Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【月21視聴率】リッチマン、プアウーマン 小栗旬主演 


公式サイト
「リッチマン-」は億万長者の主人公と、就職難のヒロインの恋物語。“男のけじめ”をつけ、俳優としても大人の色香漂う小栗が、直球ラブストーリーを投げ込む。
【出演】
日向 徹 小栗旬 本作の主人公。29歳。IT企業「NEXT INNOVATION」社長。
澤木千尋 石原さとみ 本作のもう1人の主人公。23歳。東京大学理学部4年生。
朝比奈燿子 相武紗季 朝比奈の妹で、千尋の恋敵。25歳。レストランのチーフ・シェフ。
朝比奈恒介 井浦新 社長。36歳。燿子の兄。
大地真央 佐野史郎 浅利陽介 舞川あいく
【スタッフ】
【脚本】安達奈緒子
【プロデュース】増本淳 関口大輔
【演出】西浦正記 田中亮
【音楽】林ゆうき
【視聴率】
第一話 12/07/09 13.9% 「資産250億の男と就職難民女の最低最悪の出会い」
【脚本】安達奈緒子【演出】西浦正記
第二話 12/07/16 11.3%「動き始めた運命!嘘つきは恋の始まり」
【脚本】安達奈緒子


【第一話】
日向徹(小栗旬)は、29歳にして時価総額3000億円とも言われるIT企業「NEXT INNOVATION」を率いる注目の若手社長。日向に可能性を感じた朝比奈恒介(井浦新)が会社設立を持ちかけて、8年前に大学が開放した古い学生会館の一室から会社をスタート。瞬く間に成功を収めた。一方、澤木千尋(石原さとみ)は、東京大学理学部という学歴ながら就職が決まらず面接に奔走する日々を送っていた。そんなある日、面接に向かう途中で、「NEXT INNOVATION」が入る高層ビルが目に止まった。ハイセンスな職場と、そこで働くオシャレな人々。
就活用のスーツに履き古しのローヒール姿の自分とは何かが違う、とため息をもらす。
そのころ、日向は朝比奈と取締役の山上芳行(佐野史郎)を前に、戸籍をインターネット上で管理するシステムを作る計画を明かした。日向は、国が着手する前に自分たちがやるんだと意気込むが、山上は、初期投資だけで会社の金が吹き飛んでしまうと難色を示す。
数日後、千尋は「NEXT INNOVATION」の会社説明会にやってくる。学生で埋め尽くされた会場の最前列に千尋が座ると、ステージに日向が現れた。そんな日向を舞台袖から朝比奈が見守っていると、朝比奈の妹の燿子(相武紗季)も様子を見に来る。
日向は、自分の話を終えると、学生に質問を始めた。最前列の端から指名する中、ついに千尋の番になった。いきなり内定数を聞かれた千尋は、正直にゼロだと明かした。すると日向は、東大卒でも内定がもらえない時代なのか、それとも千尋によっぽどの欠陥があるのかと、千尋を値踏みするように見て…。
感想
「澤木千尋」という名前がこの物語の鍵なんだな。なんで、日頃から彼女は偽名まで使って生活しているのか?日向に出会うために彼女は、彼の記憶の鍵となる人物に成りすましていたのか?直球ラブストーリーと思っていたら、意外な設定が隠されたところは良いアクセントとなって、ドラマに興味を引く。彼女の中の秘密と日向が抱える障害の合間にある物語を色々と楽しめそうな気はしてきた。ドラマの大まかなスジは、昔から得意だったフジ王道のラブストリーなのかもしれないが、もう一つドラマがありそうなところは、気にかかる。演出のテンポも心地いいし、日向が野心的で、魅力的なのは何よりだ。彼をプロデュースする副社長の存在も気にかかる。そして彼を支えるパワースポット?禅寺というのもいいんじゃないかな。かつてのラブストーリーからどう進化しているのか?まだ、ドラマ自体は一話が終わった瞬間から始まった印象だが、気になるドラマになるかも。
【第二話】
日向徹(小栗旬)は、澤木千尋(石原さとみ)を「NEXT INNOVATION」に来させると、総務省の藤川事務次官(大地真央)から呼び出しがあったと告げる。昨日の今日で連絡があったのは、藤川がよほど千尋を気に入ったからだ、と徹は言うが、千尋は自分の都合などお構いなしの徹に不満をこぼす。徹は意に介さず、日当と成功報酬を払う、と事務的に言い放つ。その後、藤川との面会が無事終わった帰りのタクシーの中で、徹は大量の資料を千尋に渡し来週までに覚えて来い、と命じる。そして、車を停めると自分は用事があるからと言って、千尋を降ろした。そのとき千尋は、昨夜、徹の車中に靴を忘れた事を思い出し、返してほしいと頼む。徹は、財布から1万円札数枚を取ると、あれは捨てたから新しいものを買え、と差し出す。悔しい千尋は、「お金があると人は変わるんですね」と言い捨てると、金を受け取らずに立ち去った。
同じ頃、朝比奈恒介(井浦新)は、バーで山上芳行(佐野史郎)のグチを聞いていた。酒に酔った山上は、代表取締役である徹の解任決議を出そう、などと言う。そんなところへ、レストランの仕事を終えた朝比奈燿子(相武紗季)が入ってきて、徹はいないのか、と聞く。一方千尋は、就職試験を受けていた部品メーカーから最終面接の通知を受け取って喜ぶ。
その頃、徹はなじみの禅寺にいた。僧侶の笛木匡正(中原丈雄)に、自分の母親と同姓同名の人物が現れたと明かしていた。他人とわかりながらも、母と同じように失うのが惜しくて、口実をつけて引き留めているのだ、と言い…。
感想
誰の人生、こうやったから、確かな人生が待ち構えてるなんてことはない。一生懸命勉強したからといって、簡単に就職できる時代でもないし、澤木千尋が巻き込まれた日向徹という渦の中で、多くのことを経験し、苦しみを味わったことで、彼女は単なる暗記ロボットから人間として魅力的に変化しているというのを、就活というフィルターのもと、感じさせられるところは面白い。彼女が就職しようと思った企業の人事の人に彼女の変化を語らせるから、面白みも出てくるんだな。そして、自分が犯したミスかも知れない藤川事務次官へのミスに、彼女ができる範囲で、まっすぐに玉砕覚悟でアプローチしていく姿はドラマがあった。けど、日向も彼なりの挑戦方法で、藤川事務次官を落とそうとしていたところもいい。彼女が澤木千尋と名乗る理由はまだ見えてこないし、日向徹を動かす朝比奈のほんとうの姿は何なのか?二話を見てさらに興味が出てきた。したたかに、日向を狙う朝比奈燿子の仕掛けも彼女の味が出ていたし、良い感じで、ドラマのエッセンスになりそうだ。なかなか、メインキャラひとりひとりが魅力的で楽しめる内容になっていたとは思った。話はまだまだ、本題に入りそうもないけど、そこまでどう行き着くのか?何しろ期待できそうと感じさせる二話だったかも。
第三話
関連記事


>
2012/07/17 09:57 :Category:【小栗旬】CRISIS 信長協奏曲 コメント(24)
目の前には、一面の青空
仕事場で「去年までの就活生」と話をする機会があります。
もちろん仕事は未熟で(あたりまえか)荒削りなところは同じだけど、世の中の見方や生活観は、もう彼らの方が数段上ですね。僕が就職した頃はあそこまで大人じゃなかった。だから思う、千尋の「プア」ってなんだろう。
もし今の境遇に対する自信や、気持ちの余裕がたりないことを意味するなら、それは老若男女だれでも同じ。自信をもってほしい。そんな彼らが今の月9に「夢」を求めるとしたら、ラブストーリーでない別な展開があってもいいなと思えてきた。と書けば良かったんだな、業界うんぬんじゃなくて。文章には人柄が出ますね、僕も気をつけます。王道のラブを否定する以上批判は当然来ると思っていたので、3人載ったらごめんなさいをするつもりでいました。
あとは局の人が「若い世代」と「今までのごひいき様」、どちらに未来を託すかです。
僕は大丈夫だと思いますが、荒れそうなら掲載しないでください。管理人さんに委ねます。

思い切り伸びをして座り直す。目の前にはガラス越しに一面の青空。今日は富士山も見える。足下しか見えずに走り回っていた私に、違う視点をくれた。今はあの人に感謝したい。
「澤木さん、15時のアポのお客様、お通ししています。応接にお願いします」
「はじめまして。アーケイディアの最高経営責任者、澤木千尋です」
投稿者: [ 2012/07/22 19:28 ]
楽しんだモン勝ち♪
夏の月9いいですね。一話のラストでグッと掴まれ、二話まで観て完全に嵌まりました。このドラマが何を訴えたいかはまだよくわかりませんが、私は最後まで視聴決定です。小栗さんも石原さんも役に合ってますね。石原さんは…正直始めはこの役は難しいんじゃないかなぁと思ってましたが、とても魅力的に演じてらっしゃいます。全てを否定しながら観てしまうとせっかくのラブもストーリーも楽しめないので、ベタと言われようが韓流韓流言われようが、夏らしくてちょっとミステリアスで、連ドラらしく先が気になるし、いい意味で裏切ってくれそうな予感がする脚本家サンなので期待してます。

王道からワザと外したラキセ・鍵部屋もチャレンジングで凄く面白かったのですが、月9ならやっぱりラブでしょう!!オリンピックで厳しい夏に、敢えてオリジナルで王道のラブに挑んでくれたフジにはエールを贈りたいです。そしてベタでもいいけど、どこかいつもとはちょっと違うエッセンスが入り、読んでた先をバッサリ裏切ってくれる様な展開になればいいなぁと思います。

あと、役者さんの演技の批評や…脚本(ストーリー)・設定・演出等に対して具体的な内容のマイナスコメントはOKです(ドンドン書いて下さい)が、ただこのドラマやキャストが気に入らないだけで、大した理由も述べずに批判だけされる方がいらっしゃる様で大変残念です(涙)。文章には人柄が出ますから、自分も気をつけようと再度思い直しました。

管理人さんと"ちーさん"のコメントにはスゴク頷けました。

皆さん演技がしっかりしたキャストさんばかりなので安心して観れますね!朝比奈と妹耀子にも注目です。
今後、千尋と耀子の絡みも増えるでしょうし、名前の事も気になります。

夏の王道オリジナルラブストーリー+ちょっと斬新な展開を期待して、外野なんて気にせずに思う存分月9を楽しみましょう!

投稿者: [ 2012/07/20 22:17 ]
テレビの生き残り?
TBSのバラエティのPだかDが雑誌の座談会で「視聴率総崩れ時代」~~コメントと同じような発言をしていました。番組が消費税割れの視聴率になるとも言ってましたが、ひょうとして同一人物なのかしら。

その記事を読んで、番組のつまらなさをテレビ離れや予算がないことが原因とするからダメなんじゃないと思った。「ミタ」のように40%も獲るドラマもありますからね。
投稿者: [ 2012/07/20 09:19 ]
「視聴率総崩れ時代」の月9の生き方
梅ちゃん先生22。土ワイ・捜査一課長14。このドラマ13.9。GTOと遺留捜査が同率で13.3。そして、その他はことごとくふた桁ぎりぎりかひと桁。
これがドラマの実態なんですね。日曜朝のがっちりマンデーが13.2!も取っているのに。
考えられるいちばんの理由は、もともとの母集団がしぼんでしまったからだろうな。普通の人はもうテレビを見ない。特に若い世代は。だから、不確定要素で簡単に数字が落ちる。
浪速探偵団は、大阪芸人の生保問題がなければたぶんここまで落としていない。
「後期高齢なる数寄者のマイナー芸術」に堕ちてしまったテレビは、生き残り策を探さなければなりません。当然、筆頭はメインユーザのお好みに沿うこと。
朝ドラが三代続けて戦中派をこれでもかと持ち上げているのも、その証左でしょう。

そんな時代に新しいパイを狙うなら、老舗のドラマこそ冒険してほしい。
恋愛ものだろうがサスペンスだろうが、いつまでも「どこかで見た」ような話をやっていてはダメだろうな。どうせ時代の寵児を主人公に据えるなら、ニッチを世界中に広げたカワイイTVでも見習って、海外市場に持ってゆけるようなストーリーを送り出してほしい。
ここに集うほとんどの方の共感は、たぶん得られないでしょう。でも今、体力的にこれができるのはたぶんフジの月9しかありません。
今の設定につなげるなら、徹とぶつかるうちにまだ見ぬ才能を開花させた千尋が、浮き草ベンチャーを乗っ取るかその上を行く起業家になる。せめてそのぐらいの逆転下克上を見たい。
何がプアなのか分からなくなっちゃうかな。でもそんなの、後から考えればいいじゃない。
投稿者: [ 2012/07/19 22:42 ]
ながら見で十分
結局またこのテイストですか・・・が正直な感想です。
この手のドラマだったら、キャストが誰でもそんなに変わりないのかも。
もともと月9=恋愛ドラマという概念が薄かったので、風変わりな物でも面白ければOKだと思ってました。
月9で一番記憶に残っているのは、未だに「ガリレオ」ですし。
小栗さん、石原さん、相武さん・・・字面的には華やかなようでイマイチ個性がない俳優ですね。
相武さんは主演では輝かないけど(失礼)、脇ではいい味出してると思うので、彼女のこれからの役どころが唯一楽しみと言えば楽しみかな~。
どちらにしても、毎回最初から最後まで集中してじっくり見るということはないでしょう。
ながら見でも問題なく付いて行けるドラマだと思います。
投稿者: [ 2012/07/18 19:18 ]
ストレスレス
キャストが 魅力的で 誰かが出過ぎる事もなく 上手くまとまってるので ストレスフリーで あっという間の1時間でした

ストーリーはある程度予測出来ちゃうんだけど 小栗君やさとみちゃんの 良さが生きる 設定だし 朝比奈も何を考えてるのか解らない所が 引き付けられました

重くなり過ぎず だけどキャストの演技力が安定してるから 軽くなり過ぎなくて 絶妙なバランスだと思いました

個人的には さとみちゃんがとても チャーミングで魅力的でした
投稿者: [ 2012/07/17 10:04 ]
月9は恋愛の上手い脚本が書けないなら無理にやらない方がいいと思いました!
予想ができるような内容なのと感情移入できない設定に・・って感じです
投稿者: [ 2012/07/16 19:50 ]
今回の月9は見ます。
前回は謎解き関係のドラマが多かったので飽きてました。

やっと 恋愛ものですね。

視聴率的には原作ありの謎解きが取れるかもしれませんが

評価は違います。

前回のリーガルハイも斬新でした。

あまり無難な所ばかりに落ち着かないで欲しい。

今回は待ち遠しいです。v-22
投稿者: [ 2012/07/16 09:53 ]
就活生としては最初の20分でイライラしてしまいましたが。
ストーリーとしてはちょっと楽しみ。
投稿者: [ 2012/07/12 11:25 ]
面白いです
ちょっとひねりのある展開ですねえ。千尋(偽名)が名乗るまで一度も名前がでてきませんでしたよね。偽名ってわかってから即録画見直しましたよ。初見ではただぽおっとしているだけの千尋の表情も、何を考えてるのかと何度も見直しています。どのあたりでバレちゃうのかきになります。出会いは年齢差からいって元家庭教師か地方にヒッチハイクできた徹を偶然家に泊めたとかかな?先が楽しみです。ただ、仮にも履歴書に偽名って…就職は別会社ってことかな~
投稿者: [ 2012/07/12 00:12 ]
意外とかっちりしている
数年前、小栗旬での月9『東京DOGS』は期待とは裏腹の変な刑事ものでしたが・・このリッチマン~はなかなか面白く、見た目の派手さのわりに、ドラマとしてしっかりと興味が持続する展開がうれしくなりました。
禅寺あり、鳩山邸あり高級ブティックあり、こうした要素が意外とうるさくなくバランス良かった気がします。主役の小栗はキャラにしっくり合って、嫌みな顔つき、癇癪を起こすところ・・こうした変人カリスマに過不足ない充分な雰囲気、アラタ、石原さとみも好感持てる演技でひさびさ月9に期待しています。
投稿者: [ 2012/07/11 14:41 ]
「結末の見えない月9」が見たい
1000人未満の中小企業を希望する学生の数が、大企業を上回った。
職場の規模や安定性よりもやりがいを選ぶ。そんな指向の変化を受け止めるには、あまりにもバブルの亡霊のような浮き草ベンチャー「ネクスト・イノベーション」。彼らの目には一体どう映るのでしょう。就職説明会やセレブパーティーの華やかさひとつをとっても、月9に賭けるフジの本気度がわかる。マジメに作っているからこそ、本編のストーリーが気になる。
徹のイメージはスティーブ・ジョブズなんだろうな、レゴリスじゃなくて(笑)。でもやってる事は実体のない○リエモン。そして夏の月9らしく「いつか見たようなシーン」で一杯。
白いレクサスのコンバーチブルを乗り回すのは、ファースト・キスだっけ。放浪癖のある料理人は(そんな職業が成立するのか)、外交官のようなものかな。
強引な男に連れられお姫様のようにブティックをめぐる、これはありすぎて忘れちゃった。

夏こそは、いつもと違う「結末の見えない月9」が見たい。
でも徹は、もう1話で千尋を目で追ってしまう。直球はいいよ、変化球でいいのに。
新さんが主役のサスペンスなら面白いだろうな。ただし、ものすごくジミになるけど。それかヒロイン千尋に、記憶力どころかATARUもぶっ飛ぶような潜在能力をつけてあげたい。
とにかく徹と「火花を散らして」ほしかった。出てくるかな。偽名が対立点のフラグならいいのですが、月9は脚本が途中で変わるからまだあきらめないよ。
投稿者: [ 2012/07/11 06:26 ]
来週も楽しみなラブストーリー
題名を見ると、サクセスラブストーリーかなぁって思っていたけれど、
ミステリアスな伏線があり、今後の展開が気になるドラマになりました。
女性が「プアウーマン」といえども、高学歴という。。。千尋は一見自信なさげで弱そうに見えるけれども、あの日向に語りかけた力強さは、自己主張ができてデキル女性。決してプアなイメージはなかった。このあたりが、視聴する前とのイメージが変わったところかな。
石原さとみちゃんのあどけなさを見せる表情がとてもよかったし、
それに引き換え小栗旬君の傲慢な演技が、二人の出会いをより一層印象付けるものになった。でも最後のあたりをみると、二人の展開は日向主導ではなくて千尋が繰り広げていくのかな。
思っていたよりも面白そうなドラマ。王道だけではない、どんでん返しを見せてくれるラブストーリーに期待します!
投稿者: [ 2012/07/10 12:45 ]
安定感
最初はフジのラブストーリーの王道ぽくて あんまり見る気がしなかったんです
キャストにも新鮮味が感じられないし…


でも終盤は キャストの力もあって 結局最後まで見てしまいました

最後の展開が無ければベタな王道ラブストーリーなので ベタな物を魅力的に見せるには新鮮なキャストが絶対 必要だと思うけど そこに演技力が入ると難しいんでしょうね

ドラマの安定感はバッチリだったし 面白かったです
投稿者: [ 2012/07/10 12:28 ]
思ったより低い
恋愛ドラマは好きなので、久々に月9らしいラブストリーで期待してたのですが、初回視聴率思ってたよりも低かったですね。前期の鍵のかかったが18.3で同じラブストーリーの恋愛できないが17.0でしたので それと比べるとかなり低いスタートとなりました。
裏にしゃべくりのSPをやってましたがいつものSPよりは低かったので15はいくかと思ってましたが残念です。
やはり主演俳優さんのプライベートでのことが多少なりとも影響してるのでしょうか?恋愛ドラマをやるにしても もう少し経ってからの方が良かったのかもしれませんね。ヒロインの方はいつもきゃっきゃっ言ってるイメージで(個人的には苦手なタイプ。すみません)この手のヒロイン役に合ってるのかどうか・・・この先まだ見てみないと何とも言えませんが、来週はまた裏が強敵なので頑張ってほしいと思います。
投稿者: [ 2012/07/10 10:05 ]
王道ですね!
期待以上でした!
さとみちゃん、番宣ではあんなにかわいかったのにどうして?と思ったら、変身させるためでしたか~
腹黒は小栗と見せかけて、実はかわいらしさがちらほら、反対に、守ってあげたいと思わせたさとみちゃんが腹黒とは!
いや~楽しみすぎます。さとみちゃん、かわいかった~!!!まだまだかわいくなりそうで期待!
相武紗季ちゃんも大好きなのでどんな形でかきまわしてくれるのか楽しみ。
ARATAの役回りもめっちゃ美味しいですね。これは、花男でいう花沢類?スラムダンクでいう流川?いやいやいやいや、あせっちゃいけない。もう少し様子をみよう。
投稿者: [ 2012/07/10 01:48 ]
月9
鍵のかかった部屋がもの凄くツボだったのですが割とマニアックな感じだったので、次は月9の王道な路線でワクワクしてます。いつもだったら恋愛モノは惹かれないのに(笑)正直イメージしていたものとあらすじが違う感じだけど、初回は見ます!
結局は枠に関係なく面白いドラマは面白いし、つまらないドラマはつまらない。このドラマはどっちかな?楽しみに待ってます
投稿者: [ 2012/06/30 18:54 ]
ラブストーリーな月9
個人的には月9はラブストーリにこだわるのはありだと思っています。
探偵や刑事ものばかりになってしまうのもねぇ・・・。

気になるのがプロデューサーと脚本家があの「大切なことは~」のコンビということ。
またキャストの無駄遣いにならないようにしてもらいたいです。
投稿者: [ 2012/05/22 23:36 ]
月9恋愛路線戻ってきましたね。恋愛ドラマを見たくない訳ではなく、見たいけど何だか疲れてるんです(笑)
元気より癒しな恋愛が見たい。
石原さとみちゃん、今ノッてますよね~。キレイで色っぽい。
成長した演技は見てみたいけど、脇でおいしい役の方がいいなぁ。
投稿者: [ 2012/05/22 19:08 ]
小栗旬くんも石原さとみちゃんも好きだけど内容を読むとあまりおもしろそうだと思えません
明るい恋愛ものは好きなんですが…
どうせやるんならベタな方向に突っ切って本家プリティウーマンのように王道な恋愛ドラマにすればいいのに、どうもあらすじを読む限り余計な要素がいっぱいありそうで…
でも不安を裏切ってくれるような面白いドラマになってくれればいいな、と思います
夏は頭をからっぽにして楽しめるような明るい恋愛ドラマが見たい
投稿者: [ 2012/05/21 18:02 ]
小栗さん月9!
プリティウーマンってあの有名な…と新聞記事を見て思ったんですが、
記事をよく読んでみたらストーリーは完全オリジナル?みたいですね。

恋愛モノ…うれしいんですが、あれだけ月9は一新したと言っていたのに、月9の王道バリバリ恋愛とは…ちょっと戸惑いを隠せません^_^;

でも!小栗さんのリッチマン役はなんだかワクワクしますし(ボンビーメンから一転!笑)、石原さとみさんや相武紗季さんは可愛く凛とした美しさがあるので、どんな魅力的な表情を見せてくれるのか楽しみです。
王道でベタ、大歓迎!
投稿者: [ 2012/05/21 09:46 ]
また・・・
キャストだのみの恋愛物に戻ってしまいましたね。
今回の月9でちょっとはフジも学んだかと思っていたのに残念です。

恋愛云々抜きで月9は
「上質なドラマを提供する」
場であってほしいなと思ってます。
投稿者: [ 2012/05/21 09:21 ]
やっぱり月9、また元の路線に戻っちゃうのか。
恋愛ばかりが前面に出されると、薄っぺら感がいなめなくてあまり期待できなくなっちゃうなぁ。

まあ、それは好みの問題でしょうけど。
投稿者: [ 2012/05/21 09:07 ]
石原さんも相武さんも大好きなのですが、なんだろう、、、プリティーウーマンを今見たいという気になれないなぁ。。。

月9が恋愛物卒業を訴えたときものすごく寂しく思ったのですが、なんかもうちょっと自然な形の恋愛物語がみたいかもです。
投稿者: [ 2012/05/21 07:20 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング