Fcastドラマ視聴率まとめ

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【1/12視聴率】金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 山田涼介主演 

金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件 [DVD]
バップ (2013-03-13)
売り上げランキング: 78

公式サイト
今回の舞台は中国・香港。幼なじみのヒロインが国際的なファッションショーに出演することになり、軽い気持ちでついてきた金田一少年が連続殺人事件に巻き込まれる設定。9月中旬に香港ロケを敢行。台湾や韓国、香港などからも共演者を起用し、国際色豊かなドラマを目指す。
【視聴率】14.8%
13/01/11
【スタッフ】
演出 - 木村ひさし
脚本 - 天樹征丸
チーフプロデューサー - 神蔵克、大平太
プロデューサー - 櫨山裕子、内山雅博
【キャスト】
金田一一 - 山田涼介
七瀬美雪 / ヤン・ラン- 川口春奈
佐木竜二 - 有岡大貴
リー・パイロン - ウー・ズン
キム・ロンドン - V.I
瀧川龍太 - 桐谷健太
チャン・ヨングー - 矢野浩二
シン・リー - 小松拓也
ヤン・メイジン - 福本幸子
幼少時代のラン - 畠山彩奈
佐久間猛 - 水田航生
リュウ・アイビー - ビビアン・スー
ワン・ロン - エリック・ツァン


【あらすじ】
香港で開催されるファッションショー「東京ガーリーモード」にモデルとして出演することになった七瀬美雪(川口春奈)は私立不動高校の2年生。 突然失踪した有名中国人モデルの代役として抜擢された美雪について香港まできたのが、幼馴染みの金田一はじめ(山田涼介)と後輩の佐木竜二(有岡大貴)。 普段は能天気でお調子者のはじめだが、実はかの名探偵・金田一耕助の孫。 香港観光を満喫する3人だったが、突然、美雪が姿を消してしまった。 美雪を追って街に駈け出したはじめは、長い坂道をスケボーで疾走し追いかけるが、見失ってしまう。
途方にくれるはじめに、「けいさつにいえばおんなのいのちはない」という携帯メールが届く。メールには誘拐された美雪の映像が添付され、しばらくすると血まみれの画面に変わり、そこには「毒龍」という文字が……。
その誘拐事件からほどなく、はじめと佐木は美雪そっくりな少女と出会う。 彼女こそ「東京ガーリーモード」に出るはずだった失踪モデル、ヤン・ラン(川口春奈)だった。彼女に事情を打ち明けると、ランは「あたしと間違えられてさらわれたのかも」と言い始める。 彼女の身体には九龍の財宝の在り処を示すと言われるタトゥーがあったのだ。その財宝を狙った誰かが美雪を誘拐したのではないか…
そこではじめは「しばらく美雪のフリをしてもらえないか」と提案する。ランをおとりにして犯人を捜し出そうというのだ。 快く引き受けてくれたランと共にはじめと佐木はファッションショーが開催される会場へ向かった。そこで3人を出迎えたのは、「東京ガーリーモード」を運営しているファッション・プロモーターで美雪をスカウトした瀧川龍太(桐谷健太)。 さらに香港のプロモーター、チャン・ヨングー(矢野浩二)とデザイナーのリュウ・アイビー(ビビアン・スー)に挨拶するはじめたち。 会場にはショーの警護と称して、リー・バイロン(ウーズン)と名乗る台湾保安警察の刑事も登場した。
ところが、前夜祭パーティーに出席したはじめたちの目の前でショーの主催者・チャンがうめき声をあげ、
血を吐いて苦しみながら絶命した。死因が毒殺と判明すると、リー刑事は真っ先にチャンにシャンパンを注いだウエイター、キム・ロンドン(V.I)に疑いの目を向ける。だが、はじめの機転でキムが犯人ではないことが証明される。 そこへ美雪からメールが……。「あたしは無事です。でも、警察に誘拐されたことが知られると殺されるかも。目的が果たされたら、生きて帰してくれると言ってます。  美雪」
どうすることも出来ないはじめたちは、その夜、キムの誘いで彼のアパートに泊まることとなった。 キムは韓国からの留学生でアルバイトをしているという。 彼の部屋から香港名物のレーザーショーが見られると聞き、アイビーと食事をしているランも誘って4人はキムのアパートへ集まった。そこではじめたちはアイビーから“九龍財宝”の伝説を聞く。それは、20年前、まだ東洋の魔窟と呼ばれた九龍城があったころ、時価数十億と言われる99カラットのダイアモンドが存在していたという伝説。 その財宝を守っていたのが、“九龍皇帝”の異名を持つワン・ロン(エリック・ツァン)だった。 突然、上の部屋から騒々しい声が聞こえてくる。キムのアパートの上の階に住んでいたシン(小松拓也)が何者かに殺されたのだ。 死んだシンのポケットには、「毒龍からは逃げられない」と中国語で書かれたメモが入っていた。 事件の裏には、20年前に消えた“九財宝”が関わっていると言うリー刑事。
果たして事件の真相は?!
はじめは無事、美雪を助け出すことができるのか?!
関連記事


>
2013/01/15 10:10 :Category:【山田涼介】カインとアベル コメント(8)
ありがとう♪
初めて金田一シリーズを見たので
前作と比較・・・とかはできないですが、
とにかくとってもいい作品だったと思います☆
勇気をありがとう♪
涼ちゃんのこれからの活躍も期待してます!
こんなに演技だって上手だし、歌も上手だし、
もっといろんなことで頑張ってもらいたい♡
投稿者: [ 2013/01/28 19:25 ]
山田君&有岡君の大ファン
失礼は承知で・・・この、「金田一少年事件簿」が1番いいんじゃないん?
投稿者: [ 2013/01/19 17:04 ]
ありがとう
私は、今1番辛い時期にいます。
だけど、そんな私の背中をおしてくれたのは、このドラマでした。

今回、平成ジャンプの2人が出ている金田一少年事件簿を見て、勇気がでました。テストも、事件を解決するように、出来たらいいなと思います。きっと私だけではなく、たくさんの人が勇気をもらっているドラマです。
投稿者: [ 2013/01/19 16:54 ]
初代と似ていました。
山田くんの声とか話し方とかときどき初代金田一かと思うほど似ていました。ストーリーもザ・金田一という感じでした。ランさんが犯人で悲しいストーリーを背負っているところも。

自分の年齢が上がってきたせいかストーリー自体は昔ほど楽しめませんでしたが、安定した面白さなんじゃないかなあと思いました。連ドラはやらないのかな?

あとはビビアンが昔と同じくらいきれいで驚きました。年をとらないの?日本語はちょっと忘れちゃったのかな…?バラエティーにでてほしいな。
投稿者: [ 2013/01/16 11:26 ]
感想
私は、日本の俳優さんぐらいしかわからず試聴しましたが、展開が早くとても面白かったです。
特に演出の仕方が好きでした。
吹き替えは寧ろ映画をみてるようでスケールの大きさを感じ、場所によっては、字幕になったり、ドキドキしながら見ました。

ビビアンを久しぶりに見たらとっても綺麗で、ぴったりの配役。
刑事役の方もかっこよかった。
主演の山田くんは、ほんとに第一シリーズの剛くんのイメージに近い感じでファンじゃなくてもキュンとくる。
私は、金田一のイメージにピッタリだと思いました。

後、爆弾がすんなり解除されたのはちょっとさみしいかなとも思いましたが、二時間でこの内容なら悪くない。
また、このシリーズのスペシャルを作ってくれるなら試聴したいと思います。
投稿者: [ 2013/01/16 11:11 ]
リアルとデジャヴ
エンタメとしては面白く、ちょっとドキリと考えさせられる内容でした。出演者の演技が安定していたので裏テーマ?等を深読みできて楽しかったです。細かいところでは第二の殺人のトリックとか、第三の殺人とか無理があり過ぎなんだけど、そんなドラマだったよね(笑)



ヒロイン二役ならではのドンデン返しには早くも気づいたけど、やっぱり幼なじみな二人を見てるとほっこりさせられる。初代の演技(推理中と普段のギャップ)へのリスペクトも感じられました。



しかし、エリックはいつまでも若い(笑)無間道シリーズからも随分たつよね(笑)あと、パイロン役の俳優さん!めっちゃ格好いい!細かい表情のお芝居に惹かれました。下の方の意見を読ませていただいて、それなら日本語でお芝居を拝見したかったなぁ。もしかして撮影時期的に、ご本人或いは所属事務所が断ったのでしょうか?とにかく残念でした。



しかし、荒唐無稽と思えるダイヤの行方は、交換したものは一般に知らされてないだけで既に各国で開発されてそうだし(汗)交換先もなかなかリアル…。ボーイ役の彼が一(はじめ)たちに不意に呟いた日本の若者への言葉は、重く受けとめるべきかもしれませんね。何しろ、キーマンである長男がしっかりしていれば起きなかった事件。それぞれ異なる環境で育った4人きょうだい。その長男が育った国なのですから。日本人よ、しっかりしろ!と痛烈なビンタを喰らわされたようでした。
投稿者: [ 2013/01/15 13:34 ]
残念な扱われ方なウーズン
たまたま、チャンネルを合わせたら、ウーズンが出演していた。香港が舞台なのに、何故?後で解説見たら、台湾警察からの出張になっていたので、設定は変ではなかった。
日本語でのCDも出しているし、日本での番組(台湾のアーチスト&俳優が出演する番組)の一コーナーのレギュラーをやっていたはずだから、多少の日本語は話せるはずなのに、何故に口パク?元アイドルだけど、演技派俳優なので、大変残念で、もったいない。
これをきっかけに、日本ドラマのオファーがかかるかもしれないし、ファンが増えるかもしれないのに、彼を知らない人が見たら、イマイチにしか見られないかも。
主役より目立ってはいけないからなのかなぁ。残念な扱われ方だった。
投稿者: [ 2013/01/15 04:25 ]
金田一少年・新作
この鉄板シリーズ、そのうちやるだろうと思っていましたが(笑)
正直山田くんとは思いませんでした。彼はジャニーズ若手ではベテランの位置。
このシリーズは若手でもこれから売り出すって感じの子が主演していたイメージだったので、てっきりセクゾンメンバーあたりかと。
演技力も実績もある山田くん主演というところが、冒険できないテレビ局の現状って感じもしなくもない…(汗)視聴者側からすると見る安心感はありますね。

私は堂本世代(?)なのでファーストシリーズの堤監督と堂本剛くんに思い入れが強いです。第二シリーズで松本くん版を見たときは「やっぱ違うな」とおもいつつ、「先輩と比較されるし大変だなあ…頑張れ~」と応援していたことを思い出す(笑)ああいまと変わらなすぎて怖い(笑)
第三シリーズは亀梨くんでしたね。悪くなかったのですが、どんどん金田一一のビジュアルイメージとかけ離れて別物感が一番強かったかな。その点で一番損したかも。

今回のドラマ化は今現在連載中の作品のようですし、忠実にドラマ化するのか、前シリーズとの差別化を図ってくるのか、いろいろ楽しみです。
(…ダークな作品という印象が強かった初期のドラマ化から随分時間が経っています。時代の移り変わりとともにぐっとマイルドな感じ?になるのかな~…。最近のリメイク作は大抵前作より表現が控えめになりがちですね)
投稿者: [ 2012/07/26 15:28 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
最近のコメント★歓迎!
データ取得中...
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング