗(うらら、武井咲) は卓也(渡部篤郎) のマンションに3人の女性を呼び出した。 華子(比嘉愛未) 、 冬(市川由衣)、はるか(森カンナ) のうち、 誰が本命なのかをはっきりさせようというのだ。 「冗談じゃないぞ!」と大慌ての卓也に、麗は冷静に3人との出会いを思い出させていく。 すると卓也が同じような時期に3人と出会い、完全に三股をかけていたことが明らかになる。 そうこうしているうちに、ドアホンのチャイムがなった!
一番乗りははるか。ごまかして家に上がらせまいとする卓也だが、 はるかは「トイレに行きたいの」と無理矢理上がり込む。 そのすきに麗はウォークインクローゼットに隠れる。はるかは「レイちゃん(麗)に大事な話があると呼び出された」と言い、 結局麗はクローゼットから出てくる。
感想
確かに、うっとおしい娘以外の何でもないが、いなくなると、何故か寂しい父親卓也!という気持ちが伝わってくるこのドラマ。素直に伝えてくる娘の父親に対する愛情とか食らうと、ノックダウン!心配して欲しいから、変な男とも付き合ってしまうとか言っている彼女が可愛らしい。ナンヤカンヤ言っても、麗である武井咲の魅力は満開だ三人の女性たちが、鉢合わせになりそうな展開も少しハラハラするし、それに戸惑う卓也と麗のやり取りも見逃せない。けど、どこか三人の女性たちも都合がいい女になってしまっている感じもあるが、そうしてしまう魅力が卓也にあるのか?けど、そう位置づけてしまうと女性たちに、メリハリが感じれないのは、寂しいところは残念かな。それにしても、あの部屋のクローゼットは、信じられないくらいの大活躍だな。あれがないとこのドラマが成立しないとさえも感じれる。
最終的には、父の家からも家出してしまった麗は、またも家に舞い戻るが、まさに『トムとジェリー』的な親子。”麗と卓也、仲良くケンカしな♪”だよね。そこが癖になるドラマかもしれない
関連記事


>
2012/11/08 09:03 :Category:【武井咲】忠臣蔵の恋 コメント(5)
武井さんが何かのインタビューで「今の自分に飽きてる。髪型とかもイメチェンしたい」みたいな事言ってました。

何かごり押しとか言われたりして大変だなと思いました。
作品なんか選んだり出来ない環境なのになぁと。

また視聴率云々言われるんでしょうが、本人が忙しい中にも良い作品と出会えた。演じられて楽しんでるという感じは伝わります。

全力成長をそっと見守りたいです。

投稿者: [ 2012/11/04 10:03 ]
武井咲さん、年齢相応の明るい役で、全力の空回りも微笑ましく見ています。
彼女の個性的な声にもよく合っていると思います。

私の周りでは、武井さんのドラマは初めから興味ないよという人が割といて、
見てみたら面白いのになあと残念に思っていましたが、
管理人さんがこのドラマを楽しく見ていらっしゃるようで、うれしくなりました。

これからも気楽に見ていきたいと思います。


投稿者: [ 2012/10/26 05:39 ]
何が言いたいのか
主題がみえない
武井咲ちゃんまかせのドタバタキャラはキツすぎる
可愛いのはわかる…わかるけど
空回りが続いて疲れるし
特に若い同世代には退かれてるかも
このままいくと全力=ワガママっぽくなっちゃうんじゃない?
変化していくんだろうけど
次回を見るきが起きない
残念
投稿者: [ 2012/10/18 00:20 ]
今度に期待して
相棒さんに負けちゃったのかな?とかとも思ってたけど
朝からの番宣 コマーシャルでも見ない日はないのに~この数字…
次は二桁に上がるでしょう。
武井咲さんだもん
投稿者: [ 2012/10/16 19:16 ]
可愛い!
管理人さんおはようございます。
久々の投稿です。
また咲ちゃんかぁとおもいつつも旦那が観ていたので
一緒に観ました。
初めは咲ちゃんのハイテンション振りに半ば退き気味で、ながら観だったのが、後半は面白くて旦那と笑いながら引き込まれていました。
暗い役どころが続いていたので、この咲ちゃんは新鮮に映りました。管理人さんと同感です。素に近いのかな?
若さ弾けていて羨ましくらいです。
いきなり父親が判明したので、今後はどう話が展開していくのか楽しみに観続けたいと思います。
投稿者: [ 2012/10/12 10:24 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング