Fcastドラマ視聴率

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【月20視聴率】浪花少年探偵団 多部未華子主演感想 さらに最低値に 


今夏放送!月曜よる8時スタート
小学校教員の資格を持つしのぶ(多部)は大阪市の下町にある架空の大路(おおじ)小学校に臨時の講師として着任、6年2組の担任となった。好奇心一杯で行動力もあるしのぶは自分たちの身の回りで起こる不思議な事件に首を突っ込み、深く関わることになる。 しのぶが、しのぶに負けず劣らず元気な少年たちとともに、刑事も頭を悩ませる難事件を解決するという痛快なストーリー。しのぶの若い女性ならではの感性と類まれなる推理力が発揮され、事件解決の爽快感も存分に楽しめる。ミステリー小説が大好きで曲がったことは大嫌い、そして生徒思いのしのぶが犯人に「うちは大路のしのぶやで!」と啖呵を切るシーンは毎回登場する番組の見せ場。
【出演者】
竹内しのぶ…多部未華子
新藤修平…小池徹平
本間義彦…山本耕史
榛名美佳…木村文乃
原田郁夫…前田航基 田中鉄平…濱田龍臣
土屋芙美…八木優希 福島友宏…伊澤柾樹
芹沢 勤…吉井一肇 朝倉奈々…浜辺美波
上原美奈子…二宮星 畑中弘…高橋晃
原田修…前田旺志郎
原田日出子…斉藤由貴 原田昌夫…温水洋一
漆崎進…段田安則
中田幸夫…小日向文世 竹内妙子…松坂慶子
【スタッフ】
原作:東野圭吾 『浪花少年探偵団』『しのぶセンセにサヨナラ』(講談社文庫刊)
脚本:吉田紀子 江頭美智留 沼津そうる
演出:清弘誠 池澤辰也  東田陽介
プロデューサー:黒沢淳
【視聴率】
第一話 2012/07/02 *7.8%「しのぶセンセの名推理」 
<第一話ゲスト>:久本雅美、木村祐一、富田靖子
脚本:吉田紀子 / 演出:清弘誠
第二話 2012/07/09 *6.0% 「しのぶセンセは暴走族」
脚本:吉田紀子 / 演出:池澤辰也
姜暢雄
第三話 2012/07/16 *5.6%「お見合い殺人と鉄壁のアリバイ」
脚本:江頭美智留 / 演出:池澤辰也
山本耕史 
第四話 2012/07/23 *7.1%「自殺?事故?密室殺人!?東野圭吾の真骨頂!!」
脚本:江頭美智留 / 演出:清弘誠
蟹江敬三
第五話 2012/07/30 *5.5%「婆ちゃんの大金を襲う魔の手!!」
脚本:吉田紀子 / 演出:池澤辰也
正司照枝


第一話
新学期を迎えた大阪市・大路小学校に、竹内しのぶ(多部未華子)という常勤講師(※)がやってきた。6年2組の担任になったしのぶが初めての出欠をとっていると、教頭・中田幸夫(小日向文世)が現れ、驚きの事実を告げる。なんと、しのぶの生徒のひとり・福島友宏(伊澤柾樹)の父・文男(木村祐一)が昨夜、何者かに殺されたというのだ!事件を担当することになったのは、大阪府警捜査一課の刑事・漆崎進(段田安則)と新藤修平(小池徹平)。被害者の文男は、妻・雪江(富田靖子)、息子・友宏とその妹・さくら(吉沢海音)の4人暮らし。文男は気まぐれにたこ焼き屋を営み、雪江は食品工場で働いているが、文男にはギャンブル癖があり、その生活は楽ではなかったらしい…。福島家と同じアパートで暮らす山田徳子(久本雅美)は、事件の夜に「文男が軽自動車で出かけていった」と証言。さらに、文男が家族に暴力を振るっていたとも話し、表情を曇らせる。
捜査が進むうち、文男には多額の借金があり、暴力団からも金の返済を迫られていたことが判明。漆崎と新藤は、殺害動機のある雪江や文男の友人、ヤクザなど“怪しい人物”を片っ端から調べていくのだが、それぞれに完璧なアリバイが存在して…。.
一方、事件に興味津々のしのぶは、原田郁夫(前田航基)、田中鉄平(濱田龍臣)、畑中弘(高橋晃)らクラスメイトが、友宏とその父親について言い争っていたのを聞き逃さず、自ら捜査を開始。友宏のアパートを訪れた際、自分を“不審者”と勘違いした新藤からちゃっかり捜査情報を仕入れ、真犯人を推理してゆくのだが…!?
感想
この枠らしい、ほのぼのした子供たちと教師のドラマの中に、ろくでもない父親が母親を殺し、保険金を受け取ろうとしたら自分が死んでしまったという事件が描かれているが、どう考えても、事件の方はひとつのアクセント。事件のあらましは、見始めたら、すぐにわかるようなものだったし、トリックなんか驚愕でもなんでもなく、すぐ解けたが、子供たちとしのぶ先生のやり取りはなかなか面白く、こちらがメインになっているので、謎解きが簡単なのは、このドラマの雰囲気的にも良かったかな。その間に、ちょっとダメ刑事の新藤修平が加わって、気楽に見れるドラマになっているとは思う。なにしろ、かなりのおてんばなしのぶ先生を演じる多部未華子の魅力は出ているし、ドジな小池徹平もなかなかかわいい。子供たち目線で描いているのも楽しいかも。けど、初回2時間位するのはいいが、ドラマに組み込まれている話は、一つしかないために、テンポがゆったりで、だらだらした感じが最後の方してしまったのは、少し残念。一時間一話完結なら、楽しくテンポも良いドラマになるのではないかと来週に期待したい。
第二話
『交通安全教室』が開かれている大路小学校で、指導に訪れた警察署長をつかまえ、“交通事故の怖さ”を身をもって知るために自動車教習所に通っていることを誇らしげに明かす竹内しのぶ(多部未華子)。実は、その教習所では、原田兄弟の母・日出子(斉藤由貴)も、家族に内緒でせっせと練習に励んでいた。ある日、日出子はしのぶに、イケメンで“ヨン様”似の教官・岩本俊一(姜暢雄)が、早朝に無料で“個人レッスン”をしてくれることになったと嬉しそうに打ち明ける。特訓がタダ!と聞き、そのレッスンに便乗することにしたしのぶだったが…。
そんなさなか、原田家のほど近くにそびえ建つ豪邸に、2人組の強盗が押し入り、現金や宝石など総額1億円の金品が盗まれるという事件が発生。「事件」と聞いたしのぶは、またまた興味深々だ。
感想
今回の話は、一時間で、テンポよく話も進んでいたし、しのぶ先生も毒舌も快調で、あのマンガのシーンみたいなカーチェースが何しろ楽しかった。なんで刑事が免許持ってないのか?そんなこと気にしないで、ハチャメチャな子供たちを巻き込んだしのぶ先生の弾け方は気持ちいい。追跡しようとしているのに、仮免許とか書いてるところがおちゃめだ。そういえば、犬のウ◯チの謎とかどうなったのか?わからないところは、ちょい描きたりたくて不満だが、楽しかったからまあいいか!的な感覚で見ていきたいドラマだな。最後は、吉田の母親日出子も元の鞘に収まったが、また何かやらかすんだろう~。
第三話
中田教頭(小日向文世)の勧めで、竹内しのぶ(多部未華子)が見合いをすることになった。お相手は、大阪の有名企業のエリートサラリーマン・本間義彦(山本耕史)である。本間の勤める会社の社長・元山政夫(鶴田忍)と中田教頭は、先日飲み屋で知り合った仲。しのぶの母・妙子(松坂慶子)も、娘に届いた良縁を喜ぶ。
見合いのことを偶然知った原田郁夫(前田航基)、田中鉄平(濱田龍臣)、畑中弘(高橋晃)は、さっそくしのぶに好意を寄せる新藤修平(小池徹平)に報告。見合いの当日、新藤は探偵団のメンバーと共に様子を偵察することに…。期待以上に男前な本間を前に、嬉しそうなしのぶの表情を見て、新藤は穏やかではいられない。
感想
本間義彦は、しのぶを巡る修平の恋敵として、レギュラーに。彼はいつ登場するのかとは思っていたが、やはりこういう話でもそういう設定は、話を盛り上げるために必要かもしれない。今回は、犯人のアリバイの謎解きがメインだが、それもよくわからん間に、推理するまもなく、漆崎刑事に謎解きされてしまった。もう少し、しのぶ先生は、事件にズカズカと首を突っ込み謎解きに絡むのかなと思っていたが、今回の事件、見合い相手の会社で微妙に遠いところにある事件だから、こうなってしまうのか。けど、事件の核心は漆崎刑事がやらないと様にならないのかも。少年探偵団は賑やかし程度ではあるが、しのぶ先生や新藤刑事とケーキを食べながらの展開は和む気がする。出演者がいつも多く何を見せたいのか?わかりづらい欠点はあるが、気楽に楽しめばいいかな。
第四話
球技大会の開催が近づき、竹内しのぶ(多部未華子)のクラスの生徒たちは、ソフトボールの練習に励んでいた。
そんなある日、しのぶは西丸商店の会長・西丸仙兵衛(蟹江敬三)にご馳走すると誘われ、原田郁夫(前田航基)、田中鉄平(濱田龍臣)、畑中弘(高橋晃)とともに仙兵衛宅を訪れる。
仙兵衛がしのぶに「自分の会社の正社員になってほしい」と話を切り出した、その直後!大きな悲鳴と物音が聞こえ、しのぶたちが駆けつけると、西丸商店の社員・米岡伸治(牧村泉三郎)が倒れていた。.
その日、商店は休日だったが、真面目な米岡はひとりで仕事をしていたらしい。仙兵衛は米岡が自殺をしたようだと嘆くが、不審な点もあり新藤修平(小池徹平)、漆崎進(段田安則)が捜査に乗り出した。米岡は病院へ運ばれるも、残念なことに息を引き取ってしまう。
感想
始まりは、しのぶと新藤だけだったが、その二人の中に、本間が加わり、そして、榛名美佳が本間が好きになって、四角関係へと展開してきて、ラブコメな展開は気楽に楽しめて、悪くないと思う。ベタに美佳を本間が救い、恋しちゃたんだ!という展開やしのぶに持ってきた花を、美佳に渡してしまったりと、本間がいい味出してるところは楽しい。そんな中、仙兵衛の会社に偶然居合わせたしのぶ先生が自ら事件に巻き込まれながら、事件の真相を追求しながらも、大阪テイストな感じがふんだんに盛りこんであり、分かりやすい物語になっていた。人の死を、自分の息子の暴走を止める手段にする展開は、暴かれ、咎められたのでいいとして、米岡が追い詰められて、やはり自ら命を断ったという心情をしのぶ先生がズバッと諌める展開は、ここが大阪が舞台と感じさせるドラマになって、良かったかもしれない。それが転校少年の話と微妙にリンクしているところが、ナニワ少年探偵団の少年たちの成長も見えて、いいまとまりがある話だったとは思った。
第五話
大阪市の教員採用試験が一週間後と迫るなか、本採用を目指す竹内しのぶ(多部未華子)は中田教頭(小日向文世)から面接の特訓を受けていたが、盲腸を発症して入院することになった。しのぶのクラスの美少女・朝倉奈々(浜辺美波)の母親で看護師の町子(笛木優子)は、やさしくしのぶの世話をする。同じ町内に住むたばこ屋の藤野ツル子(正司照枝)と同室になったしのぶのもとへは、原田郁夫(前田航基)や修(前田旺志郎)、田中鉄平(濱田龍臣)、新藤修平(小池徹平)、漆崎進(段田安則)、本間義彦(山本耕史)らが入れ替わり見舞いに訪れる。そんな矢先、ツル子の家に空き巣が入った。夫の与平(織本順吉)は犯人に縛り上げられたが幸いケガはなく、物を捕られることもなかった。だが病室に不審な人物が侵入し、下着の入ったツル子の袋が盗まれた。不可解な盗難事件に、漆崎と新藤は首を傾げる。
感想
今回の話は、がっつり子供たちが話に絡んでいたが、今ひとつ、そうなると新藤や本間、そして、榛名美佳が絡みづらくなり、しのぶと浪花少年探偵団がメインになってしまうけど、そうなると何か物語的には膨らみがなくなるような気がした。このドラマは、子供の世界がメインか?大人の世界がメインか?中途半端さも危うい視聴率推移にしてる要因の一つなんだなと、今回の話を見て、より確かに感じた。偽札にまつわるエトセトラな話だが、その手の事件に、子供が馴染むか?と聞かれれば、微妙なんだよね。それに今回は、しのぶ先生も病室にいるばかりで、さらにとんでもない数の見舞い客で話も狭苦し仕組みにくくしてるだけ。そんな中に、入り浸る新藤、漆崎も今ひとつの活躍ぶりだしなんだかな~。よく考えると、脚本家によって、話の傾向の違いがあったんだと気づいたが、3話や4話のほうが見やすいな。やっぱり警察絡みの重大事件に、何の活躍もしない子供たちを絡ませるのって、無駄だなと感じただけの5話だった。
第6話
ある日の職員朝礼で、榛名美佳(木村文乃)に遅刻を注意され、口ゲンカとなった竹内しのぶ(多部未華子)。しかし、その際にクラスの芹沢勤(吉井一肇)が渋谷淳一(橋本一輝)をいじめているのではと指摘されたことが気にかかった。たしかに、運動が得意な芹沢は、苦手な渋谷をよくバカにしている。
朝礼の後、しのぶは教室で、この日遅刻してきた芹沢を頭ごなしに叱る。だが、芹沢は通学途中で難儀していた老女を助けたために遅れたことが判明。「前任の山下先生(高橋一生)なら遅れた理由を聞いてくれた」と芹沢に言われ、落ち込むしのぶ…。しのぶは芹沢に謝り、渋谷とも仲良くするよう諭す。.
感想
関連記事


>
2012/07/31 09:30 :Category:【多部未華子】ツバキ文具店 コメント(30)
今週は、子役がよかったです。
石井ももかちゃん、関西弁が上手なのでびっくりしました。まったく違和感なく、とてもかわいらしかったです。転校生の設定だから、標準語でもいいのに。修くんの照れた表情や、それを見守るお兄ちゃんの姿が微笑ましかったです。毎週見ているのですが、しのぶ先生のキャラがちょっとぶれたかなと。「子供はどんな環境でも生きていけます」と音楽の先生に啖呵をきるのに、犯人によっては、それを隠そうとする。正義感の強い、スパッとした先生でいいのに。「うちは大路のしのぶやで」。結構好きなので最後まで見ます。
投稿者: [ 2012/09/02 18:10 ]
東野圭吾なのに・・・・・
東野圭吾の作品のドラマ化が今期相次いでますが、視聴率的には思惑を大きく外れているようで、原作が好きな者としては残念です。
しのぶセンセイのシリーズは原作も好きだし、多部さんも小池さんも、関西っ子丸出しのまえだまえだのお二人もいい味出してると思うので、ドラマの内容がもう少し魅力的になるように頑張ってほしい。
投稿者: [ 2012/08/08 19:56 ]
関西弁はやめてほしかった
打切りは、ない様ですよ
収録は、放送始まる前に全てクランクアップしてますので。
投稿者: [ 2012/07/31 10:36 ]
関西弁
関西弁ってだけで視聴率低いんだとしたら、なんだかかわいそうですね・・・。あたしは別に気になりません^^
話も面白いです
子供たちがあんまり活躍しないのはちょっとさみしいです
投稿者: [ 2012/07/26 20:10 ]
残念
第一話以来、久しぶりに見ましたが、
やっぱりダメだ・・・、つまんない。
方言もやっぱり馴染めない・・・。

せっかくの東野圭吾がこんな残念な視聴率になってしまって、
ちょっと悔しいです。

打ち切りかもしれませんね・・・。
投稿者: [ 2012/07/26 09:49 ]
月曜日夜は家族で
キックボクシング見て、刑事犬カールやコメットさん見た後、水戸黄門とか大岡越前を見る決まりだった小学生時代を思い出しました。
まさに、月曜日のTBSゴールデン枠は土日に続いて家族の時間帯でした。YKK、ブラザー、ヤンマー、ナショナル。それぞれのCMも懐かしいです。このドラマはこの時間帯、当にうってつけです。もっっと親子で楽しんで見ましょう! 関西人は日常生活で男性の関東弁を聞くと、男なのに~?と気持ち悪くなることがよくあるもんですが、テレビでは平気です。皆さん、方言をもって楽しみましょう!
投稿者: [ 2012/07/25 22:35 ]
やっぱりオモロイ!
管理人さん、こんにちは。

昨日の回は視聴率が少し上がって良かったです!
毎回しのぶセンセと子供たちのやり取りが可愛らしくて可笑しくて、
楽しませてもらってます。
大阪人でありながら、遠くで暮らしている者にとっては、
このやり取り、テンポの良さ、泥臭さが郷愁を誘います。
やっぱ、ええわ~(^O^)
もっと皆にみてもらいたいです!!!
多部ちゃん、応援してるよ\(^o^)/
投稿者: [ 2012/07/24 12:51 ]
めっちゃ、おもろい。
しのぶ先生と新藤刑事、しのぶママと漆崎さんの恋の行方が気になって仕方ないです。

新藤刑事、かなりのイケメンだし、あんなにわかりやすく態度に表してるのに、いけずなしのぶ先生がいいですね。

漆崎さんは、しのぶママに夢中で、ああいう役柄の段田さんをはじめて見たので、すごく新鮮です。

このまま、いってほしいです。
投稿者: [ 2012/07/17 14:58 ]
面白かった!★♪☆★☆♪!!
とにかく面白い!!!サイコーに面白いです!!!「関西弁なので受け入れられません」ってコメントが幾つか有りますが、関西弁への偏見から見ない、と云うのは勿体無い(´´)素晴らしい作品です!「古畑任三郎」以来久々にドラマという物を楽しんでいます!!サイコーです!大好きです!DVD絶対買います!!!
投稿者: [ 2012/07/17 02:35 ]
大人が文句つけたらあかん「こどもの世界」
しのぶに懸想する居眠り磐音、ちょっと待ったあ!割って入る鉄の骨。
今日の犯人候補も自動ドアの開かない杉浦検事、漢方学の多紀先生、ホライズンの中延さん。キャスト豪華ですね。ヌッくんお父ちゃんのオリジナルCMには開いた口がふさがらない。
油汚れの多い環境(笑)ではエアコンフィルターを水洗いして。ただし書きも実に細かい。
こんなに気合いが入っているのに・・また数字は低いんだろうなあ。
仕方ないか、視聴率は「大人の世界」だから。子供に勧めなければ絶対に上がらないよ。
事件性はそれほどひねってないけど、十分だと思う。これはもう大人が文句つけたらあかん「こどもの世界」。たぶん、本来なら19時30分の枠に入るべきなんだ。
連休の最後の数字は気になりますが、これから夏休みにも入ることだし。とにかく、大人の数字がよかろうがわるかろうが、何食わぬ顔で最後まで続けてほしいです。

うちは大路のしのぶやで、ナメとったら承知せえへんで!
つばさでやりきれなかったことを今になって全部吐き出してくれている、多部ちゃんのナマ足脚線美も拝み放題。大きなお友達のお楽しみもちゃんとありますのでご安心を。
投稿者: [ 2012/07/16 22:57 ]
面白かった
初回2時間はさすがに長かったけど、今回はテンポも俄然良くなって、しのぶセンセと子供たち、新藤漆崎コンビさらには原田家の話もしっかり描いていて楽しかった
のんびりほのぼの見れそうです
投稿者: [ 2012/07/12 04:20 ]
ドラマ好き
東野圭吾さんのドラマは、ガリレオ、流星の絆、新参者、名探偵の掟、秘密、
探偵倶楽部、Specialとほとんど見て、録画してますが、今回だけは、アウト
お笑いで関西弁はいいが、ドラマではね。
8時台で6%は、危険水域ですね!
8ー10時のドラマの目安が、平均12%以上が合格
12%以下は、後々放送局の広告料査定に響いてきますから。
だから前クルーでは、3本のドラマが打切り対応
★家族のうた 9時(3.9%)
★クレオパトラな女たち 10時(7.8%)
★Wの悲劇 9時(9%)
あ〜ぁ 東野圭吾を葬ったのは、地元の関西弁とは・・・・
投稿者: [ 2012/07/10 10:51 ]
別に関西弁は気にならないけど…

ただ1時間が長く感じるのは何でだろう?

脚本がよければ、時間がたつのが早く感じるはずだから、事件自体に面白みが足りないのかな。

まえだまえだや段田さん
出演者の方々は良い味出してるのに…
投稿者: [ 2012/07/10 09:07 ]
面白かった!
多部ちゃんが大好きなので視聴しましたが、小池くん、かっこいいですね~
いい味出しています。
松坂母さんも最高です。

赤鼻の先生でも、まえだまえだが良かったけど、今度は、濱田くんも交えて、いいですね~「関西弁の発音違う」は、ずっとやって欲しいなぁ。一話だけなのかなぁ。

前季もなかなか高レベルで見逃せないドラマばかりでしたが、今季は上回るかも?
時間が足りないです。

あ、サバ子ならぬ、斎藤由貴がまたまたいいですね!
投稿者: [ 2012/07/10 01:38 ]
なんで関西弁あかんの?
カーネーションなんて全編通して岸和田弁やったのに。やっぱ見る人の層が違うんかな。
多部ちゃんのイメージに合わんと感じてる人多いんやろか。僕はええと思うけどなあ。
つばさで免疫ついとるから、あの程度の文句垂れどうってことないで。
何度もリメイクされた少年探偵団を思い出すわあ。みんなでチャリこいどったなあ。今度は仮免許練習中のハッチャケ先生に振り回されて。けど、空を飛んだら魔法組やん。
僕的には探偵団に星ちゃんが入っとらんのが不満。「ウ○コあったで」ただのクラスメイトやのうて、ジョシがおらんとバランスとれんやろ。だってどっから見てもメンバーやん。
そんだけ。最後に韓流段ボールに叩っ込んで捨ててくれたし、もういうこと無しや。

子供の王国復活に今いちばん近いドラマだと思います。たくさんの子供たちに見てほしいな。
投稿者: [ 2012/07/09 22:16 ]
久々の関西制作
タベちゃんも、まえだまえだを初めとする子役たちも、頑張っていると思います。タベちゃんの、振り切れた演技が好きなので、関西弁で啖呵きってほしい。
小池徹平くんも好きなので、毎週見たいと思います。
でも、ミステリーというよりは、コミカルにストーリーを見せてほしいなあ。
投稿者: [ 2012/07/09 18:58 ]
楽しみです。
今シーズンの中では、今のところ浪花少年探偵団が一番面白いなと思っています。

しのぶ先生に翻弄される小池徹平君の刑事さんがかわいいです。

今夜も楽しみです。
投稿者: [ 2012/07/09 09:36 ]
普通に面白かった。いい話だと思った。関西弁が受け入れられなかったのかな。でもそれだけの理由で見ないのは 勿体ないくらい そこらのドラマより良くできてた
投稿者: [ 2012/07/08 22:58 ]
軽くショックです
原作が関西言葉でしょうからそのままドラマで使うのは仕方がないか…
なんか馴染めない
自分は関東人だからか関西言葉が飛び交うのはバラエティでお腹いっぱいという感じ
前クールのパパドルを見なかったのもそれがネックでしたので…
でも子供の言葉はかわいい
多部ちゃんもかわいい
だからこれからもみると思います
内容も予想していたのと違っていたので期待して見てみます
投稿者: [ 2012/07/05 21:18 ]
関東の人間なので関西弁が上手いかどうか分かりませんが
来週も観ます。
初回の2時間は長すぎて正直面白くなかったけど
出演者が好きなので次回に期待します。


ただ多部未華子さんのご両親、関西の方ですよね。
投稿者: [ 2012/07/03 20:00 ]
うーん
お笑いならともかく、
ドラマとかで方言は合わない・・・、
と思った。

我慢して見たけど、来週からは見ないなぁ。
投稿者: [ 2012/07/03 17:12 ]
関西弁♪
関西人の方はポジティブだと勝手に思ってる私です。だから関西弁は大好きです。活字だと上手く表現出来ませんが…関西人ではないので関西弁のアクセントとか全く分からないけど多部ちゃんは関西弁を上手に喋っていると思いましたよ。今まで関西弁のドラマを見た事がないので慣れないのもあるのかな…多部ちゃんドラマは大好きなので来週はちゃんと見てみようと思います。
投稿者: [ 2012/07/03 16:58 ]
やっぱり関西弁
鹿男あおによし(綾瀬はるかさんTV)/プリンセス・トヨトミ(映画)万城目学さん
や東野圭吾さん等、原作がしっかりした方の作品は、大好きで欠かさず見て、録画
もしてますが、鹿男もプリンセスも違和感無く普通に見ていましたが、今回浪花少年探偵団を見てて、やはり強い関西弁が頭に残り、ネックになり10分チョットでダメだなーて、見るのもやめ録画もストップしました。
だから関東地区の視聴率が7.8%何でしょうね。
投稿者: [ 2012/07/03 16:52 ]
頑張ってた!
何で関西弁のドラマってだけで避けようとするのかなぁ。
大阪人の私にとっては、傷つくコメントですねぇ・・・
多部ちゃん、頑張ってましたよ!
そりゃネイティブじゃないから、アクセントに「おや?」って何度か
引っかかりましたが、大体はOKでした!

可愛らしいドラマだったと思うけど。
厳しい意見が多くて驚きました。
私達夫婦は観ますよ☆


追記:松坂さんの変わり果てた姿にびっくり!
   何気なく「愛の水中花」歌ってましたね~。
投稿者: [ 2012/07/03 15:02 ]
家族で楽しみましたよ
ベタな関西人家族で楽しんで観ました。
関西弁についてはまず100%は望んでいないので、昨日の多部さんはnot関西人としてはかなり努力されていたと思います。
細かいニュアンスもできていたところが多かったです。
段田・小池両人の関西弁はやはりしっくりと聞くことができます。
この枠はほぼすべて見ていますが2クール前のファーザーステップファーザーよりは楽しめそうだねと家族の一致意見。
ただ残念だったのは初回をわざわざ2時間にする必要はなかったですね。
投稿者: [ 2012/07/03 14:19 ]
難しさを感じる
いかにもステレオタイプな関西弁だったのは、製作者側の能力的な問題でしょう。型にはまった表現しか出来なかったと。

多部未華子の関西弁が奇妙だったのは...。
いわゆる関西弁は学術的な表現で言うと京阪式アクセントといって、日本語発音の基本になっているもの。これが各地域に広がって地域ごとの〇〇弁が出来上がるわけです。

ただこの普及の過程でアクセントが正確に伝わらなかったんですね。音階で言えばドとソが抜け落ちてたり、ラとミが無かったり...。そういう環境で育った人にとっては京阪式アクセントをマスターするのは本当に難しい事なのです。

現在はテレビで関西出身の芸人さん、タレントさんが関西弁をあまりにも日常的に喋り視聴者はそれを聞きなれているので、関西以外の地域の人は自分も当然のように関西弁が喋れるだろうという錯覚があるのではないでしょうか。
投稿者: [ 2012/07/03 12:52 ]
期待してたのに…
楽しみにしていたドラマなので見たのですが担任である生徒の父親が殺害されたのに軽いリアクション。生徒の心配をするよりも事件解決の方向へすぐ行くのは?でしたね。途中でリタイアしましたが最後まで見たら面白かったのかも?出演者も多すぎてゴチャゴチャしてる感じ。もう少しスッキリならないのかな。大阪弁のドラマは苦手なので…次回は見ないかな~

投稿者: [ 2012/07/03 12:50 ]
関西弁のドラマなんですね!
東野圭吾さんの、TV作品はガリレオ以来、ずっと見てきましたが
やはり最初の2分で、アウトしました ※関西弁だったんで
横浜ですけど。
投稿者: [ 2012/07/03 10:27 ]
私は楽しみ
みかこちゃん、可愛いです。
明るくて、演技も上手だし。


高校生役をやっていたと思ったら、もう先生役なんですね。


小学校が舞台なので子供とも見られるかな。


楽しみです。
投稿者: [ 2012/07/01 16:11 ]
多部さんより八木優希ちゃんに注目かな
あまり楽しみにはしていませんけど、八木優希ちゃんに注目してこのドラマを視聴しようかなと思っています。「おひさま」「白旗の少女」「しあわせのパン」で彼女の芝居に引き込まれて涙を流してしまいましたので。芦田ちゃんばかりマスコミはスポットライトを当てているけど、演技に関しては優希ちゃんの方が上だと思っております。

多部さんに関しては・・・・・まあ頑張れやと・・・それだけです。
「デカワンコ」の本編以降彼女を観ていて魅力を感じないので。
「ジウ」なんて観ていてイライラしたし、「ライアーゲーム 再生」を観ていてもちょっとウザかったし。とにかく八木優希ちゃんに比べるとあまり注目はしておりません。
投稿者: [ 2012/04/19 09:05 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング