Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【木22視聴率】結婚しない 菅野美穂主演 天海祐希 玉木宏 

紙飛行機
紙飛行機
posted with amazlet at 12.10.11
コブクロ
ワーナーミュージック・ジャパン (2012-11-28)
売り上げランキング: 129


10月スタートのフジテレビ系「結婚しない」(木曜22:00)
30代、40代女性の未婚率が過去最高記録を更新中の現代! 彼女たちにも“結婚しない”それぞれの理由がある…
増加の一途をたどる“結婚しない”女性たちのリアルな姿を描く大人の女のドラマが この秋、フジテレビ木曜22時に登場!
【キャスト】
菅野美穂 田中千春「結婚できない女」。旅行代理店に契約社員
天海祐希 桐島春子 「結婚しない女」。才能ある造園プランナー
玉木 宏 工藤純平 「結婚をする余裕がない男」フラワーショップでアルバイト店員
小市慢太郎 三吉彩花 伊藤歩 福田彩乃 ・ 石橋凌 ・ 市毛良枝 梶芽衣子
【スタッフ】
プロデュース 中野利幸『流れ星』『私が恋愛できない理由』
演出 石井祐介『BOSS』 田中亮『医龍II』『BOSSII』
脚本 山崎宇子 坂口理子 『私が恋愛できない理由』
【視聴率】
第一話 2012/10/11 13.0% 「結婚は当然!?義務!?できないVSしない女!!未婚女の恋と結婚!?」
【脚本】山﨑宇子 坂口理子【プロデュース】中野利幸【監督・演出】石井祐介
第二話 2012/10/18 13.6% 「結婚したい!!でも、譲れない条件とは!?」
【脚本】山﨑宇子 坂口理子【プロデュース】中野利幸【監督・演出】石井祐介
第三話 2012/10/25 10.3%「不器用すぎる私達!?話題沸騰!!恋の行方は!!」
【脚本】山﨑宇子 坂口理子【プロデュース】中野利幸【監督・演出】田中亮
第四話 2012/11/01 10.9%「独身=親不孝!?でも未婚女子の大奮闘!!」
【脚本】山﨑宇子 坂口理子【プロデュース】中野利幸【監督・演出】田中亮
第五話 2012/11/08 12.2% 「動き出す想いとは!?恋の先にある衝撃!!」
【脚本】山﨑宇子 坂口理子【プロデュース】中野利幸【監督・演出】


第一話あらすじ
旅行代理店の契約社員・田中千春(菅野美穂)は、彼氏いない歴5年、35歳の誕生日を目前に控えた独身女性。お人好しで人付き合いも良い千春だが、素直に甘えられない性格ゆえ交際も長続きせず、友人たちが次々と結婚、出産を経験するのを目の当たりにするなかで、このままひとりで歳を重ねることに不安を抱き始めていた。 造園事業などを手がける『ナチュラルガーデナー』に勤務する桐島春子(天海祐希)は、邸宅や公園などのデザインをする優秀な造園プランナー。44歳で独身の春子は、長い間、既婚者である上司・樋口亨(石橋凌)と不倫関係にあったせいか、40歳を過ぎたころからは、結局自分は仕事と結婚したのだと思うようになっていた。夫を亡くし、姑の房江(市川千恵子)の介護をしている春子の母・陽子(梶芽衣子)は、そんな娘のことを心配している。
 一方、フラワーショップ『メゾン・フローラル』でアルバイトをしている工藤純平(玉木宏)は32歳の独身男性。美大出身の純平は、画家になることを夢見ていたが上手くいかず、未練を残しつつも絵の道を諦めようとしていた。美大の後輩で、初の個展を控える画家・河野瑞希(伊藤歩)は、そんな純平に思いを寄せ、何とかもう一度、純平に絵を描いてもらいたいと願っていた
【感想】
結婚の連呼はやめたくれ!テーマが結婚だけに、あんまりストレートにバンバン言われても、結婚してない人間位は重く突き刺さるような感じがした。けど、35歳くらいまでに結婚している人は、どう感じるんだろうな?
メイン3人がどうつながっていくのか?気になったけど、まずは、女性二人が仲良くなった行く過程が、丁寧に描かれているが、千春のキャラというか役をやっている菅野さんの特性なのか?最後のあの強引すぎる女二人同居展開もなんとなく許せる気はした。ドラマとしては、リアルな現実を突きつけられるところも、多々あるので、恋愛ドラマ?にしては楽しいものではないのが、本当に結婚していない人たちの漠然とした不安は描けてるかも。今回は女性がメインだったが、男性の僕としては、工藤の店に春子が店長として、来ることで描かれる彼の現実が覗けるのが楽しみかな。夢破れた男は、僕の周りにもいるけど、その後始末はなかなか厄介なんだよね。
最後の方の噴水でのシーンは、時代が流れたとは言えども、昔の青春ドラマの海に向かって叫ぶシーンみたいで、気持ちを吹っ切る意味で、分かりやすいのかもしれないが、どうなんだろうなとか思ってしまうが、仕事にも男にも裏切られたことから次のステップに行く事を明確にする意味じゃこういう演出もベタだかありなのかな。今のところは楽しくないドラマだが異性の「結婚しない」人たちがどういうものなのか?どう変わっていくのか?のぞきたい気もするので、見ていきたい。
第2話
妹の結婚もあって実家に居づらくなった田中千春(菅野美穂)は、1週間だけでいいからと頼みこんで桐島春子(天海祐希)のマンションに転がり込む。あくる朝、春子は、千春をバイクで会社まで送り届けた後、生花店『メゾン・フローラル』に向かった。そこで春子は、アルバイト店員の工藤純平(玉木宏)と佐倉麻衣(三吉彩花)に、この店の店長になったことを報告する。一方、千春は、母・紀子(市毛良枝)からお見合い写真を渡される。相手は、食品メーカーの研究職に就いている浅井隆史(池内万作)という40歳初婚の男性だった。紀子は、35歳の女性でもいいという男性は少ないのだから前向きに考えてほしい、と千春に告げた。帰宅した千春は、自分が考える『結婚相手に求める条件』を紙に書き出す。そこに春子が帰ってきた。春子にお見合いの件を打ち明けると、結婚しようと思ったことはなかったのか、と尋ねる千春。すると春子は、結婚したいと思う相手がいなかったし、いたとしても生活を変えたくなかったから結婚という選択肢はなかった、と答える。一歩踏み出すことを自らに課していた千春は、お見合いをしてみようと思い始める。そんな折、『メゾン・フローラル』を訪れた千春は、ガーベラの花をくれた男性・純平と再会する。千春は、ガーベラのお礼のつもりで、アスターを買い求めた。数日後、千春は浅井とお見合いをする。千春は、浅井の誠実そうな人柄に好感を抱くが…。
感想
千春1人だけ動きまくって、お見合いしたりしているけど、もうちょっといい感じで、春子や純平を動かして欲しいが、この二人は千春の話の中で、所々で顔を出すだけで、まだまだ、存在自体が希薄。どうせなら、純平も行くところがなくなって、春子と千春と同居してしまって、男目線で結婚を語ってくれよとか、男性である僕は、思ってしまった。そうなると面倒くさいのかもしれないが、なんだか今のところ物語が、あっさりしずぎて、心に刻まれない。今回の見所は、浅井に求婚されても、「恋がしたいんです」と断ったとこなんだろうけど、彼の心を書いたブログを見たから、そんな決断したようにしか見ないのは、ドラマが感じられないんだよね。条件が揃ってっても、本人が切羽詰まった年齢と思っている35歳でも、心にある本当の思いが、結婚を決断させなかったら、ドラマも感じれたら、悪くないなと感じれるんだけどね。今ちょっと、僕も久々に恋をしているので、少しリンクしたいなとか思うんだけど、千春の思いが僕から見ても殺風景で、何も感じれない。況んや、春子と純平なんて、果てしなく広がる荒野の如き感覚なのを、どうにかして欲しいよ。特に、純平は一時期の私と似たような諦め境遇(あんなにカッコ良くはないが)にも見れるので、早く動きがあって欲しいかな。あまりにも、千春主導すぎる光景から脱却して、3人のいい恋愛ハーモニーがみたい気がした。次回のあらすじを読むとその気配も感じれるので、期待。
第3話
田中千春(菅野美穂)は、後輩の鈴村真里子(福田彩乃)から半ば強引に誘われて、合コンに参加する。だが、20代ばかりの参加メンバーの中で完全アウェー状態だった千春は、二次会の誘いを断って帰ってしまう。一方、桐島春子(天海祐希)は、異動を命じられる前にデザインを手がけていた庭園の完成披露パーティーのためにスタンド花を届けに行く。そこで、デザイン部部長の樋口亨(石橋凌)と再会する春子。樋口は、必ず本社に戻れるようにする、と改めて春子に約束する。しかし春子は、すでに辞表を提出するつもりでいた。
そんな折、千春は、元恋人・小島圭介(中村俊介)の結婚がダメになったことを知る。千春からその話を聞かされた春子は、圭介の力になりたいという千春の気持ちに理解を示しながらも、寂しさは連鎖するから気をつけろと忠告する。
工藤純平(玉木宏)は、美大の後輩・河野瑞希(伊藤歩)の初個展が開かれている画廊まで花を届けに行く。後輩の結婚祝いを買いに行った千春も、春子からチケットをもらったことを思い出し、画廊を訪れていた。純平は、画廊のオーナー・沢井秀雄(山中聡)から、スタッフにならないかと誘われる。沢井いわく、瑞希も純平のことを心配しているという。その会話を聞いてしまった千春は、純平の寂しそうな表情が気にかかり、画廊を後にした彼を追いかける。
感想
赤いリボンが結んだ居候の縁か。それもある意味赤い糸の関係かなとかそう悪くない。千春の元恋人の結婚の話がダメに成ったことが話のメインで、ある意味、まだ春子や純平の話は薄い感じもするが、この三人の結びつきがあの春子が作った公園を中心に、強く感じれたのはいいかな。それに、春子の寂しい時、実家のおばあちゃんに顔を出して、花を贈るというのは、心地よかった。僕も祖母に花束を贈ってみようかなと思ったりもできたところは、このドラマいいな。純平は、複雑な心境の中、千春と出会いどういう形の結びつきをしていくんだろう。この二人は、人の幸せを願っている優しい人達だけど、そういう人って幸せになれないかなとか思ったりもして、どういう関係になるのか気になりだした。千春と元恋人は、モトサヤに収まりそうな感じだったが、ベタに収まったりするところは分り易すぎだけど、個人的には、チョコっと三人で話が回りだしたので、良い感じだ。話に、特別工夫があるとは思わないが、所々、心にス~っとしみてくるようなセリフもあるところは見逃せない。説明しすぎるだろうとか、ある意味話がスマートすぎるとか綺麗すぎる感じもするけど、こういう恋愛ドラマはアリかなと思えてきた。けど、
第4話
千春(菅野美穂)は、春子(天海祐希)から赤いリボンがついたマンションの合鍵をもらう。千春は、居場所ができた感じがする、と言って大喜びだ。そんな中、仕事中だった千春のもとに、母親の紀子(市毛良枝)から電話が入る。結婚する予定になっている千春の妹・千夏(中村ゆり)が、突然、結婚式はしないと言い出したらしい。するとそこに、思い詰めた顔の千夏が現れる。千春は、千夏から事情を聞いた。友人たちに祝ってもらうだけでいい、という千夏に対し、ちゃんとした結婚式を挙げなければだめだと紀子が反対したのだという。それでも千夏は、月末に友人たちだけを招いて簡単に済ませるつもりでいる、と千春に告げる。同じころ、純平(玉木宏)は、法事のため、実家に帰っていた。そこで純平は、叔父から結婚や仕事のことで意見され、困惑する。そんな純平に助け船を出したのは、商社マンの兄・遼平(眞島秀和)だった。その夜、千夏は、無理を聞いてもらって春子のマンションに泊まる。事情を知った春子は、母親が娘の結婚を喜べないのは良くない、と言って、時間をかけて話し合うことを千春に勧める。あくる日、仕事を終えた千春が帰り支度をしていると、とある病院から電話が入る。診察中に気分が悪くなった千夏を、休ませているという連絡だった。千春は病院に駆けつけるが…。
感想
今週もあまりにも分かりやすい展開だが、それでも、千春と純平が近づく一つの段階としては、ちょい興味深かった。今週のテーマは「結婚は誰のため?」って話だったが、最終的にたどり着いた『結婚』の答えは、結婚する二人のためでもあり、その二人に関わる人のものでもあるというのは、あまりにも予定調和だが、日本においてはそうとしかいえないかな。この結婚について考えよう的なドラマは、誰の心にもある結婚のイメージを、ストーリーの中で、より明確に出来れば、いいという感じなのかな。千春は、春子にとって、自らができなかった結婚というものを、サポートする人というのが、より明確になったし、前回から純平を意識しだした千春の思いが、さらに彼のあのデルフィニウムのブーケに込められた思いで、さらに加速しそうなところが見どころだったかも。「あなたを幸せにします」という言葉は、誰に向けられた言葉なのか?互いが互いを思いやり、ひとつの結婚式が行われたけど、母のために、一足早く結婚式を行った。あの姉の手作り感はちょっと強引な気はしたが、なんとなく、結婚式という幸せな雰囲気に飲み込まれて、それなりに良い感じには見えた。
第五話
千春(菅野美穂)が職場の真里子(福田彩乃)、森田(入江甚儀)とランチを終えたところに、花の配達中の純平(玉木宏)が遭遇する。真里子は純平のイケメンぶりに食いつくが、千春から花屋でバイトしていることを聞いた瞬間、テンションが下がる。バイトでは結婚にはつながらない、と言うのだ。結婚につながる恋をするために避けるべき3カ条を述べる真里子。
春子(天海祐希)が店長を務めるメゾン・フローラルでは、春子のマンション訪問の話が持ち上がり、純平と麻衣(三吉彩花)が訪ねてくることになった。千春は得意のスイートポテトを作る、と気合いが入る。2人が訪ねて来て、千春が作ったスイートポテトや手料理を囲みながら恋愛話で盛り上がる4人。
後日、千春は入院している母・紀子(市毛良枝)のお見舞いの花を選びにメゾン・フローラルへ。そこで、純平の後輩の瑞希(伊藤歩)にも偶然会い、あいさつを交わす。
千春は妹の千夏(中村ゆり)のウエディングパーティーの手伝いをしてくれたお礼を兼ねて、春子が話をつけてくれたレストランに春子を誘う。すると春子は、純平にも声をかけ、3人で行くことに…。花屋には大学教授の谷川(小市慢太郎)がやってきた。数日前、母親に花を買って行ったら喜んでくれた、と春子に伝えたかったのだ。その夜、純平が急にレストランに行けなくなった。瑞希の絵を扱っている画廊から連絡が入った、という。
【感想】
最後に、千春が、純平が店で寝てる時、取り出した彼の絵を見た時、物語的には、彼の後輩瑞希への気持ちを感じとったというものなのかもしれないが、視聴者は千春のような純平にという感情がない分、あの絵、下手だよね~何も感じない絵だね~とかしか思わなかったんじゃないかな。これは、スタッフでしょうがないという画廊の主人の判斷は、妥当。瑞希は、もう少しいい絵を持ってきてあげればよかったのに、自分のことを書いてくれた純平が好きって気持ちだけは伝わるものだった。バイクで颯爽と賭ける春子は、大人な振る舞いで、二人を見守るところは、何しろクールだが、そんな彼女も、感情を揺るがせられる上司家族の光景。どうにも制御できなかった彼女と感情を、実家に持ち込んで、母に癒してもらうしかないんだろうな。気を張って、生きてる分、頼れるところは中々ないところは、彼女に”人”を感じれた。35歳の女性というか、ほとんど女性に縁のない生活をしている僕には、彼女の描き方が年相応なのか?理解しづらいが、あんなもんなのかもね。あれくらいふんわりしてるような気がする。そして、千春は純平に心奪われていく。この不安定な二人がどうなるのか?
そして春子に心奪われた教授が、おっさん流の、どんな恋愛をするのかにも注目したい。結婚のことを冷静に分析できても、自分の恋の行方は、ハチャメチャであってほしい。方向性も見えてきたこのドラマは、面白いとは言い切れないもでも、なんとなく見守りたい気はする。
第六話
千春(菅野美穂)は純平(玉木宏)にスイートポテトを差し入れしようと、朝、春子(天海祐希)のバイクに乗せてもらい、春子と純平の仕事場であるメゾン・フローラルを訪れるが、純平は作業場で眠ってしまっていた。千春が純平とわざわざ画廊から取り返した純平の絵が眠っている傍らに置いてあった。その絵のモデルが瑞希(伊藤歩)だったことを知った千春は、黙って差し入れを持ってその場を立ち去る。
すると、同級生の由香里(西山繭子)から電話が入り、相談があるという。会社の近くでランチをしながら由香里の話を聞くと、夫の会社がいよいよ倒産し、福岡の親戚の家まで込み入った話をしに行かなければならないため、一晩5歳の息子を預かってもらえないか?ということだった。千春の実家で妹の千夏(中村ゆり)と一緒にその子を預かれないかと妹に聞くが、母の紀子(市毛良枝)が入院中のため難しい。居候の身で春子のマンションで預かってもいいか聞きづらい千春だったが、春子は了承してくれた。こうして千春は1日ママを務めることになり…。
関連記事


>
2012/11/09 09:57 :Category:【菅野美穂】砂の塔 コメント(11)
結婚に関する社会的問題を紹介するドラマ
結婚に関してこんなにいろいろな問題があるんですよ…と
紹介するドラマだと認識しています。
毎回大学の講義や食堂での会話などで、
「今日のテーマ」が発表されていますね。
問題点を示すことで若い世代に真剣に考えるよう促したいのかな?とおもいますが、
全体的に掘り下げ方が浅いような気がします。

15日の教授の話の中で1.39%という数字が出ましたが、
合計特殊出生率だとしたら、単位は%ではなくて人ですね。
一人の女性が一生の間に生む子どもの数です。

女性の年齢が上がると卵子の状態が悪くなってくることが
報道され、NHKでは特集も組まれました。
そのへんまでいくかなと思ったら踏み込みませんでしたね。
いろいろ配慮したのかな?
投稿者: [ 2012/11/18 12:02 ]
毎回見てます
…とは言っても録画ですが。
この時間帯ほかにも見たいのがあって毎回迷うのですが、今回はそちらには興味をひかれなかったので、初めてリアルタイムで見ました。
先ず、オープニングの主題歌の雰囲気が好きです。ふわっと優しい響きで、ドラマもそんな感じで、恋愛もので結婚についての問題提起はあっても、ゆったりと千春や春子を見守るような気持ちで楽しんでいます。

千春と春子のやり取りが好い感じで癒されます。天海祐希さん格好いいな…なんて思いながら。(笑)

毎回出てくる花言葉も素敵だし、出演者のセリフも暖かくて好いですね。
今回は、いつも冷静な春子が珍しく動揺する姿に、若い頃にどんな恋愛をしていたのか察しがついてしまったのですが、教授が春子にとってそんな傷心を癒やしてくれる存在になるのかな。
千春と純平よりも個人的にはこちらの方が気になります。
投稿者: [ 2012/11/10 14:03 ]
第4話感想
「結婚は誰のためにあるもの?」もちろん本人二人が主なんですけど、
昨日のは、結婚式は誰のためにあるもの?だったような気がします。
今、思えば結婚式なんて簡単に安く進めたほうがよっぽどいいです。お金が有り余っているところは別ですけど。無理して高いお金をだしてしなくてもと思います。
結果、母も子もいい形で式も出来てよかったんだけど。

純平はまだ、自分が千春を好きだと気付いていない。
千春は、気付き始めた。
そして春子も?
楽しみです(笑)
投稿者: [ 2012/11/02 11:58 ]
3話観ました。
同世代の結婚やその他のいろんなしがらみや戸惑いで、
「あ~~~~分かるぅ~~~~私だったら・・」
と一人で妄想してました。
面白かったです。菅野美穂さんの「恋愛をしたい、恋をしたい」
というのは、同感ですし、友達の「結婚してみないと分からない」っていうのも、「そうなんだよね~~~。」と思いました。
ドラマだし、現実ではないので、夢をみたいし、落ちるまで落ちてもいいしでも、最後は幸せになって欲しい気分です。
展開が楽しみですね。
でも35歳でそんなに差が有るかな~
そんなにあせらなくてもいいと思うんですが・・
投稿者: [ 2012/10/28 17:34 ]
やはりキツイ!
あまりに現実的な感じで後味悪い!菅野さんは特に役そのままの性格だから痛々しい!もう少し若い子か不思議っ子が良かった!しかし天海さんの出番が少ない悲しいですね!
投稿者: [ 2012/10/26 18:59 ]
無理
やはり無理なごり押しの役だからか、菅野さんは本人も結婚できない人だからか、見ていて苦しいので天海さんをもっとメインにして欲しい!天海さん頑張ってください!天海さんだとスカッとして明るくなれるけど、菅野さんのウルサイ台詞で気分が落ち込みます!
投稿者: [ 2012/10/19 21:44 ]
私、以外と好きかも
天海祐希さんは、実は宝塚の2番手時代からのファンで(^_^;)、離婚弁護士の間宮先生初め大好きなキャラの時は必ずドラマ見てまして、菅野ちゃんも好きなのでわりと普通に楽しく見てます。

今のところ千春さんを中心に話が進んでいますね。確かに結婚結婚言い過ぎる感じはしますが、正直それはあるんじゃないかなと。
千春さんや春子さんは仕事もしていて(千春さんは契約と言ってましたか?)自立していて結婚ばかりが人生じゃないじゃんと言うのもわかるけど、家事手伝いやパートをしていて、実家で親元に暮らす35才だったらば、やはり結婚には思いがあると思うし、けっこう気持ちわかる方っているんじゃないかな?
中途半端な自分が結婚によって変わる(かどうかはわからないけど)、いや変わりたいと思うのって、あるかな~と。

自分自分が先で、相手が二の次になっちゃってるかもしれないですけどね。
なんか変な文章ですみません。

管理人さんも、がんばってくださ~い~(^O^)/(←それが言いたかった奴でした)
投稿者: [ 2012/10/19 08:55 ]
楽しみにしてたのに・・・・
大好きな女優さんたちだったので期待して見たのですが、期待はずれでした。期待しすぎたのかも?
次週の予約取り消してしまいました。
あと、玉木さんのせりふの後の息漏れが苦手です。
投稿者: [ 2012/10/17 14:21 ]
マンネリキャスト
菅野さん去年のこの時間帯のドラマでも女優W主演で悪女でした、また女優W主演なので、フジテレビには菅野イチオシがいるのかな?もう少し以外な女優W主演がみたいです。菅野さんの番宣のバカぶりにガッカリしましたが、天海さんが大好きなので見ています。天海さんは本当に素敵な女優さんです。
投稿者: [ 2012/10/17 11:59 ]
楽しみなキャスト
個人的にはすごく楽しみなキャストです。
菅野さん、天海さんはもちろんすごく貫禄があるし、以前なら玉木さんはそれに比べたら少し劣るかなっと思っていたと思いますが、ギルティーの時にかなりびっくりしました。
すごく貫禄のある役者さんになってました。
ギルティーでは菅野さん、玉木さんはシリアスで悲しい結末だったので今回はコミカルでハッピーエンドを期待しています。
投稿者: [ 2012/09/11 11:08 ]
むりやりだけど、楽しみ
千春の妹、千夏が同居するということで、春子の家に転がり込むっていうのは無理やりだけど、脚本・プロデュースチームが「結婚できない理由」なのは楽しみ。演出人も天海さんとかかわりのある「BOSS」演出家なのは楽しみ。脚本家・山崎宇子さん・坂口理子さんなのも楽しみなポイント。結婚できない女・千春、結婚しない女・春子。そして、結婚をする余裕がない男・純平や千春の妹・千夏や周りの人をまき沿いにしてどういうふうに展開していくのか楽しみです。
楽しみなのは、脇を誰が埋めるのかといいうことでもあるけどね。
投稿者: [ 2012/08/23 18:47 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング