Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』

【12/22】越境捜査 柴田恭兵主演 視聴率 感想 シリーズ三弾 

ドラマスペシャル「越境捜査」
2011年12月22日(木) 20:00 ~ 21:54

柴田恭兵vs寺島進あのキケンな二人が帰ってきた! 警視庁と神奈川県警の窓際刑事が巨悪に挑む本格警察ミステリー!! 警察拳銃が一般市民を襲う衝撃トリック!?
キャスト
鷺沼友哉・・・柴田恭兵 警視庁捜査一課捜査協力係刑事
宮野裕之・・・寺島 進 神奈川県警横浜署刑事
粂今日子・・・伊藤裕子
三好 章・・・平泉 成 警視庁捜査一課捜査協力係長
須崎和男・・・升 毅

第一回 2008/09/11 14.6% 捜査エリアの盲点を突く 警察幹部連続殺害計画!
脚本 櫻井武晴 演出 村川透
第二回 2010/05/22 12.5% 警視庁VS神奈川県警、 エリアの死角に消えた連続殺人犯!
脚本 櫻井武晴 演出 村川透
第三回 2011/12/22 11.0%警視庁VS神奈川県警、 暴走車を炎上させた空飛ぶ刑事!?
脚本 吉本昌弘 演出 村川透



第三回あらすじ
鷺沼友哉(柴田恭兵)は、警視庁捜査一課協力係の刑事。協力係とは、いわば捜査一課の二軍で、人手が足りない捜査本部の応援や、未解決事件の継続捜査を行う部署だ。
 鷺沼は久しぶりに、神奈川県警横浜署刑事・宮野裕之(寺島進)から呼び出された。2人はこれまでに二度、警視庁と神奈川県警の垣根を越えて手を組み、警察組織の闇に立ち向かってきた間柄だった。
 その宮野が、ある事件の捜査を持ちかけてきた。3日前、横浜埠頭で乗用車が壁に衝突して爆発し、運転していた"東和ホールディングス"総務部長・湯浅慶三郎(佐戸井けん太)が焼死した事件で、宮野によると、焼死体の後頭部に殴打痕が残されていた上、被害者の所持品から黒焦げになった拳銃が発見されたにもかかわらず、神奈川県警はハンドル操作を誤った事故だと断定したという。現場で見つかった拳銃は、日本の警察で使われていた機種"ニューナンブ"だった。民間人が警察の拳銃を所持して死んだというのに、県警は見て見ぬフリを決め込んでいる。これは何か"裏"があるはずだと、宮野は力説する。 調べたところ、東和ホールディングス社長の高村直隆(名高達男)は、元警視庁のキャリアだったと判明。先代社長の弟が亡くなったため捜査二課長を辞し、10年ほど前に社長に就任したらしい。鷺沼は、高村が取締役を集めてランチミーティングを行っていた、新進女性シェフ・奥村佳子(野村真美)がオーナーを務めるオーベルジュを直撃。探りを入れる鷺沼に対し、高村は「利口な犬は飼い主に噛みついたりしないものだ」と牽制する。
 そんな中、中古拳銃が絡んだ、東和ホールディングスと警察の黒い関係が浮上…! 湯浅は口封じのために殺された可能性が高まる。だがその矢先、鷺沼と宮野に公安から圧力がかかり、被害者のひとり娘・美緒(小沢真珠)の恋人で、フリーライターの岩村隆弘(鈴木一真)が謎の失踪を遂げる事態が起きて…!?
ゲスト
高村直隆:名高達男 奥村佳子:野村真美 湯浅美緒:小沢真珠 岩村隆弘:鈴木一真 湯浅慶三郎:佐戸井けん太

原 作 笹本稜平 『破断‐越境捜査3‐』(双葉社)
脚 本 吉本昌弘
監 督 村川 透
プロデューサー 関 拓也(テレビ朝日)目黒正之(東映)
関連記事


>
2011/12/26 09:12 :Category:【テレ朝ドラマ】ミステリースペシャル コメント(0)
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング