Fcastドラマ視聴率感想

PC、スマホ、タブレットで国内ドラマ視聴率速報!独自感想も掲載。ジャニーズバラエティ視聴率も素早く更新。コメント大歓迎!検索『fcast』
視聴率記事更新日:放送日時 番組タイトル

【2009年視聴率感想】臨場【2】 

臨場 DVD‐BOX
臨場 DVD‐BOX
posted with amazlet at 15.09.18
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2009-11-21)
売り上げランキング: 32,213

臨場 内野聖陽主演 1話から5話までの感想・あらすじ
 原作臨場 (光文社文庫) 横山秀夫
公式サイト
【音楽】 吉川清之
内野聖陽 松下由樹 渡辺大 伊藤裕子 京野ことみ 
金子さやか 橋爪淳 伊武雅刀 高嶋政伸  
臨場とは、事件現場に臨み、初動捜査に当たること。遺体や現場に残された物証から、事件の筋立てを読む検視官・倉石義男は、優秀だが死者の声をすべて拾えれば周囲との軋轢など気にしない組織の厄介者。「拾えるものは、根こそぎ拾ってやれ」彼の死者に対する悼み方、優しさが死因を追究し事件解決へ導く。
2009年度春
放送回*放送日*視聴率*サブタイトル
第1話 4/15 14.1% 「鉢植えの女」
脚本 坂田義和 演出 橋本一
第2話 4/22 14.5% 「赤い名刺」
脚本 佐伯俊道 演出 橋本一
第3話 4/29 12.8%  「真夜中の調書残されたDNAの謎」
脚本 尾西兼一 演出 猪原達三 小野武彦
第4話 5/6 14.4 「眼前の密室」
脚本 岩下悠子 演出 大岡進 
第5話 5/13 15.2% 「Mの殺人~午後10時の訪問者」
脚本 坂田義和 演出 伊藤寿浩
第6話 5/20 14.6% 「罪つくり」
脚本 吉本昌弘 演出 清弘誠 あめくみちこ
第7話 5/27 14.5% 「ユズリハの家作られた不自由な死」
脚本 佐伯俊道 演出 猪原達三  藤真利子
第8話 6/03 15.6% 「黒星」
脚本 尾西兼一 演出 猪原達三 
第9話 6/17 13.8% 「餞~はなむけ 届かなかった年賀状」
脚本 坂田義和 演出 橋本一   
最終話 6/24 15.3%十七年蝉~そして最後の検視…
【脚本】 佐伯俊道【監督】 橋本一


6話
▽売春と昏睡強盗で逮捕歴のある女性の変死体が、ホテルで発見された。毒物反応も外傷もなく捜査で病死と判断されるが、倉石(内野聖陽)は遺体の肩などに小さな赤いあとを見つけ、殺人と断定する。そんな中、留美(松下由樹)は知り合いの女性・素子(あめくみちこ)から、夫が心臓発作で亡くなったと聞かされる。 
感想
何か今回はビックリさせられたな。いきなり、小夜子殺しの犯人は素子の夫・洋介と言い当てたのは、かなりビックリ。どうして、倉石は簡単に言い切れるんだよ、ここは大都会の東京じゃなかったのかと思った違うのか?謎解きとか何でも分かってしまう倉石の超人的な推理とイケイケドンドンの強引な素子宅の捜査って、どうなのよとは思ったが、珍しくあれだけ尊敬している倉石に反抗する留実と言う展開は、かなり目新しく悪くはないと思った。倉石と一ノ瀬の強烈な圧殺ベットシーンとか面白かったし、イチがドンドン成長している所なんかもよかったな。娘のためと思う動機はわかりやすかったけど、その中にドラマは見えた。状況証拠だけ突きつけて、最後は犯人の自白という展開だった、その過程はなかなか楽しめた。けど倉石はどこに行っても変わらないし、所轄のやりとりも相変わらずだ。けど、あれが倉石なのかと割り切らなきゃいけないのかな。
第7話「親子草」 関西16.8% 
▽左足が不自由な老人・宮坂(西沢利明)が変死した。同居している娘の祥子(藤真利子)と直樹(中村育二)夫婦は、宮坂がかもいで首をつっていたのですぐ首から帯を外し布団に寝かせたと話す。だが、倉石(内野聖陽)は、首をつると真っ白になるはずの遺体の顔がうっ血しているのを不審に思い、殺人を疑う。
感想
なにか、切ない第7話だった。二人の父親の死が重なったので、その分落ち着いた雰囲気しみじみとした話にはなっていた。このドラマは、犯人云々のドラマではなく、その犯行に見える人間を描いたという意味では、よくできていたのではないのか。ここに描かれている家族は、相手を思いやりながら暮らしてはいたが、どうしてもやってはいけない一歩を踏み外した。あの家族が置かれていおる状況など、私には想像するのは容易ではないが、何処か追いつめられたものを各々が感じていたのか。そう言うものを一切受け付けず、バサッと一刀両断する倉石は、非常と言うより、妥協を許さない職人なのかな。けど、彼の心の中はどうだったのか?彼のあの表情が物語るのか?
第8話
▽留美(松下由樹)と警察学校で同期だった春枝(渡辺梓)が死亡した。前日、15年ぶりに春枝と再会していた留美は、戸惑いながら倉石(内野聖陽)と検視に向かう。留美はそこで、主婦であるはずの春枝が一人暮らしだったことを知る。遺体の近くには練炭コンロがあり、自殺と断定されるが、ある目撃証言から倉石は殺人を疑う。
感想
倉石が最後に言った「部下だからだ!」って、留実のためだったのか。あれ聞いたときは、春江が元部下で、そのためだと思ったのに、そうだったらドラマがあったのに、少し残念!だいたい、15年ぶりにあった留実が少しきついことを言ったくらいで、春江が自殺すると考えるなんて、「なんて女だ!」と思ったが、留実を救うと言う感じにしないといけないからか。事件自体は、私には少しわかりにくい女性の心理を扱っていたので、なにか微妙に理解しがたい感じがあった。だいたい、化粧した女性が、自殺に断定されなかった時点でおかしいとは思ったが、倉石のある思いが隠れていたとは、そこは理解できなかったな。何か怖い女性の打算的な心理と切ない愛の形にドラマがあり、そこに人の心を救おうとする倉石の人間の力みたいなものを感じさせる話ではあったけど...。
第9話
▽アパートで大学生の直子(山内明日)が腹に包丁を刺さったまま死んでいた。部屋は密室で自殺と思われたが、倉石(内野聖陽)は切り傷にもう一つ別の刃物で刺したあとを見つけ、殺人と断定。その後、近所の老人施設に入居している認知症の明代(佐々木すみ江)から、森で犯人がナイフを捨てるところを見たという情報が入る。
感想
今回の話は、完全に事件云々はおまけ。刑事部長と差出人不明の年賀状を出す女性の話が、叙情的に綴られたドラマがメインだった。ジュウイチと言う鳴き声に、手放してしまった我が子への思いをシンクロさせ、密やかに暮らす老婆と刑事部長を結んだのは、倉石というのは、ドラマティックだ。遺体や現場に残された物証から、事件の筋立てを読む彼は、その残された老婆の中につまった3歳の時の息子への思いを拾い、そして、刑事部長に手渡したのは、最高の餞だったのかもしれないと言う思いがした。
最終話 大杉漣 三浦浩一 矢柴俊博
▽公園で弁護士夫人・弥生(岩橋道子)の遺体が発見された。検視した倉石(内野聖陽)は、胸に小さな穴と出血を確認し、射殺と断定する。木に残っていた弾の線条痕から、17年前の連続殺人事件で使用された拳銃と同じ拳銃が使われていることが判明。実は、倉石の亡き妻・雪絵(京野ことみ)も17年前の事件の被害者だった。
感想
何かよく分からない脚本だったし、あまりよくない演出だった。これが最終回という出来で、非常につまらなかったというのが、感想かな。脚本は、最初の17年前の殺人の動機がなんなのか?立て続けに3人殺した意味とか全く不明で、勝手に自殺するし、訳分からん。犯人の奥さん殺すというのは、分からなくもないけど、普通に、犯人殺すだろうし、自信満々の大杉連の最後の犯人も、そこら辺のれんがで殺して、そのまんまにしてるし、学校で使ったモノはかたづけましょうと習わなかったのか?演出も陳腐な感じで、なんだこれという感じ?特に大杉さんが最後に、倉石に訴えかけるときは、なんかやりすぎだろくらいしか思えん。倉石の妻を殺されたときも酷かったけど。このふたつの事件何だったんだろうな。人が5人も死んだという話でしかなかった。
関連記事


>
2015/09/18 09:27 :Category:【内野聖陽】 臨場 コメント(9)
Re: 最終回、全話感想。
なおさん、丁寧に私が書きたかったことを書いて頂いて有り難うございます。私にとってあまりに出来が悪い最終回だったので、冗談のように書いてしまった。2話完結とか丁寧に描いてほしい話だったのに、あまりにも雑で、雑な感想になってしまいました。私も「ゴンゾウ」は脱落したので、期待してなかったけど、面白い話とかもあったんですよね。最後の方は、過剰気味な演出も抑えられていい感じになってきたら、最後はこれだから、本当に、最後まで見ない分かりませんね。
投稿者: [ 2009/06/25 11:48 ]
最終回、全話感想。
初回から小出しに触れていた、倉石の妻が命を奪われた事件の真相が語られるというので、少なからず期待していたんですが、その割には、犯人が凶行を犯すに至った状況や精神の変化の描写を割愛し過ぎで、何故、どの様にして妻が殺害されるに至ったか、倉石と妻はどの様な日々を送っていて、どの様な思いでその時を向かえてしまったのか!?また、捜査を担当し、倉石との約束を果たせなかった立原の苦悩や立場はどの様なものだったのか等もあっさりし過ぎていて、感情移入しにくかったのが残念でした。二話完結で、過去の事件と、現在の事件を、同程度でパラレルに進行させて、二つの事件が交互しながら解決へ向かってゆく形の方が良かった気がしますが、十七年の時間差は、小説では楽に飛び越えられても、映像化するのは難しいから仕方がないのかな!?

全体としては、、「ゴンゾウ」は脱落してしまったので、低めだった事前の期待より良かったですし、毎回どこかがひっかかると言いつつも、先週半分見逃した以外は全話しっかり観続けたので、わりと好きな作品でした。ただ、前半特に目立った過剰気味の演出、演技と、留美、イチのキャラ設定の弱さ等が無ければ、素材は悪くなく、良いエピソードもあったので、もっと面白くなった気がして惜しい気もしました。
投稿者: [ 2009/06/25 11:31 ]
壁っぽかった15%越えましたね。
春枝が他殺であるという、状況、物的証拠ともなかなか見つからず、倉石初の『黒星』となってしまうのか・・・!? と、思わせて、いかにも怪しかった副所長と春枝の関係が判明し、更には副所長の妻に容疑が・・・。
と、いう展開自体は面白く観られましたが、検視官配属直後の新人若手女性ならいざ知らず、数々の遺体を巡る複雑な人間模様を見てきたであろう留美が、あそこまで取り乱して責任を感じてしまうというのが私もひっかかりました。更には、倉石が自分の部下の心の傷を救う為だけに、一課、所轄の数十人の人間を動かしたというのもどうかと思いました・・・。
イチもそうですが、留美のキャラ設定も今一つ弱い気がしますが、倉石あっての話だから仕方がないのかな・・・!?
投稿者: [ 2009/06/04 11:00 ]
6/3の脚本はひでーえ
6/3の脚本はひどいよ。女性の仕事、結婚、友情を書いたつもりだろうけどさ、なんにも共感できなかったよ。おやじの脚本家ていつも同じ。で15年たっても昔の恋人が忘れられないなんて、
投稿者: [ 2009/06/04 09:50 ]
少し趣の違う回でしたね。
私は今回、テーマが重くてやりきれなかったのと、家族全員が松ヤニに関係があった点、一課の刑事の態度があまりに横柄だった点などがひっかかって、今回は今一つだなと思って観ていました・・・。ですが、ドラマのラストにかけて、藤真理子さん演じる娘が自供を始め、死に切れず苦しんでいる父に幼い頃の想い出を語りかけながら、恐らくは今まで口にすることができなかったであろう、父に対する様々な胸の内を溢れさせたシーンから、一気に惹き込まれてしまいました。ついには、一線を踏み越えてしまうシーンは、藤さんの迫真の演技もあり、私も涙がこみ上げてきてしまいました・・・。父親の他界にも関わらず捜査を続けた立石の姿も、今回初めてカッコ良く見えました。

倉石が、犯人の汲むべき事情や、やりきれない胸の内等をバッサリと斬り捨てる様に言い切ったりするのは、右京さんもそうですが、理由はどうあれ、犯してしまった罪と正面から向き合わせ、自分の中や、他の場所に逃げ場所を作らせない事が、結局は、一番犯人を救う道だと考えているからではないかと思っているのですが・・・。
投稿者: [ 2009/05/28 10:00 ]
はじめて
今日はじめてこのドラマ見ました。松下さんの役柄が苦手で見ないようにしてましたが、今日のは最後泣いてしまいました。
犯人を予想するのではなくて、事件の背景が心にがんっと響きました。
…松下さんの役柄がいい子ぶる感じがどうももったいなく感じるのですが、来週はまた少し違ったかんじになるのかなっと期待してます。
投稿者: [ 2009/05/28 01:06 ]
泣けました
今夜の臨場は泣けました

介護の苦労を知ってる人なら少なからず殺めてしまうかもしれない思いには理解できることです

あってはならないことですが、実際世の中では起きている事実なので、自分の親のことともなれば・・・生きながらえることと生かされているだけの人命、尊さだけ、建前だけでは辛くて苦しんでいる人もたくさんいます

寝たきりの親を殺める事件を扱った今回の話は泣けました
投稿者: [ 2009/05/27 22:02 ]
Re: やたらに怒鳴りちらさなければあのキャラも可ですかね。
あのキャラはどうなんでしょうね?けど、この枠でもなかなかいい数字なんですよね。続編が放送されたら、微妙に変化しながらいい方向に行くのかなとは思うけど、原作は、今回で使い切るんですよね。オリジナルで脚本を書いて、作るのかな。
投稿者: [ 2009/05/21 10:56 ]
やたらに怒鳴りちらさなければあのキャラも可ですかね。
私も今回は、謎解きのプロットに疑問がいくつかありました。まず、小夜子の検死の病院に、偶然、留美と縁がある素子夫婦が搬送され、その夫婦がそれぞれ事件の犯人だった点(これは一時間ドラマで言うのは野暮かな(笑))。さらに、あれだけの情報で、自分の首を賭けてまで素子の夫が小夜子殺しの犯人だと断定した点。そして、普通の主婦は百円ライターを分解すると、あの様な着火装置が入っているとは知らないだろうと言う点等です。ですが、イチの成長も含めて、検視官チームの連携が深まった感じになってきたので、各キャラがもっと立ってきて、それぞれに愛着がわくようになればやりとりも面白くなり、事件部分以外にも見せ場が作れそうなので、今後に期待ができそうです。
投稿者: [ 2009/05/21 10:33 ]
みなさんの感想や情報





名前の複数利用不可。コメントの掲載が制限されます。

お願い☆コメント欄=楽しく意見を共有する場です。番組感想や情報をお願いします。他の閲覧者の気分を害す有名人個人に向けられた誹謗中傷、公序良俗に反するコメントを排除目的で、管理人の承認制にしています。記事内容に関係ないもの、単純な作品批判、他のコメンターに対する反論、、管理人に対するコメントなども裁量で掲載してません。以上を了解して作品に対する自分の意見、感想を書き込んでください 。
人気記事ランキング30
【全アクセス順位】
Amazon

スマホ、タブレット QR
QR
アクセス
アクセスランキング アクセスランキングブログパーツ アクセスランキング